格安【アクションカメラ】おすすめ商品5選|防水・画質・手振れ補正機能で選ぶ!

【この記事のエキスパート】

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表:瀬川 陣市

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表:瀬川 陣市

米国ウィスコンシン州立大学などで写真を学び、帰国後に独立。

1995年からプロカメラマンとして人物、ウェディング、料理、建築、海外取材など広い分野の撮影をする傍ら、写真講座やメディア出演、執筆などを通じて撮影テクニックやフォトライフの楽しみ方を伝えている。

さらに動画撮影、ドローン撮影にも着手。画像や動画を未来につなげる活動を提案している。2018年には、長崎県五島市アンバサダーに就任。

写真と映像で行う地域貢献や海外に向けた日本文化の映像発信にも積極的に取り組んでいる。


フォトグラファーが選ぶ、安いけど多機能なアクションカメラ5選+番外編を紹介します。スポーツに、アウトドアに、さらには水中カメラの代わりにと、さまざまなシーンで迫力ある映像を撮影するのに威力を発揮するアクションカメラ。小さなボディながら、臨場感あふれるカットを鮮明にとらえてくれるのが魅力ですよね。この記事では、GoProにも引けを取らない数ある高コスパ・アクションカメラのなかから、フォトグラファーの瀬川陣市さんが厳選した、リーズナブルで気軽に使えそうなモデルについて解説していきます。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

フォトグラファーが解説!
格安アクションカメラの選び方

フォトグラファーの瀬川陣市さんに、格安アクションカメラを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

画質で選ぶ

【エキスパートのコメント】

1万円以下でも4K対応機種はたくさんある!

ここでは1万円以下の価格帯のアクションカメラを選んで紹介していますが、この価格ゾーンでも4K画像で動画撮影ができる機種があります。4K画像とはフルHD画質の約4倍のキメの細かさをもつ画像のこと。当然、高画質の機能をもつカメラのほうがきれいな映像を撮影できます。

安価なアクションカメラでも、まずは画質にこだわって機種を選択してみましょう。

Victure『アクションカメラ AC800』:

出典:Amazon

画質は4K 20MP、画角は約170度の超広角で撮影可能。オールインワンのアクションカメラを探している人に適したモデル。

防水ケースがある機種を選ぶ

【エキスパートのコメント】

防水規格および水深何メートルまで耐えられるか確認

アクションカメラはアウトドアなど野外での撮影で使うことが多くなります。野外撮影では不意の降雨や水濡れへの対策が必須。そのため防水ケースが備わっているカメラのほうが扱いやすくなります。

防水規格がついているかについても確認しておきましょう。水中で撮影する場合は、防水ケースに入れて何メートルまでの水深に耐えられるのかなどの項目もみておくとよいでしょう。

手振れ補正機能で選ぶ

【エキスパートのコメント】

手振れ補正機能の性能も比較してみる

アウトドアで使うカメラは動きながら撮影したり、乗り物に設置して走らせながら撮影したりするという撮影シーンも想定されます。動きながらの動画撮影では手振れ対策が欠かせません。カメラに手振れ防止機能がついている機種があると、動きながらでも安定した画像を撮影することができます。

アクションカメラを選択するなかでは手振れ防止機能は大事な項目といえます。どの程度の手振れを軽減してくれるかは機種により異なるため、スペックを比較して検討してみましょう。

MUSON『M10アクションカメラ』:

出典:Amazon

手振れ補正機能が搭載されているうえ、付属の防水ケースを使えば水深30メートルでも撮影できるなどコスパの高いアクションカメラ。

値段以上の過度な期待をせず選ぶ

【エキスパートのコメント】

値段以上の機能をもつ製品は多い

1万円以下のアクションカメラは、知名度が高くないメーカー製のカメラがほとんどです。値段なりの材料を使って製品を組み立てているので、高位機種と比較すればどこかに見劣りする性能はあるもの。それでも撮影を楽しむことはじゅうぶんできる機種はたくさんあります。

ただし、あまり多くの期待はせずに、値段なりのカメラだということを想定して選択することも大事です。値段以上の機能があると感じたときには、「よいカメラを選べた」とよろこべる楽しみにもなります。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)