仮面ライダー最新映画にオジンオズボーン 篠宮暁が一般エキストラにまぎれて「隠れ出演」

12月21日(土)公開の映画『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』に、ネット番組『ウラ仮面ライダー』でMCを務めるオジンオズボーン 篠宮暁が”隠れ出演”を果たしたことが明らかになった。今年10月に自身のSNSアカウントで公開した「#秒で漢字暗記」シリーズでも話題の篠宮は、かねてより特撮番組のファンであることを公言しており、関連番組やイベントへの出演に加え、仮面ライダーシリーズへの出演も『仮面ライダー電王』第41話、『仮面ライダーディケイド』第14話に続き3度目となる。

今回の映画へのエキストラ出演は、篠宮がMCを務めるネット番組『ウラ仮面ライダー』の映画公開直前企画にて実現した。『ウラ仮面ライダー』の番組内では実際の撮影現場でのエキストラ参加者の皆さんの裏側に篠宮が密着。
さらに、現場に潜入した篠宮自身もエキストラとして映画のあるシーンに”隠れ出演”することに。『ウラ仮面ライダー』でしか見られない映画撮影舞台裏への篠宮の潜入レポートは、12月29日(日)配信開始の『ウラ仮面ライダー』第10話にて視聴できる。

井桁弘恵「(篠宮が)どこにいたのかわからなかった」
鶴嶋乃愛「だいぶ溶け込んでいた」

また、12月15日(日)配信開始の『ウラ仮面ライダー』第09話では、仮面ライダーゼロワンのヒロイン2名、イズ役・鶴嶋乃愛、刃唯阿/仮面ライダーバルキリー役・井桁弘恵へのインタビュー映像も公開。2人が語る映画の見どころも必見だ。

インタビュー内では、井桁が「(篠宮の出演は)耳にしていたが、どこにいたかわからなかった」、篠宮が「目の前にいたのにA.I.M.S.の2人にガン無視された」と語り、鶴嶋が「だいぶ溶け込んでいた」とフォローする一面も。ある意味立派にエキストラとしての役目を全うした篠宮の出演シーンに、果たしてあなたは劇場で気がつくことができるだろうか!?

■『ウラ仮面ライダー』概要
仮面ライダーをより楽しんでもらうために、キャスト・スタッフがストーリー解説や過去話、制作秘話やなど様々な裏話をぶっちゃけるネット番組。『S ウラ仮面ライダー』はテレビ朝日仮面ライダーゼロワン番組公式HPにて、『L ウラ仮面ライダー』は東映特撮ファンクラブおよびビデオパスにて隔週日曜日に配信開始している。(※SとLでは、トーク内容が異なります。)


●オジンオズボーン 篠宮暁 コメント

令和元年の最後に最高の映画にエキストラとして出させてもらいましてありがとうございます。
他のエキストラ参加者の方とも合間の時間にいろいろお話させていただき、皆さんのライダー愛をひしひしと感じさせていただきました。
主演の高橋さんとは取材で一度だけお会いしただけなのにわざわざ僕のところまで来てくださり挨拶してくれました。さすが主演たる器と感動しました。鶴嶋さんも同様にしてくださったのですが、僕のあまりにも高いエキストラ力のせいか、はたまた演技にめちゃくちゃ集中されていたせいか、A.I.M.S.のお二人は僕に全く気付いてくれませんでした。
その哀愁もきっと出ていると思うので、是非無視されて可哀想な男を探してみてください。

(C)東映特撮ファンクラブ
(C)2019 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
「ゼロワン/ジオウ」製作委員会 (C) 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
◆東映特撮ファンクラブとは?
「仮面ライダー」や「スーパー戦隊」シリーズなど、東映がこれまで制作してきた膨大な特撮ヒーロー作品200タイトル以上が”24時間365日”見放題になるほか、東映特撮ファンクラブが制作したオリジナル番組の視聴やコラムの閲覧、イベント先行予約申込、限定グッズ購入など、さまざまな「ファンクラブ特典」が付属するアプリサービスです。※サービスをすべて楽しむには月額960円(税込)の会員登録が必要です。