森田望智

12月15日放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系、毎週日曜23:00~)は、話題のドラマ『全裸監督』に出演している女優の森田望智に密着する。

山田孝之が80年代伝説のAV監督・村西とおる氏を演じるこの作品で、森田はヒロインのセクシー女優・黒木香を熱演。当時を知る人には懐かしい、まるで本人のような話し方、そして自ら“わき毛”を生やして挑んだ文字通りの“体当たり演技”を披露。10月の韓国・釜山国際映画祭では“最優秀新人賞”に輝くなど、世界から賛辞が送られている。

その一方で、これまでほぼ無名だった彼女を知った人々が「あの子は何者?」と騒いでいるのも事実。実は芸能活動の期間こそ長いものの、大きな仕事をつかむことができずにいた苦労人でもある。「もう最後かもしれない……」そんな覚悟で受けたのが『全裸監督』のオーディションだったという。

番組では、『全裸監督』を機に、映画やドラマ、CMと様々なオファーが舞い込むようになった彼女の日々を取材。「作品を両親と見た」というまさかの告白から始まり、ずっと憧れだった映画祭のレッドカーペットの舞台裏や、謎多きプライベートにも密着する。

また、『全裸監督』の役作りの時にも受けたという演技レッスンにも同行。なぜか“動物の絵”を手にレッスン場に向かった彼女。カメラが捉えた衝撃の光景とは?