連続ドラマ「同期のサクラ」のクランクアップを迎えた新田真剣佑さん=日本テレビ提供

 女優の高畑充希さん主演の連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系、水曜午後10時)で、主人公サクラ(高畑さん)の同期、木島葵役の新田真剣佑さんと土井蓮太郎役の岡山天音さんがこのほど、クランクアップを迎えた。

 新田さんの最後のシーンは、サクラがリハビリを行う施設での撮影だった。新田さんは、「オーケー」の声が掛かった瞬間、ガッツポーズをしたという。高畑さんから花束を受け取った新田さんは、「本当に3カ月間、皆様お疲れ様でした。葵役は、本当に難しかったです。自分の役ではあるのですが、なかなか“葵”とは仲良くなれませんでした。でも、この役に出会えて本当に良かったなと思えています。少しは成長できたのではないか、と。また戻ってきたときには、成長した新田真剣佑をお見せできるよう、これからも頑張ります。本当にありがとうございました!」とコメントした。

 岡山さんは、同期5人がよく集った喫茶「リクエスト」を改装したネットカフェで最後の撮影を行った。花束を受け取った岡山さんは「愛あふれるスタッフの皆さまと、何より座長の高畑さんの人間力で、本当に楽しく、居心地のいい現場でした。本当にありがとうございました!」と語った。

 ドラマは、高畑さんが主演し、2017年7月期に放送された「過保護のカホコ」のほか、「家政婦のミタ」「女王の教室」(すべて同局系)などで知られる遊川和彦さんが脚本を担当するオリジナルドラマ。“バカ正直”でそんたく知らずの主人公・サクラと同期社員たちの10年間を描く。最終回は12月18日午後10時から放送。