11月16日、武蔵野の森総合スポーツプラザのメインアリーナにて行われた「ParaFes 2019」。その同日、隣接するサブアリーナにて、注目のパラスポーツを体験できるイベント「i enjoy ! パラスポーツパーク in ParaFes」が開催された。

「i enjoy ! パラスポーツパーク」は、障がいのあるなしに関わらず、子どもから大人までパラスポーツを実際に体験できる場として、全国各地で定期的に開催されている。昨年に続き、今年も「Para Fes」と同日となった今回は、過去最大規模となる8競技のパラスポーツ体験コーナーが登場。来年の2020年に向けてパラリンピックへの注目が高まっていることもあり、過去最多となる延べ7,000人が体験し大盛況となった。

延べ7,000人が体験した8つのパラスポーツ体験

パラスポーツ体験コーナーでは昨年から競技数が増え、よりバラエティに富んだ体験が可能になり、人気競技は長蛇の列で30分待ちになるなど多くの人で賑わっていた。

体験コーナーは、8競技!

車いすバスケットボール ボッチャ 車いすフェンシング 視覚障害者柔道 パラアーチェリー パラ・パワーリフティング パラトライアスロン(タンデムバイク) パラ陸上(レーサー)

多くの人が試合形式で楽しんだ車いすバスケットボール 今年も車いすバスケットボールの人気講師「ネジー」こと、根木慎志が登場!車いすを操作しながらのボールの奪い合いは迫力満点!想像以上に距離感のあるゴールへ、ボールが綺麗な放物線を描く子ども用のゴールも設置したことで、小さな子どもでもシュート体験を楽しむことができたボッチャは年齢問わず、誰もが気軽に楽しめる大人気のパラスポーツジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールの近くを目指して投球! 車いすフェンシングブースでは、実際の剣とマスクを装着。車いすに乗ってバランスを取り、見事に剣を突けたときは快感!フェンシング初体験の子どもも多く、剣を持って突くのを楽しんでいた視覚障害者柔道は、最初に組んだ状態から試合開始となるアイマスクをすると視界が遮断されるので、投げられると迫力も倍増。子どもたちからは「何も見えなくなるから怖い。見えない中で戦う選手はすごい!」といった感想も30分待ちの長蛇の列で、お年寄りから子どもまで幅広い年代に大人気だったパラアーチェリー弓の弾き方や的への狙い方をスタッフに教わりながら挑戦!初めてのアーチェリー体験にワクワク足の踏ん張りを使わず、上半身の力のみで持ち上げるパラ・パワーリフティング大人にサポートしてもらって子どもたちも重いバーベルにチャンレジ!パラ陸上用のレーサーでは車輪を思いっきり漕ぎ、瞬間時速の速さで勝負パラトライアスロンで使用されるタンデムバイク(二人乗り自転車)を速く漕ぐには、いかに2人の息を合わせるかがポイント

趣向を凝らしたParaFes 2019パートナー企業ブースも大賑わい

会場内には「ParaFes2019」パートナー企業各社のブースも出展。それぞれのカラーとアイデアを存分に発揮し、老若男女問わずに楽しめるブースを展開していた。

(ゴールドパートナー:野村ホールディングス株式会社/オフィシャルパートナー:JXTGエネルギー株式会社、大日本印刷株式会社、日本航空株式会社、株式会社ブリヂストン、三井不動産株式会社、株式会社モリサワ)

野村ホールディングス株式会社のブースでは、日本パラバレーボール協会のスペシャルトップパートナーを務めている経緯から、シッティングバレーボール体験を開催。東京2020オリンピック・パラリンピックの大会マスコットキャラクター、ミライトワ&ソメイティと記念撮影ができるフォトブースも設置され、人気を博していた。

座ったままで行うシッティングバレーボールで的当てチャレンジ キュートな東京2020マスコット、ミライトワ&ソメイティと記念に一枚株式会社モリサワのブースでは、アスリートが試合勝利後に行うカメラレンズにサインを体験。スタッフが撮影してくれるスマホ動画が記念に!誰でも装着するだけでスポーツ義足を体験できるとあって大人気だった株式会社ブリヂストンのブース JXTGエネルギー株式会社のブースでは、お茶の間でもお馴染みのエネゴリくんとの記念撮影が大人気だったパイロットやキャビンアテンダントのコスチュームを着用しての記念撮影や、折り紙ヒコーキ的入れゲームなど盛りだくさんの体験ができた日本航空株式会社のブース大日本印刷株式会社のブースには、高橋陽一氏など、有名漫画家が描いたパラスポーツのイラストと誰もが助けあえるスマホアプリ「Mayii(メイアイ)」が紹介されていた車いすラグビーの競技用車いすに乗り、タックルを体験できた三井不動産株式会社のブース。思わずみんな振り返るガツン!という衝撃音が会場に響き渡っていた<ボラサポブース>

コツコツ進んでタイムを競う、点字ブロック体験

日本財団ボランティアサポートセンター(ボラサポ)のブースでは、「コツコツ点字ブロックタイムトライアル」に挑戦。アイマスクを着用した状態で、2種類の点字ブロックでできたコースを白杖でコツコツと突きながら進み、ブロックから読み取る情報と周りでサポートしてくれるボランティアの声を頼りにゴールを目指す。ルールは至極簡単なのだが、視覚が遮られた状態で歩くことのなんと難しいことか。速い人は15秒台くらいでゴールしていたが、筆者はゴールするのに1分以上かかってしまった。視覚に障がいのある人たちがどのように生活をおくっているのか、少しでもイメージできたことは貴重な体験だった。

クネクネと置かれた点字ブロックを白杖で探りながら前へ進む 初挑戦の子どももみんな見事にゴール!慎重になりやすい大人よりも子どもの方がスイスイ進んでしまうのだそう<パラサポブース>

たくさんの人が寄せた2020年への応援メッセージ

これまで全国各地で、パラサポが取り組んでいる「OEN-応援フラッグ」にメッセージを書いてもらうプロジェクト。今回来場した多くの人が、東京2020パラリンピックへ、またはパラアスリートたちへ向けて応援メッセージを寄せてくれた。

大人はもちろん、子どもたちも応援メッセージをたくさん書いてくれた パラサポのフォトブースでは「全力応援」や「ドキドキ」などのパラリンピックに期待する言葉が書かれたパネルを自分で選んで記念撮影

来年に迫った東京パラリンピック大会への期待から、7000人という過去最高の体験者数となった「i enjoy ! パラスポーツパークin ParaFes」。実際にパラスポーツを体験して、その想像以上の面白さに気付いた人も多かったことだろう。体験した人は、ぜひその魅力を多くの人に伝えてほしい。その小さな一歩の積み重ねが、パラスポーツの普及へ、さらにはD&I社会の発展へと繋がる。そして、もちろん来年の東京パラリンピック本番も大いに楽しんで欲しい。

text by Jun Nakazawa(Parasapo Lab)
photo by X-1、 Tomohiko Tagawa