スターロードが製作したスタイリッシュなバンパーレススタイルのS30Z  2

このボンネットから下までつながるオリジナルグリルのカッコよさをアピールするには、純正のバンパーは不要。
そこで、誰もやっていないS30Zのバンパーレススタイルとするため、オリジナルのフロントスポイラーやボディ両サイドの凹みを隠すサイドカバーなどを製作。

ただし、まだパーフェクトではなく、さらに一体感のあるバンパーレススタイルに仕上げられる予定だ。

 ボディ本体に関しては、完全なフルレストアではなく、要所を押さえたセミレストア仕様。
コストパフォーマンスの高さが魅力で、S30Zの急所にはしっかりと手が入れられているため、町乗りには満足できるレベルだ。


バンパーレススタイルとレッドパールのボディからが絶妙にマッチする。リアスポイラーを装着しないのも全体のバランスを考えてのことだ。


ホイールはブラックアルマイトリムのエクイップ03を装着。



オーバーフェンダーは240ZGと同じ形状で、カーボン製を装着する。


マフラーは亀有エンジンワークス製のφ80mmシングルステンレスマフラーを装着しているが、さらに車高が低い状態でも装着可能なマフラーを現在開発中だ。


掲載:ノスタルジックスピード 2013年7月 Vol.001 (記事中の内容はすべて掲載当時のものです)