福山潤登壇! 『HUMAN LOST 人間失格』“イチロク”集会 舞台挨拶レポート

破滅に至った一人の男の生涯を描く日本文学の金字塔、太宰治『人間失格』を狂気のSF・ダークヒーローアクションへ再構築した現在公開中の劇場アニメーション『HUMAN LOST 人間失格』。本作に登場する貧困エリア〝イチロク〟の暴走集団のリーダー・竹一役の福山潤、監督の木﨑文智、ストーリー原案・脚本の冲方丁を迎え、本編でも印象的な竹一の生き様を語り尽くすイベントが12月21日(土)に実施され、イベントレポートが到着した。

会場は福山さん演じる竹一ファンで埋め尽くされ、収録秘話や竹一というキャラクター像を演じるにあたってのエピソードなどを語り、登壇者・ファン共に大いに盛り上がった。

■竹一というキャラクター像&プレスコ収録のエピソード

監督:原作通りやると暗くなり過ぎてしまうので、エンターテインメントとして盛り上げていくために竹一には葉藏とは全く逆の性質を与えることで作品の導入を引っ張ってもらうようにしました。

冲方:世界観を説明してくれる、ある種の道化的だけどイントロデュースになるキャラなので、一方的に世界観を説明してくれるくらいの力をもったキャラとして作りました。

福山:僕は台本を読んだときに、「人が死んでんですけどー」という台詞で、あれでどういう人なのかという起点になりました。収録前に「ハッチャケてやってください」とプロデューサーの後押しがあったので、楽しくやらせていただきました。

監督:そこであのアドリブが生まれたんだね。

福山:ただ、僕の中でアドリブをやったという印象よりも、台本通りにやって、これくらいなら許されるかなと思ってちょっと思い切ってやってみたら、それがたまたま目立つところにあったのかなと。

冲方:僕の中で脚本を書いた時と全く違った印象だったので、最初、監督が書き直したのかと思いました。監督に上をいかれた感じがしました。

監督:それは嬉しいですね。結果がいい方向に行って良かったです。

■壮絶な最期を遂げた竹一を偲ぶ言葉

監督:竹一、惜しい人を亡くしたかな。彼は自分の思いを遂げれらて最高に幸せな人だったなって思います。

冲方:竹一は葉藏にとってなくてはならないキャラでしたし、前半の主人公のように感じました。面倒見が良くて良いやつですね。

福山:悲壮感は感じなかったので、自分の中ではやってやったなって。良いやつだったので良い幕引きができたとな思います。

■最後の一言

福山:収録から時間が経っておりますが、このようにお客様に観ていただいた事で、ようやく僕の中でこの作品が完結したなと思っています。何回も観ることで新しい発見はまだまだあると思います。これからも長く愛される作品になることを願っています。

(C)2019 HUMAN LOST Project