映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」のレッドカーペット・イベントに登場したJ・J・エイブラムス監督(左から2人目)ら

 人気SF映画「スター・ウォーズ」シリーズの完結編「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」(J・J・エイブラムス監督、12月20日公開)のレッドカーペットイベントが12月11日、六本木ヒルズアリーナ(東京都港区)で行われ、レイ役のデイジー・リドリーさんやエイブラムス監督が登場。エイブラムス監督は、今の心境を聞かれると「本当に興奮しております。どれぐらい興奮しているか表せないぐらい」と明かし、「僕は責任をすごく感じているんです。ファンの皆さんにいいもの届けたい、新しいファンを作りたい。何千時間もスタッフが一生懸命仕事して作り上げたので、ぜひ皆さんに感動を与えたいと思います」と手応えを語った。

 リドリーさんは、トークの冒頭で「日本に来られてうれしいです」と日本語でファンにあいさつ。フィン役のジョン・ボイエガさんは「日本のファンの皆さんは世界でも最高のファンの方々です」とコメント。イベント終盤には、キャストと会場のファンで、公開までの日数にちなんで“9”からカウントダウンを実施。“1”の後にリドリーさんが日本語で「フォースと共にあらんことを」と披露すると、観客から大歓声が上がった。

 イベントにはポー・ダメロン役のオスカー・アイザックさん、C-3PO役のアンソニー・ダニエルズさんや、プロデューサーのキャスリーン・ケネディさんも出席。ステージでのトーク前にはエイブラムス監督とキャストがレッドカーペットを歩き、集まったファンからの声援に応えていた。

 「スカイウォーカーの夜明け」は、「新たなる希望」から続くシリーズに幕を下ろす作品。祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継ぎ、銀河の圧倒的支配者となったカイロ・レン、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの思いを引き継ぎ、フォースの力を覚醒させたレイたちの活躍が描かれる。またハン・ソロの永遠の好敵手ランド・カルリジアンが、「スター・ウォーズ エピソード 6/ジェダイの帰還」以来、再登場する。