シラー種のワインおすすめ10選【ワインエキスパートと編集部が選ぶ】

【この記事のエキスパート】

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート:石関 華子

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート:石関 華子

埼玉県出身、高知県在住。一児の母。

日本橋三越の洋酒担当を経て、ワインやビール、ウィスキーなどの洋酒全般の知識を培う。
2016年に日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの資格を取得。
その後、家族の仕事の都合で高知県に転居し、現在は高知県内のワイナリーのアドバイザーやワイン検定の講師を務める一方、ワインに関連する記事やコラム等の執筆も多数手がけている。
2019年、日本ソムリエ協会高知支部副支部長に就任。

趣味は旅行、ドライブ、料理など。


日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに、シラー種ワインのおすすめと選び方を教えてもらいました。シラーとはフランスのローヌ地方を原産とする、赤ワイン用ブドウ品種のひとつです。シラーのワインの最たる特徴は、黒コショウのようなスパイシーな風味で力強いワインになると言われることも多いのですが、実際は繊細でエレガントなものもあります。この記事ではたくさんあるシラー種ワインの中から厳選した商品をご紹介します。どれを選べばいいか悩んでいる方は、この記事の最後にある各通販サイトのランキングも、ぜひ参考にしてください。

ワインエキスパートに聞いた
シラー種ワインの選び方

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに、シラー種ワインを選ぶときのポイントを教えてもらいました。

産地ごとの味わいで選ぶ

ワインの味わいは、原料となるぶどうの品質により変わってきます。その品質を決めるのは、ぶどうが生育する土壌や天候なので、産地によりワインの味わいに違いが出てくるのも当然といえます。そこでまずはじめにシラー種の産地を見ていくことにしましょう。

フランス産のローヌ地方が有名

【エキスパートのコメント】

同じシラーから造られるワインでも、産地ごとに少しずつ味わいが異なります。フランスのローヌ地方のシラーのワインには、スパイシーな風味が前面にあらわれた、芳醇で芯のしっかりとした味わいのものが多いです。

オーストリア産は「シラーズ」と呼ばれる

【エキスパートのコメント】

オーストラリアのシラーズのワインは、ローヌのものに比べるとスパイシーな風味は控えめ。果実味が豊かで、濃密な力強い味わいになる傾向があります。このように産地ごとに異なるワインの味わいの特徴から選ぶというのもおすすめです。

フランスやオーストラリア以外(通称:ニューワールド)

世界各国でシラー種のワインは作られています。有名なフランスやオーストラリア以外でも安くておいしいワインを楽しめます。アメリカ、アルゼンチン、チリ、ニュージーランド、南アフリカなどの産地のワインもぜひ試してみてください。

ボデガス・カリア『カリア アルタ シラーズ マルベック 2018』:

出典:Amazon

アルゼンチン産でシラーズ60%・マルベック40%のブレンドタイプのワイン。シラーのスパイシーな風味とマルベックの濃厚な果実味が調和し、互いの個性を引き立て合っています。デイリー向きのシラーのワインをお探しの方におすすめです。

シラーを存分に味わうならシラー100%を選ぶ

【エキスパートのコメント】

シラーは、ほかのブドウ品種とブレンドされることが多い品種です。ブレンドによって絶妙なバランスの味わいのワインが生まれるため、ブレンドすること自体は決して悪いことではありません。

飲みやすい味わいや、万人受けする味わいのワインをお探しの方には、ほかの品種とブレンドされたものがおすすめです。

「シラーの個性を存分に味わいたい」という方は、シラーのみから造られた、シラー100%のワインを選ぶといいでしょう。

E.ギガル『クローズ エルミタージュ ルージュ 2015』:

出典:楽天市場

シラーの原産地でもあるフランスのローヌ地方で作られた赤ワイン。シラー100%で特徴であるスパイシーさを味わってみたい方におすすめです。

生産者から選ぶ

【エキスパートのコメント】

同じ産地のシラーのワインでも、生産者が変われば、その味わいも変わってきます。それは、それぞれの生産者に特徴やこだわりがあるからです。

たとえば、ここで紹介しているオーストラリアの「トイスナー・ワインズ」は、ワインにブドウ本来の風味を出すことを重視しています。また、チリの「ビニャ・マイポ」はあくまでもシラーのワイン造りにこだわり、フランスの「エステザルグ葡萄栽培者組合」は、減農薬栽培に取り組んでいる生産者です。

このような生産者の特徴やこだわりから、共感できたものや、応援したいと思ったものを選ぶというのもいいでしょう。

トイスナー・ワインズ『リプキー シラーズ 2017』:

出典:楽天市場

ぶどう本来の味を最大限引き出すことにこだわり、果実味たっぷりの味わいが楽しめます。

ヴィンテージ(年代)も確認する

ワインの味わいは、産地や生産者などのほかに、製造年(原料となるぶどうの出来がよかったか)によっても大きく変わってきます。またシラー種は、長期熟成能力の高いぶどう品種といわれ、年代ごとの味わいが楽しめる点も魅力のひとつです。

エステザルグ葡萄栽培者組合『コート デュ ローヌ ルージュ ル プティ アンデゾン 2017』:

出典:楽天市場

2017年のシラーワイン。その年に収穫したぶどうの品質によりワインの味わいが変わってきますので、ヴィンテージを確認するようにしましょう。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)