映画「記憶屋 あなたを忘れない」の完成披露メモリアルイベントに登場した山田涼介さん

 人気グループ「Hey!Say!JUMP」の山田涼介さんが12月10日、東京都内で行われた主演映画「記憶屋 あなたを忘れない」(平川雄一朗監督、2020年1月17日公開)の完成披露メモリアルイベントに、共演した蓮佛美沙子さんらと登場。蓮佛さんと撮影でお台場に行ったという山田さんは「まだ人がいる時間で。『これはさすがにばれるし、やばいんじゃないかな』と思ったけど、全然騒ぎにならなかったね」と意外にも気づかれなかったと説明。蓮佛さんも「山田涼介がいるのに、誰も振り向かないという不思議が……」と振り返り、山田さんは「自分まだまだだな、と感じた時間でしたね」と苦笑いで語った。

 続けて、蓮佛さんが「そのとき山田君が、ぽろっと独り言で『いやー楽しいね』と言っていて。良かったね、と思った」と振り返ると、山田さんは「帽子もマスクもしないでこういうところ歩けるんだ、と。うれしかったですね」と笑顔。一緒に舞台あいさつに登場した佐々木蔵之介さんは「それ(気づかれないこと)は役を演じていたからじゃない?」とフォローすると、山田さんも「(演じた)大学生の遼一でいたからかもしれないですね」とうなずいていた。

 イベントには芳根京子さん、泉里香さん、濱田龍臣さん、平川監督も出席。山田さんは遼一の幼なじみの河合真希を演じる芳根さんについて「すごいですよ。悪く捉えないでほしいんですけど、化け物の類いというか……」と独特の表現で絶賛。「本読みでは、みんな手探りの中で台本を読んでいくんですけど、(芳根さんは)本読みの段階で本気でやっていて……。『もっと本腰を入れて、幼なじみ(役)として、できることはやっていこう』と思った」と語っていた。

 映画は、「第22回日本ホラー小説大賞」の読者賞を受賞した織守きょうやさんの同名小説(角川ホラー文庫)が原作。遼一(山田さん)は年上の恋人・杏子(蓮佛さん)と幸せな日々を送っていたが、プロポーズをした翌日から連絡が取れなくなり、数日後に再会した杏子は、遼一の記憶だけを失っていた。遼一は人の記憶を消せる「記憶屋」という人物がいることを知り、高原(佐々木さん)や真希(芳根さん)らと、杏子が記憶を失った原因を探す。その先には、彼らの運命を変える真実があった……というストーリー。イベントでは、映画の主題歌が1975年にリリースされた中島みゆきさんの「時代」に決定されたことも発表された。