ホンダジェット 先進の小型ビジネスジェット機 中国で初号機引き渡しへ

ホンダの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニー(以下HACI)は、「ホンダジェット」の最新型である「ホンダジェット エリート」の中国での引き渡しを開始した。 HACIは、2019年8月に中国民用航空局 (Civil Aviation Administration of China) からホンダジェット エリートの型式証明を取得している。そして12月11日、HACI本社にて中国におけるディーラー「ホンダジェット チャイナ」への初号機引き渡しを行った。 ホンダジェット チャイナは、ホンサン・ジェネラル・アビエーションにより運営されている企業だ。2018年1月より、広州白雲国際空港に拠点を置き、中国における販売および各種サービスを行っている。 ホンダジェット エリートは、ホンダ独自の主翼上面エンジン配置やGE Hondaエアロ エンジンズ製「HF120」エンジン搭載に加え、エンジンの新ノイズ低減インレット構造、最新のアビオニクスシステムや安全性制御技術などを採用した先進の小型ビジネスジェット機である。クラス最高水準の最高速度、最大運用高度、航続距離、燃費性能、広い客室および大容量の荷物室を実現している。小型ビジネスジェット機カテゴリーにおいて、2017年と2018年に2年連続でデリバリー数世界No.1を達成し、現在、約140機のホンダジェット、ホンダジェット エリートが世界中で運用されている。

ホンダ エアクラフト カンパニー取締役社長 藤野 道格氏は、こう述べた。「中国でのデリバリーを開始したことはHACIにとって大きなマイルストーンです。中国のお客様にも小型ジェット機での移動によるさまざまな優位性を広く知っていただき、ホンダジェットの優れた性能により、効率的かつ快適な移動手段を中国においても提供していきたいと思います。また、中国のジェネラル・アビエーション市場が着実に発展する中で、新たな価値を生み出すことを期待しています」

ホンダジェット チャイナ社長 銭誠氏は、「本日、中国へのホンダジェット エリート初号機の引き渡しが行われたことは、ホンダジェットが中国市場に参入する大きなステップです。ホンサンは機体の運用およびメンテナンスにおいて、中国のお客様に素晴らしいサービスを提供していけると確信しています。その優れた性能で、中国のビジネスジェット市場をさらに成長させていきます」とコメントした。