理系大学生向けパソコンおすすめ商品5選【CPU・メモリーなど】ポイントを解説!

【この記事のエキスパート】

IT&家電ライター:秋葉 けんた

IT&家電ライター:秋葉 けんた

編集プロダクション「マイカ」所属のIT&家電専門ライター。
スマホやパソコン、ストレージ、ネットワークなどIT全般のみならず、家電についての執筆実績が多い。書籍、雑誌、新聞、業界誌やWebコンテンツなど、様々な媒体に記事を提供している。
また、広告やカタログ、導入事例といったB2Bの営業支援ツール制作にも携わる。IT系、家電を中心にコンセントにささるいいモノをおすすめしていきます。

略歴
1973年生まれ。
高等学校の教職員勤務経験を経て、マイカに勤務。雑誌や専門誌のライターとして活躍する。
その後、IT流通の専門誌の記事制作を担当し、B2BからB2Cまで幅広い専門知識を獲得。
最近では、Webメディアやオウンドメディアのの編集企画制作も担当。

著書歴
・iCloud&iTunes超使いこなしガイド 2019最新版 (三才ムック)
・今すぐ使えるかんたん はじめる&使える MacBook入門(技術評論社)
・スマホの困ったを解決する本 (三才ムック)
・iPhone超活用ガイド (三才ムックvol.988)
・今すぐ使えるかんたんEx iPhone プロ技BESTセレクション(技術評論社)


ITライターが選ぶ理系大学生向けパソコン5選をご紹介します。レポートの提出や実験データの集計など、何かとパソコンを使う事が多い理系大学生。そんな理系大学生に適したパソコンの選び方をITライターの秋葉けんたさんが解説します。また、理系大学生パソコンのおすすめ商品についても教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

ITライターが解説!
理系大学生向けパソコンの選び方

ITライターの秋葉けんたさんに、理系大学生向けパソコンを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

データ解析や研究のためには高性能CPUが必要

【エキスパートのコメント】

CPUは4コア・Core i5以上が基本

大学の専門課程になると、理系は文系とくらべて研究や実験が多くなり、提出するレポートも増えます。複数処理を同時におこなったり大量のデータ解析をするため、スペックが低いPCでは動作が重くなってしまいます。PCはパーツごとに性能を選べますが、最初からスペックに余裕があるPCを選ぶことが大切です。

CPUはIntel製品なら4コア以上で、Core i5なら安心です。予算に余裕があったらCore i7やCore Hシリーズを選ぶといいでしょう。

建築系やエンジニア系で使うCADや3D CADではCPUに大きな負荷をかけるので、Core i7以上がほしいところです。グラフィックボードの搭載も考慮しましょう。

アップル『Macbook Pro』:

出典:Amazon

第9世代の6コアIntel Core i7を搭載したハイエンドモデル。

作業効率に関わるメモリー容量は最低でも8GB

【エキスパートのコメント】

メモリー8GB・ストレージはSSDで128以上を

理系では分野によって専門的なソフトが必要になります。建築系のCADのほか、物理系や医学系では複雑なシミュレーション、工学系の回路設計やプログラミングなど、画像やデータを大量に扱うため、CPUだけでなくメモリーやストレージも大容量であるに越したことはありません。

メモリー容量は最低でも8GB。できれば16GBはほしいところです。

データを保存するストレージはSSD(ソリッドステートドライブ)かHDD(ハードディスクドライブ)になります。SSDはHDDにくらべると高価ですが、動作が高速で、振動や衝撃に強いという特徴があり、ノートPCに最適です。通常の使用では128GBでじゅうぶんでしょう。

マイクロソフト『Surface Pro6』:

出典:Amazon

メモリは最大16GB。SSDは1TBと大容量のモデル。

バッテリーや外部出力端子も忘れずチェック

【エキスパートのコメント】

HDMIが付いていれば問題なし

研究で使う専門ソフトの多くはOSが限定されています。WindowsかMac OSか、必要なOSを選びましょう。

PCを授業やゼミ、図書館などに持参するならバッテリーの持ちも重要です。1日の授業を考えれば7時間以上の駆動時間があれば大丈夫でしょうが、ゼミなどで長引く可能性があるならACアダプターも持参します。

研究室の発表会でプレゼンをおこなうときには、PCをプロジェクターやモニターに接続して映し出します。外部出力の端子にはHDMI、VGA、Mini Displayportなどさまざまな規格があります。一番普及しているHDMIが付いていれば、プロジェクターにすぐつなぐことができるはずです。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)