映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」の来日記者会見に登場したデイジー・リドリーさん

 人気SF映画「スター・ウォーズ」シリーズの完結編「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」(J・J・エイブラムス監督、12月20日公開)の来日記者会見が12月12日、東京都内で行われ、レイ役のデイジー・リドリーさんやフィン役のジョン・ボイエガさん、ポー役のオスカー・アイザックさん、C-3PO役のアンソニー・ダニエルズさんらが登場。シリーズ完結作となる今作の公開を目前に控え、キャストが現在の心境を語った。

 デイジーさん「終わってしまうのは一抹の寂しさがありますが、皆さんと分かち合えるというワクワクしている気持ちもあります」と明かすと、オスカーさんは「正直、まだ公開しなくてもいいんじゃないかなという気持ちもあります(笑い)。公開するということは、楽しい時間を過ごしている友人たちと、さよならをすることなので、もう少し作品を仕上げませんか」とちゃめっ気のあるコメントで、周囲を笑わせていた。

 またジョンさんも「今作は撮影中、本当に最高の思いをして、笑いながら過ごしました。これから皆さんの手に渡るということでワクワクしていますが、悲しい思いもしています。なぜなら、現場で毎日いたオスカーとデイジーに会うこともなくなるだろうと思い、ほろ苦い思いです」と、2人に同意していた。

 アンソニーさんは「私たちにとってワクワクするのは、あと数日で、世界中に秘密にしていたことを、秘密にしなくてもよくなるということですね」と、安堵(あんど)の表情を浮かべていた。

 会見にはエイブラムス監督、プロデューサーのキャスリーン・ケネディさん、脚本のクリス・テリオさんも出席。

 「スカイウォーカーの夜明け」は、「新たなる希望」から続くシリーズに幕を下ろす作品。祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継ぎ、銀河の圧倒的支配者となったカイロ・レン、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの思いを引き継ぎ、フォースの力を覚醒させたレイたちの活躍が描かれる。