日下部洋子(ベッキー)は御子柴礼司(要潤)が元少年Aだと知ってしまう

要潤が主演するオトナの土ドラ『悪魔の弁護人 御子柴礼司 〜贖罪の奏鳴曲〜』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~※この日は24:10~)の第2話が、12月14日に放送される。今回は、要演じる弁護士・御子柴礼司の事務所で働く日下部洋子役のベッキーが、ドラマの見どころなどを語った。

本作は、勝つためなら手段を選ばない“悪魔の弁護人”御子柴礼司が、元少年Aという過去を背負いながら、罪の償いとは何かを問うヒューマン法廷ミステリー。

第1話で御子柴は、高額な報酬を得られそうもない主婦・津田亜季子(奥菜恵)による「世田谷の夫殺し」裁判に興味を持ち、担当弁護士から強引な手で奪い取ってまで弁護を担当。法廷で御子柴を敵視する次席検事・岬恭平(津田寛治)と対峙した。亜季子が何かを隠していると確信した御子柴。今週土曜の第2話では、いよいよその謎が明らかに。最終公判で衝撃の事実が明るみに出るとともに、ラストにはさらにもうひとつの大どんでん返しが待ち構えているという、ミステリー好きには堪らない仕上がりになっている。

以下、ベッキーのインタビュー。

――台本を読んだ感想は?

「弁護士もののドラマです」と伺って読ませていただいたんですが、思ったより重いテーマで、これは色々な意見が出るだろうな、色々な考えが生まれるだろうなって思いました。でも「次の台本まだですか?」って、こんなに次の台本を楽しみにするのは久々で、本当に続きが気になる、どんどん展開していくストーリーがすごいなって思いました。

――役どころについて。

私の役は日下部洋子という女性で、私にはない優しさをたくさん持った、本当に真っ直ぐな女性。少しでも彼女に近づけるように頑張ろうと思いました。メガネはびっくりしましたね。連ドラでずっと眼鏡をかける役っていうのは初めてなので。あと、仕事となったら男性を立てて「ついて行きます!」ってなるところは自分とちょっと近いかなと思います。

――共演者について。

要さんとは13年前に一度ドラマでご一緒していますが、しっかりお話するのは初めてです。要さんと御子柴は、クールなところとか内に秘めた情熱があるところがすごくリンクしたので、初日からスッと入れた感じが、すごい居心地良かったです。逆に、現場で「おはようございます」とか笑顔で言わなくていいですよ、みたいな(笑)。もっと御子柴になっていいですよ、気を遣わないでくださいって思っちゃいます。

津田さんとは9年前に同じシーンは無いけど同じドラマには出ていて。すごくクールな印象を持っていたので、初めてお会いした時に“高尾山に今から登る人”みたいな帽子とリュックを背負ったバックパッカーみたいな格好で「あ~、ベッキーさ~ん」みたいな笑顔いっぱいで言われてびっくり。でも、メイクして現場入ったら、もう岬検事で「この人のスイッチすごっ!」って思い、鳥肌が立ちましたね。

――タイトルにかけて「悪魔だな~」と思ったエピソードは?

ペットですね。「朝ご飯くれ!」って寝ている私を起こすんですけど、朝ご飯は5時って決まっているのに食べたい時間が毎日繰り上がってきていて。4時半の日があり、4時になり、今朝は3時半に起こされて、ホント勘弁してくれって感じでした。イタリアン・グレイハウンドって犬種の「お市」ていう、ちょっと昔の日本のような名前(笑)の女の子。由来は「お市の方」と、首のところに白い銀杏のマークがあるので、その銀杏の「いち」にかけて「おいち」。ホント小悪魔ですね。

――視聴者へのメッセージ。

このドラマは一言で「弁護士もの」というようなシンプルな弁護士ものではなくて、本当に“人生”とか“人とは”とか色々考えさせられるドラマなので、たくさんの意見が分かれると思います。このドラマを通して「あ、私ってこんな良い目線を持っているんだ」とか「こんな意地悪な目線を持っているんだ」と、ご自身と向き合う時間を作っていただけたら嬉しいです!

<第2話あらすじ>
洋子(ベッキー)は御子柴(要)がかつて凶悪犯罪を犯した元少年Aであることを知り動揺。親友で記者のあすみ(玄理)は「絶対に許せない」と御子柴を調べ始める。そんな中、御子柴は夫殺しの被告・亜季子(奥菜)が何かを隠していることに気付き、一路、亜季子の生家がある福岡に飛ぶ。一方、岬(津田)は御子柴の狙いを図りかねていた。いよいよ始まる最終公判! そして、そこで明るみに出る衝撃の事実! 世田谷夫殺し裁判、堂々の解決編!