ノズル式布団乾燥機のおすすめ5選|ふかふかの布団で寝る【温め、乾燥、ダニ退治】

【この記事のエキスパート】

IT&家電ライター:秋葉 けんた

IT&家電ライター:秋葉 けんた

編集プロダクション「マイカ」所属のIT&家電専門ライター。
スマホやパソコン、ストレージ、ネットワークなどIT全般のみならず、家電についての執筆実績が多い。書籍、雑誌、新聞、業界誌やWebコンテンツなど、様々な媒体に記事を提供している。
また、広告やカタログ、導入事例といったB2Bの営業支援ツール制作にも携わる。IT系、家電を中心にコンセントにささるいいモノをおすすめしていきます。

略歴
1973年生まれ。
高等学校の教職員勤務経験を経て、マイカに勤務。雑誌や専門誌のライターとして活躍する。
その後、IT流通の専門誌の記事制作を担当し、B2BからB2Cまで幅広い専門知識を獲得。
最近では、Webメディアやオウンドメディアのの編集企画制作も担当。

著書歴
・iCloud&iTunes超使いこなしガイド 2019最新版 (三才ムック)
・今すぐ使えるかんたん はじめる&使える MacBook入門(技術評論社)
・スマホの困ったを解決する本 (三才ムック)
・iPhone超活用ガイド (三才ムックvol.988)
・今すぐ使えるかんたんEx iPhone プロ技BESTセレクション(技術評論社)


IT&家電ライターの秋葉けんたさんに、ノズル式布団乾燥機のおすすめ商品5選と選び方を教えてもらいました。布団の温めや乾燥、ダニの駆除、また、機種によってはくつの乾燥などの機能がついていて、生活家電のなかでも大活躍してくれる「布団乾燥機」。ただ、メーカーや製品によって特徴や性能が異なるため、商品選びに迷っている方も多いようです。そこで、IT&家電ライターの秋葉けんたさんに、ノズル式の布団乾燥機を選ぶポイントを解説していただきました。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングを掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

IT&家電ライターが解説
ノズル式の布団乾燥機を選ぶポイント

IT&家電ライターの秋葉けんたさんに、ノズル式布団乾燥機を選ぶポイントを3つ教えていただきました。

手軽にダニ退治をするならノズル式

【エキスパートのコメント】

2~3日に一度は布団ケアをしよう

布団乾燥機には温風の送り方によって、ノズル式とマット式の大きく2種類があります。ノズル式は、先端に吹き出し口がついたホースを布団の間に差し込むタイプ。コンパクトで扱いがラクなので、手軽に布団ケアをしたい方におすすめ。

ただし、掛け布団が重いと温風が隅まで届きにくいことがあるので、仕上がりをチェックしましょう。なお、ダニは1週間前後で成長する種類もいるので、2〜3日に1度は布団ケアが必要となります。

布団の乾燥時間は40〜60分が目安

【エキスパートのコメント】

布団乾燥機がスタートしたら他の家事ができる

布団乾燥機で1回の乾燥にかかる時間は、気温の低い冬か暑い夏か、機種のパワー(消費電力)などによって異なります。冬場の乾燥なら40〜60分が目安ですが、綿布団は羽毛・羊毛布団よりも多少時間がかかります。布団の温めだけならだいたい30分です。

布団乾燥機はどの機種にもタイマーが装備されており、スタートさせたらそのまま放置して大丈夫です。機種によって乾燥時間に多少幅がありますので、短時間に済ませたい方はパワーのあるものを選ぶといいでしょう。布団乾燥機は1日中動かすものではありません。電気代はどの機種も1時間あたり10〜20円とさほど差はないので、気にする必要はないでしょう。

HITACHI(日立)『ふとん乾燥機 アッとドライ HFK-VH1000』:

出典:Amazon

コース別に5分から200分でタイマーの設定が可能。使用後にアタッチメントやホースを収納できるのもポイントです。

布団乾燥以外の便利機能も要チェック!

【エキスパートのコメント】

ほとんどの布団乾燥機に用意されているのが、くつ乾燥機能。付属のアタッチメントなどによって濡れたくつを乾かせるため、梅雨時に助かります。くつ下や下着など小さな衣類を乾燥できる機種もあります。

ダニが50℃以上の温度で完全に死滅することを利用したのがダニ駆除機能。高温を1時間以上持続して駆除してくれますが、布団には死がいやフンが残っていますので、最後に掃除機で吸い取ることをお忘れなく。

湿気だけでなく、においも気になる方は、シャープのプラズマクラスターのような抗菌・消臭機能に注目。温風と殺菌機能のコンビで効果が高く、お子さんや高齢者がいる家庭におすすめです。

SHARP(シャープ)『ふとん乾燥機 UD-BF1』:

出典:Amazon

アタッチメントを装着して「くつ乾燥」ができるほか、プラズマクラスター搭載で小空間の空気浄化や消臭などにも対応します。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)