周防正行監督「この映画が嘘になってしまう」新作主演・成田凌に“お願い”したこと
脳科学者の茂木健一郎がパーソナリティをつとめ、日本や世界を舞台に活躍しているゲストの“挑戦”に迫るTOKYO FMの番組「Dream HEART」。12月7日(土)の放送は、12月13日(金)より公開される映画「カツベン!」の監督・周防正行(すお・まさゆき)さんをゲストにお迎えしました。

周防正行監督


今回のタイトルにもなっている「カツベン」とは、「無声映画(サイレント映画)」時代に活躍した「活動弁士」の略。今から約100年前、“活動写真”とも呼ばれていた「無声映画」上映中に登場人物の声や物語の解説を担い、観客を映画の世界に誘う活動弁士が活躍しました。

*  *  *

◆「“芸の域”に高めてほしい」
茂木:「カツベン!」拝見しました。この世界が本当に素敵で愛おしくて、“ずっとここにいたい”と思うぐらい魅力的でした。

周防:ありがとうございます!

茂木:活動弁士を知らなくても、この映画を観ると全てわかるようになっていますね。

周防:はい。活動弁士は、日本映画の始めの一歩。当時のにぎやかな映画館の様子や時代の雰囲気がわかっていただけるかなと思います。

今回、活動弁士という職業に焦点を当てているのですが、活動弁士が活躍する世界を、まるで活動写真のように撮ってしまおうというのが、いつものスタイルとは違うと思います。映画の原点にあった面白さで、“みなさんに観ていただこう”という形でスタートしました。

茂木:主人公の活動弁士を演じている成田凌さんは、100人ぐらい集まったオーディションで選ばれたそうですね。

周防:毎日、若い役者さんと会い続けたんですね。僕が今の若い役者をあまり知らなくて。どんな人たちがいるのか、お会いして話をする良い機会だと思ったので。オーディションというよりも面接みたいな感じですね。いろんな役者さんと面接をして、最終的に成田さんに出ていただくことにしました。

茂木:成田さんの活動弁士役、ハマってらっしゃいましたね!

周防:そうですね。この映画で初めて、活動弁士の“喋り”を聞く人が多いと思います。“活動弁士の喋りってすごい!”“面白い!”と思っていただけないと、この映画が嘘になってしまう。成田さんには「活動弁士の語りを“芸の域”に高めてほしい」とお願いして、本当に一生懸命練習してもらいました。

茂木:ヒロイン役に抜擢されたのが黒島結菜さん。綺麗で独特の存在感がありますね。

周防:そうなんです。あんなに可愛くて綺麗なのに、オーディションのときに“私は本当にここにいていいのだろうか”みたいな、迷いを感じさせるような子だったんですね。女優という仕事に対して、まだ信じきれてないというか。若者らしい迷いを感じて。それがすごく、この映画のヒロインにぴったりだなぁと思って、彼女にしました。

◆「“活動弁士”という言葉は知っていたけど…」
茂木:この映画には、竹中直人さんや渡辺えりさん、小日向文世さんという、周防映画お馴染みの俳優さんたちも出ていらっしゃいます。

周防:今回初めて、自分の脚本ではなくて。「それでもボクはやってない」以降ずっと、助監督として一緒に仕事をしていた片島章三さんが書いてくれたのですが、脚本を読んでいくうちに、それぞれの役を演じる彼らの顔が浮かんできて。

茂木:「カツベン!」は、いろんな伏線があったり、人間模様も非常に複雑に絡んでいたりするのですが、物語としてスッと入ってくるんですよね。

周防:それは片島さんの力だと思います。片島さんの脚本を読んだとき、活動弁士という言葉は知っていたけど、“これまで無視してきていたな”って反省したんです。

学生時代、サイレント映画をよく観ていたのですが、“サイレント映画は、サイレントで観てこそ監督の意図がわかるんだ。監督はサイレントで撮っているんだから、完成形はサイレントだ”と信じ込んで観ていたんです。

外国映画には活動弁士がいなくて、字幕と音楽だけ。なので、そういう考えはなかったんですけど、日本映画については、“活動弁士は邪魔だろう”と思っていたんですね。それが片島さんの脚本を読んだときに、明治・大正・昭和……と日本製のサイレント映画を、“サイレントのまま観ていた人なんて、この世にいなかったんだ”と思ったんです。

茂木:作る側も、活動弁士が入る前提で撮っていたということですね。

周防:はい。そうすると、今までの僕の見方って違うんじゃないかなと思ったんです。監督は、活動弁士の喋りも音楽も、あとで入ることがわかったうえで撮っていた。そうなると、映画のなかで、そのための準備は絶対しているはずじゃないかと。活動弁士が日本の映画監督に与えた影響なども改めて考え始めたんです。“初期の日本映画って何だったんだろう”と思って、この作品を撮ろうと思いました。

次回12月14日(土)の放送も、引き続き周防監督をお迎えしてお届けします。どうぞお楽しみに!

現在、番組Webサイトでは、周防監督の最新作「カツベン!」の劇場鑑賞券をプレゼントしています。ご希望の方は、必要事項を明記の上、「メッセージフォーム」よりご応募ください!(締め切り:12月13日(金)23:59まで)

<番組概要>
番組名:Dream HEART
放送エリア:TOKYOFMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週土曜22:00~22:30
パーソナリティ:茂木健一郎
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/dreamheart/