週刊野球太郎


 2019年のドラフトが終わると同時に始まった2020年ドラフト戦線。一冬を越え、春から注目したい高校生ドラフト候補をエリア別に紹介したい。

◎岡山
■三方陽登(創志学園/投手/右投右打)
 184センチ80キロ。西純矢(阪神ドラフト1位)からエースナンバーを受け継いだ大型右腕。最速143キロのストレートは伸び十分。

◎広島
■宗山塁(広陵/遊撃手/右投左打)
 シャープな打撃と俊敏性が光る遊撃手。懐の深いバッティングが持ち味で1年秋には奥川恭伸(星稜→ヤクルト1位)、西純矢(創志学園→阪神1位)ら150キロ級投手からヒットを連発。173センチ70キロの体をどれだけ充実させられるかが勝負。

◎鳥取
■岡本大翔(米子東/三塁手/右投右打)
 189センチ86キロの大砲。モッサリ感がなく、鋭い腰の回転で打球を飛ばす。投手としても最速140キロ超、遊撃手もこなすフットワークを兼備。

◎島根
■波田野大愛(浜田/三塁手/右投右打)
 高角度の長打を放ったかと思えば、弾丸ライナーも放つ飛距離マスター。ツボを持った生粋のスラッガー。

◎山口
■渕上竜椰(早鞆/投手/右投右打)
 140キロ超のストレートを投げる右腕。178センチ75キロでやや細身だが、その分、腕のしなりは抜群。伸びるストレートは球速以上。

◎香川
■内田悠太(大手前高松/投手/右投右打)
 秋に147キロを叩き出し、快速右腕の仲間入り。力強さと変化球の精度を磨けば、四国ナンバーワンの座も近い。

■多田聖一郎(三本松/外野手/右投左打)
 スイングの強さは四国屈指。172センチ88キロのごっつい見た目からは想像しづらい好打者。太い腕が打席で映える。

◎徳島
■河野勇真(徳島北/投手/右投右打)
 最速142キロ。安定感が課題だったが、秋は徳島県大会を制し、勝てる投手に成長。スライダーもキレを増しており、今後は省エネも交えた投球術にも期待。

◎愛媛
■山田響(済美/外野手/右投右打)
 169センチと小柄でも爆発力な飛距離を誇る飛ばし屋。天性を感じるスイングスピードの持ち主。

■高橋晟士朗(西条/投手/右投右打)
 185センチ70キロの長身細身の右腕。すでに140キロに到達しており、下半身を含めて体ができれば、球速がもっと伸びそう。

◎高知
■和田育也(高知中央/投手/右投右打)

 最速142キロのストレート、カーブ、スライダーのコンビネーションが冴える好投手。

文=落合初春(おちあい・もとはる)