女優の佐々木希が、きょう2日に放送されるカンテレ・フジテレビ系バラエティ特番『潜入!ウワサの大家族新春SP』(22:00~23:30)で、7年ぶりにバラエティ番組のMCを担当する。

  • 佐々木希(左)と後藤輝基=カンテレ提供

これまでMCを務めてきた女優・木村佳乃の代わりに登場する佐々木。収録冒頭、夫のアンジャッシュ・渡部建から「うまくいかなかったら全部後藤(輝基)さんのせいにしていい」とアドバイスされたことを明かし、後輩芸人の後藤を焦らせる一幕もあったが、収録後は「佳乃さんの代わりが務まるか不安でしたが、後藤さんや皆さんのお力を借りて最後まで頑張れました。緊張でハンカチがびっしょりです(笑)」と振り返った。

同番組が始まった4年前に第1子が誕生したことを踏まえて、後藤が「うちはひとりっ子ですが、僕自身3人兄弟ですし、“やっぱり兄弟いたほうがいいのかな?”とか、具体的に思いますね」と、収録を振り返ってコメントすると、1歳の子どもを持つ佐々木も「私も3人兄弟なので、(大家族の生活を)見ていると欲しくなっちゃうし、良いなあと思います」と同調。

しかし、子育てで大変な様子の妻を見ている後藤が「でも、1人でもあんだけ大変そうな嫁を見ていると、無理なんじゃないかなって思ってしまいますね。僕が家に帰ったら死ぬ手前みたいになってますよ(笑)」と話すと、佐々木も「ずっと動かなきゃいけないから、放心状態になりますよ!(笑)」と、初めての育児に向き合うがゆえの本音をのぞかせた。

今回は11組の大家族に密着するが、佐々木は「VTRに登場したお母さんたちは、家のことをたくさんされているので、やっぱりお母さんの方が強くなっちゃうんですかね。子どもとの約束事が日に日に変わっていくのはあります。わかります」とコメント。「子どもたちへの教育法や生活の工夫など、見ていてすごく勉強になりました。それにどの家庭もお父さんお母さんの仲が良いと家族全員がハッピーですし、そういう夫婦円満が続いていけば良いなと思いました」と番組をPRした。