キャデラックが2022年からモデル名の付け方を変更?

ヨーロッパの車は、アルファベットと数字が混ざった450SLや、P1800、320iなどのようなモデル名を持っていることがほとんどだ。そして、カーエンスージアストたちはみなそれを好んでいる。

しかし、アメリカ車はどうだろうか?マスタングや、コルベットなどひとつのネーミングを継承していることが多い。そのモデルひとつひとつに誇りがあり、伝統があるのだと示すものでもある。そして、そのようなネーミングを付けていく流れに戻すということをキャデラックが発表した。



ゼネラルモーターズ全体として、2022年からネーミングの流れを変えていくそうだ。つまり、キャデラック  CT6や、XT5のようなモデル名が付けられることがなくなる。実際、どのようなネーミングになっていくのかは分からないが、エルドラドやフリートウッドというようなモデルが新たに登場するのかもしれない。大きなSUVであるエスカレードの名は継承されていき、2021年モデルはすでに公開されている。

また、キャデラックは2030年までに全モデルをエレクトリック化する計画だそう。