ユヴェントスはクリスティアーノ・ロナウドの2ゴールなどで3試合ぶりの白星を手にした [写真]=Getty Images

 セリエA第16節が15日に行われ、2試合勝ちから遠ざかっているユヴェントスはウディネーゼをホームに迎えた。

 ユヴェントスは9分、相手DFが弾いたこぼれ球をクリスティアーノ・ロナウドがつま先で合わせて先制に成功。C・ロナウドはリーグ戦3試合連続の得点となった。

 続く37分、ユヴェントスはゴンサロ・イグアインのスルーパスにC・ロナウドが抜け出して2ゴール目を決める。さらに前半終盤の45分にはコーナーキックのチャンスから、メリフ・デミラルの折り返しをレオナルド・ボヌッチが頭で決めて3点差に突き放した。

 後半に入ると、パウロ・ディバラやC・ロナウドのシュートはポストに嫌われなかなか枠を捕えることができない。一方、ウディネーゼに攻め込まれる場面ではGKジャンルイジ・ブッフォンが好セーブを連発しゴールラインを割らせない。

 ウディネーゼは90+4分にゴール前の混戦からイグナシオ・プッセートが1点を返して一矢報いるが反撃はそこまで。試合はそのまま終了し、ユヴェントスが3-1でウディネーゼに勝利した。3試合ぶりに白星を手にしたユヴェントスは暫定的に首位に返り咲いた。

【スコア】
ユヴェントス 3-1 ウディネーゼ

【得点者】
1-0 9分 クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)
2-0 37分 クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)
3-0 45分 レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス)
3-1 90+4分 イグナシオ・プッセート(ウディネーゼ)