左から、中村倫也、神木隆之介

神木隆之介と中村倫也が、12月16日放送に放送される『10万円でできるかな』(テレビ朝日系、月曜20:30~)にゲスト出演することがわかった。

この番組は、あらゆるものに10万円をかけ、元が取れるかどうかをサンドウィッチマンとKis-My-Ft2が検証していく実験バラエティ。今回は、現在公開中の映画『屍人荘の殺人』で共演している神木と中村が、番組の看板コーナーの一つ、「1000円ガチャ企画」にチャレンジする。番組初の対抗戦となる今回は、1000円ガチャだけではなく、番組初登場の2000円ガチャにも挑戦。神木と中村のどちらが高額な商品を当てるかを競い合う。

決戦の舞台となる秋葉原に降り立った2人だが、1000円ガチャ初体験の中村に対し、神木は1000円ガチャの経験が豊富な、いわゆる“ガチ勢”であることが判明。「友達と個人的に1000円ガチャ動画を撮って、記録に残したりしてる」という神木は、ガチャマシーンを前に、「?」な中村に対し、ベテラン目線で解説を披露するなど、勝負前から余裕の表情を浮かべる。

そんな神木の“ドヤ顔”から始まった対抗戦は、次から次へと見せ場が押し寄せる大激戦へと発展。中村がいきなり、物騒な“ある物”を当てたかと思ったら、いつもなら「絶対断る」という“禁断のスイート・フェイス”を披露する。さらに、サンドウィッチマンの富澤たけしも思わず「ドラマみたい!」と興奮する神木&中村の“共同作業”が実現したり、神木の右腕が大変なことになったりと、予想外な展開がオンパレード。そして、正真正銘の超高額商品も大当たり。いったい、誰が何を当てたのか。気になる対抗戦の行方はオンエアで明らかになる。

この日は他にも、新企画「10万円で建物価値0円の空き家をキレイにしたら、いくらで売れるかな」に、新日本プロレスのオカダ・カズチカが参戦。近年、問題になっている空き家を、オカダとキスマイの北山宏光、横尾渉、二階堂高嗣の4人が大掃除&DIYすることで、建物価値がどれくらいアップするかを検証する。

2019年プロレス大賞MVPを獲得し、IWGPヘビー級チャンピオンに君臨するオカダは、空き家の一角で破壊力抜群の得意技「レインメーカー」を連発。建物価値0円の空き家に“金の雨”を降らせるべく、大胆かつ力技勝負のDIY技を繰り広げる。しかし、張り切るあまりに余計なことをしてしまい、北山や二階堂に怒られるというおちゃめな一幕も。

さらに、芸能界きってのお掃除好き主婦・渡辺美奈代も登場し、キッチンを清潔に磨きあげるお掃除テクニックをレクチャー。年末年始の大掃除にも使えるお掃除術から便利アイテム、住宅の裏事情まで、たっぷりと紹介する。