【20代向け】ファンデーションおすすめ6選|プロのヘアメイクが選ぶ!

【この記事のエキスパート】

ヘアメイクアップアーティスト:馬場 麻子

ヘアメイクアップアーティスト:馬場 麻子

フリーランスのヘアメイクアップアーティスト。
TV、雑誌、CMなど、多ジャンルにわたり活躍中。
クライアントの要望をうまく落としこみながら、よりブラッシュアップしたスタイルの提案を得意とする。
ナチュラルメイクから遊び心のあるメイクまで、また男女ともに数多くのタレント・芸能人のヘアメイクを手がける。

自らも美容マニアとして、日々さまざまな化粧品・メイクアップアイテムを試して、使用感をチェックしている。


プロのヘアメイクアップアーティスト・馬場麻子さんに、20代女性におすすめのファンデーションを選んでもらいました! パウダー、ルース、リキッド、クリーム、クッションなどさまざまなタイプがあるファンデーション。ツヤ肌に仕上げたいのであればリキッドタイプ、反対にマットな仕上がりにしたいのであればパウダーやルースタイプなどと、メイクの仕上がりをイメージしながら選ぶのがポイントです。本記事では、プロのヘアメイクが商品の選び方も解説。さらに記事後半では、Amazon、楽天市場など大手通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています! ぜひ参考にして、お気に入りを見つけてくださいね。

プロのヘアメイクがわかりやすく解説!
【20代向け】ファンデーションの選び方

ヘアメイクアップアーティスト・馬場麻子さんに、20代向けのファンデーションを選ぶ際のポイントを3つ教えてもらいました。

自分の肌色に合ったカラーを見つけることが重要

【エキスパートのコメント】

年齢を問わず、まずは自分に合ったカラーを見つけるのが大前提です。自分の肌に合った色みは、首にタッチアップして判断します。オークル、ベージュ、ピンクなど、ブランドによって色の名前はさまざまですが、何種類かのせて一番なじみのよい色を選びましょう。

色みの目処がついたら、次は明るさに着目します。各カラーごと、さらに数種類の明るさが展開されていることがあるので、なかでも一番しっくりくる明るさのものを選択するとよいでしょう。

なりたいイメージやファッションに合わせて選ぶのも◎

【エキスパートのコメント】

20代のうちは、いろいろな系統のファッションを楽しむ機会も多いですよね。その日のファッションやなりたいイメージに合わせてファンデーションを選ぶといいでしょう。

クリームタイプやリキッドタイプのファンデーションを使うとうるおい感が増し、ツヤ感のある仕上がりに。

パウダータイプのファンデーションを使えば、マット肌に仕上げることができます。

ルースタイプのファンデーションは、パウダーよりもさらに粒子が細かく、エアリーでふんわりした仕上がりになるので、ナチュラル派におすすめです。

クッションファンデは、クッションにしみこませたリキッドファンデーションをパフでとって使います。商品によっては、ベースメイクをこれだけでまかなえるというすぐれもの。顔の一部にポイント使いするのにも便利ですよ。

RMK『RMK リクイドファンデーション』:

出典:Amazon

RMKのリキッドファンデは、軽やかに肌になじむナチュラルな使用感が特徴です。健康的なツヤ肌を目指す人におすすめ。

UVの効果や、その強さにも着目!

【エキスパートのコメント】

肌トラブルが少ない20代のうちはあまり重要視されませんが、UVカット効果の表示はかならず確認を。UV対策を20代のうちから万全にすることで、30代以降の肌トラブルをグッと軽減できます。ファンデーションでどの程度UVカットができるかは意識しておきましょう。

パウダータイプのファンデーションはとくに、UVカットをウリにした商品も多いため、いくつかのファンデーションで迷ったときは、UVカット効果にも着目してみてください。

M·A·C『スタジオ フィックス コンプリート カバレッジ クッション コンパクト』:

出典:shop.r10s.jp

「SPF50・PA++++」とUVカット効果の高いファンデーションです。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)