エッグスタンドのおすすめ8選|生活コラムニストが食卓を彩るアイテムを厳選

【この記事のエキスパート】

生活コラムニスト:ももせいづみ

生活コラムニスト:ももせいづみ

暮らし、ライフスタイルを主なテーマとするコラムニスト。

日々の暮らしから生まれるコラム、忙しくてもゆるりと楽しく暮らすためのアイデア、時短レシピ、生き方のアドバイスは男女問わず幅広い世代から支持を集めている。

新商品や話題の家電、生活用品などのヒット予測、使用分析にも強い。「願い事手帖の作り方」「スープジャーレシピ」など著書多数。


生活コラムニストであるももせ いづみさんに、エッグスタンドのおすすめ8選とその選び方について教えてもらいました。日本の食卓には少し馴染みのなさそうなエッグスタンドですが、生活のワンシーンにさりげなく添えるととても優雅な日常を演出できます。この記事では、はじめて購入を考えている方にも使いやすいシンプルなタイプのほか、食卓のワンポイントとなるようなタイプのエッグスタンドも厳選してご紹介します。ぜひ参考にしてください。

生活コラムニストに聞く
エッグスタンドの選び方

生活コラムニストのももせ いづみさんに、エッグスタンドを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

卵がしっかり安定する素材とデザインを選ぶ

【エキスパートのコメント】

エッグスタンドには陶器や磁器、木製やスチールなどの金属製、プラスチック製のものなどさまざまな素材のものがあります。

エッグスタンドのおもな用途は、半熟玉子を乗せ、上部の殻を割ってスプーンですくって食べるために使う食器です。途中で倒れたり卵が動いたりしてしまわないよう、卵がしっかりと安定するデザインで、ある程度の重量があり倒れにくいものを選ぶことが大切。

このため、本記事では軽量のスチールやプラスチック製のもの、卵が安定しづらいデザインはセレクトからはずしています。エッグスタンドには変わったデザインのものも多くありますが、日常使い用にはじめて選ぶなら、まずは安定感を重視して選びましょう。

『白エッグスタンド』:

出典:楽天市場

海外のホテルの朝食などでよく目にする定番スタイルのエッグスタンド。足の部分がしっかりしており、適度な重量もあるので安定感があります。リキュールなどをちょっとだけいただきたいときにも使えておすすめです。

お手入れと収納のしやすさにも注目

【エキスパートのコメント】

家族分をそろえるなら、収納のしやすさも重要です。3個以上そろえるなら、スタッキングできるタイプがおすすめ。あらかじめ重ねて収納することを前提にデザインされているものもあります。

エッグスタンドに直接触れるのはたまごの殻の部分ですが、実際には黄身が付着したり、トーストを食べた手で触って意外と汚れてしまったりするもの。複雑な形状だと汚れもたまりやすいので、洗いやすく、お手入れがしやすい素材とデザインを選ぶようにしましょう。

IKEA(イケア)『365+ ボウル/エッグスタンド』:

出典:Amazon

卵がぴったりと収まるエッグスタンドですが、ソースや調味料を入れるボウルとしても使えます。エッグスタンドはそれほど使わないけど、ひとつは持っていたいという人におすすめです。

使用頻度によっては、汎用性のある形を

【エキスパートのコメント】

エッグスタンドはとても便利な食器ですが、ゆでたまごが毎日食卓には登場しないという家庭もあるはず。この場合は、さまざまな用途で活用してみましょう。

たとえば、ジャムを小分けにして入れたり、少量の調味料やソース類を入れる容器として使ったりしても便利。ほかにもナッツやチョコレートを入れてお酒のおともにしたり、小さなスイーツを入れたり、コーヒーシュガーを小分けにしてティータイムにも。

ジャムやソース類を入れるならボウル型の小ぶりで実用的なデザインが使いやすいですし、おつまみやシュガー入れにはちょっと変わったデザインも楽しそうです。ぜひいろいろ活用してみてください。

Spode(スポード)『ブルーイタリアン エッグカップ』:

出典:Amazon

英国王室御用達のスポード社のエッグスタンドです。本格的な英国式朝食のエレガントな風情をしっかりと演出してくれますね。ジャムや砂糖を小分けして、ティータイムでも素敵に使えます。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)