[ALEXANDROS]川上 受験生のために太宰府天満宮を参拝
[ALEXANDROS]の川上洋平が、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。番組では進路室の講師を担当しているのですが、受験生のリスナーのために九州ツアーの合間を縫って太宰府天満宮に向かった様子をお届けしました。そのなかから、デビュー前の福岡にまつわるエピソードを語った部分を紹介します。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! アレキサンドLOCKS!」12月10日(火)放送分)



川上:今日は12月7日(土)ということで、福岡県福岡市から太宰府市に行きまして、受験生のみなさまのためにお祈り事をしようかなと思っております。5日(木)と6日(金)にZepp Fukuokaで『VIPツアー九州 ~九周年だから九州ツアー~』をやっていたので、良いタイミングですね。ライブは良かったですよ、すごく楽しかったですね。まだ九州ツアーは続きますよ。

6日(金)のライブ中にMCでも言ったけど、福岡はベースの磯部さんが(就職して一番最初に)赴任してた地なんだよね。デビューが決まる前の話なんだけど、3ヵ月だけサラリーマンをやっていた時期があるんです。でも他のメンバーは東京とか神奈川だったから、「マジか~」ってなって。でも行くしかないからとりあえず行ったんだけど、全員での練習が土日しか出来なくなって……。(磯部は)土曜日の朝に飛行機で東京に帰ってきて、もちろん自腹で。そこからスタジオに入って、日曜日は路上もしくはライブハウスでライブをやって、その日の夜に福岡に帰ってまた次の日から仕事……。そんなことをアイツはやっていたんです。それで俺は「ここが運命の分かれ道なのかな?」って思って、ヒロ(磯部)に「真剣な話をさせてもらうけど、本拠地が一緒じゃないとバンドをやっていけないと思うんだよね。だから会社を辞めて欲しい」って直接言いましたね。

当時、ヒロが勤めていたのはすごくいい会社だったので、あの会社を辞める勇気ってのは……まぁ、すごいなと思いましたよね。バイトを辞めるとかの感覚では正直ないので……正社員だし新卒だし。会社からも期待されてる中で、辞めるのは気まずいじゃないですか。それを決断してくれたので……あの場で磯部くんが、「ごめん。俺はバンドを辞めて会社の正社員として生きる」って言うかもしれなかったわけだから、俺も覚悟いりましたね。でもバンドを選んでくれたので、スゲェ感謝していますけどね。



太宰府天満宮に到着後は、受験生のリスナーたちのために手を合わせ、絵馬を奉納し祈祷を受けた川上。「自分のことは一切祈願しておりません。でも結局は、最終的にみんながどんだけ頑張れるかですから。先生はこうやってお祈りすることしか出来ませんけど、これを励みにして頑張ってもらえたらなと思います。一緒に頑張りましょう!」と話していました。

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長
放送日時:月~木曜 22:00~23:55・金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/