舞台「新サクラ大戦 the Stage」のビジュアル ORIGINAL (C)SEGA (C)SEGA / エイベックス・ピクチャーズ

 セガゲームスの人気ゲーム「サクラ大戦」シリーズの新作「新サクラ大戦」の舞台「新サクラ大戦 the Stage」のメインキャストが12月11日に発表され、高橋りなさんが東雲初穂、寒竹優衣さんが望月あざみ、平湯樹里さんがアナスタシア・パルマ、沖なつ芽さんがクラリスをそれぞれ演じることが分かった。主人公・天宮さくら(関根優那さん)を含め、5人のメインキャラクターが並び立つビジュアルも公開。また、舞台が2020年3月5~8日に草月ホール(東京都港区)で上演されることも発表された。全8公演。

 「サクラ大戦」シリーズは、大正時代のような帝都・東京を舞台に一人の青年将校が帝国華撃団(帝国歌劇団)花組の若き少女たちと帝都を守るべく悪の組織に立ち向かっていく……というストーリー。1996年に第1作が発売された。新作はPS4用ゲームで、マンガ「BLEACH」などの久保帯人さんがメインキャラクターデザインを担当する。12月12日に発売される。テレビアニメ化も決定しており、2020年に放送される。

 舞台版では、2018年7月に解散したアイドルグループ「Cheeky Parade」の元メンバーの関根さんが、主人公・天宮さくらを演じる。