秋吉久美子、大友康平、陣内孝則、浅香唯、芦名星、梅沢富美男、東国原英夫

浜田雅功(ダウンタウン)のMCで芸能人の隠れた才能を専門家が査定しランキング形式で発表する知的エンターテインメント番組『プレバト!!』(MBS・TBS系、毎週木曜19:00~)。12月12日の放送では、浅香唯、芦名星、陣内孝則が初登場する。

「俳句の才能査定ランキング」は、初登場の陣内、浅香、芦名に加え、秋吉久美子、大友康平ら東北と九州出身のゲストが大集結。夏井いつき先生から出題されたお題は、そんな地方出身のゲストになじみのある「羽田空港からのモノレール」を写した写真で、発想を飛ばして故郷について詠むこともでき、実感を込めやすいお題。上京してきた当時のことを振り返りながら渾身の1句を詠む。

意気込みについて聞かれると、大友は「詞を書いているから言葉のセレクションには自信がある」と明かし、陣内や浅香もかつて作詞していた経験があると自信満々。そんな自信あふれるゲストに対し、夏井先生は「勘違いしてるんじゃない? という人もいた」とバッサリきる。また、夏井先生が激怒する一幕もあり……。夏井先生の逆鱗に触れた句を詠んだのは誰か?

さらに、永世名人への道を目指して昇格試験に挑むのは、名人10段の梅沢富美男と東国原英夫。「今日は気合入ってますよ!」と鬼気迫る梅沢が、1つ星獲得を目指す。

一方、「絵手紙の才能査定ランキング」には、秋吉、大友、浅香、水谷果穂が登場。水谷は、以前「水彩画査定」で才能アリを獲得しており、「自信持ってきました!」と意気込む。水彩画を習っていたという水谷だが、絵手紙で実力発揮なるか!? 

お題は年賀状に描かれることの多い題材をそれぞれが選び、「今年お世話になった人への感謝」をテーマに絵手紙を作成。果たして、芸術センスの高い作品を生み出したのは? 

また、特待生5級のくっきー!(野性爆弾)が昇格試験に挑戦。「相手を喜ばせるために描く。ただそれだけ」とかっこよく宣言したくっきー!だが、昇格なるか?