12月相場は、株価動向に影響を与える重要なイベントが数多く控えている月です。11月に手仕舞った米国ヘッジファンドが買戻しに動く一方で個人投資家の節税対策売りも出やすく、売り買いが交錯して値動きが荒くなる傾向があります。

◆12月株式市場はREITが狙い目?
12月相場は、株価動向に影響を与える重要なイベントが数多く控えている月です。11月に手仕舞った米国ヘッジファンドが買戻しに動く一方で個人投資家の節税対策売りも出やすく、売り買いが交錯して値動きが荒くなる傾向があります。

今回は、12月の株式市場の傾向について調べてみました。

◆12月株式市場の傾向は?
11月に米国の投資信託やヘッジファンドの決算が終わるため、12月は手仕舞った株の買い戻しが入るといわれています。

一方で、個人の節税対策の売りが出やすいことから売り圧力が強まりやすい月でもあります。その後、個人の節税対策の売りが一巡し売り圧力が弱まると再び買い圧力が強まり、株価は年末に向けて大きく上昇に転じるといわれています。

これは相場のアノマリー「掉尾の一振(とうびのいっしん)」として投資家に広く知られています。

今回は、こうした12月の株式市場の動向について、過去の株価データから統計的に検証してみました。

◇検証の条件
検証対象:全銘柄
検証期間:1990年3月1日~2019年10月31日
1銘柄当たりの投資金額:20万円

買い条件
・11月末の寄り付きで買い

売り条件
・25営業日経過後の翌営業日寄り付きで売り

11月末に全銘柄を購入し、25日経過後に売却した場合について検証を行います。仮に、勝率が50%以上で損益がプラスならば、12月は株価が上がりやすい月となります。反対に損益がマイナスであるならば、12月は下がりやすい月といえます。

以上のルールで過去のデータを用いて検証した結果は、以下の通りです。

◆12月株式市場の検証結果
システムトレードの達人
勝率:48.90%
勝ち数:42,636回
負け数:44,554回
引き分け数:2,132回

合計損益(率):-51,376.80%
平均損益(率):-0.58%

合計利益(率):353,834.14%
平均利益(率):8.30%

合計損失(率):-405,210.94%
平均損失(率):-9.09%

プロフィット・ファクター(合計利益÷合計損失):0.873
平均保持日数:27.89日

以上が、株式市場の傾向(12月)の検証結果です。検証結果を見てみると、勝率は48.90%、平均損益は-0.58%となりました。勝率はほとんど五分五分で資産は0に近く、全期間で見れば目立った傾向はなさそうです。

ところで、12月20日頃から12月相場のアノマリー「掉尾の一振(とうびのいっしん)」が始まります。「掉尾」とは「最後になって勢いが盛んになる」という意味ですが、個人投資家による節税対策の売りが一段落したあと、年末にかけてドレッシング買いが始まり株価が上昇するといわれています。

「12月20日以降に全銘柄を買い付け、年明け以降に売却する」という条件式で簡単な検証を行ったところ、勝率は64.76%、平均損益は2.34%となり、先ほどの検証よりも成績が向上することが確認できました。

12月の投資戦略を考える上で「掉尾の一振」を利用した投資戦略を組むと、利益になりやすいトレードを行うことができるでしょう。

特に、年末年始の大納会や大発会の時期はご祝儀の意味を込めた買いが入る「ご祝儀相場」と呼ばれ、株価上昇しやすいといわれています。「掉尾の一振」と「ご祝儀相場」の傾向を利用すれば、トレードチャンスの幅も大きく広がるでしょう。

次は、12月相場において特に成績が好調だった個別銘柄をご紹介しましょう。

◆12月好調銘柄ランキング
システムトレードの達人
表は、先ほどの検証によって出された高勝率銘柄のランキングです。12月相場は「ケネディクス・オフィス投資法人<8972>」「ジャパン・ホテル・リート投資法人<8985>」などの「不動産投資信託(REIT)」と相性がいいようです。

また、12月はボーナス月でもあることから、個人投資家の投資資金が増えることが予想されます。個人投資家の資金量が増えることも成績が好調となる要因の一つといえるでしょう。12月はREITに注目してみてはいかがでしょうか。

文=西村 剛(マネーガイド)