サカナクション山口一郎に質問「アルバムを出してモテた?」
サカナクションの山口一郎が、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。番組が用意した質問に答えていきました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! UNIVERSITY サカナLOCKS!」12月6日(金)放送分)



山口:今回は、山口一郎がどんな質問にも一問一答で答えていく新たな講義『一問一郎』を行います。カードを裏返すまで、どんな質問が出てくるのか私には分からない。でも今回は、タブーなしで答えていきたいと思います……って、僕、台本を読んでいるんですけど(笑)。答えなきゃいけないんですね?(笑)。じゃあ……いく? やってみないと分からないよね。よし、いきますよ。「♪どれにしようかな〜、神様の言う通りっ!」。

【Q.クラブのイメージが、また悪くなったことをどう思いますか?】

山口:あー…………Sさんね。でもクラブってイメージ悪くないと、遊びに行ったときに面白くなくないですか? なんか、悪い所に行くっていうあのドキドキ感がないと、クラブに行く面白さがない気がするけど……。

例えば、ジェットコースターに乗るときに、ただ一直線のやつがシューンっていくだけだったら面白くなくない? アップして行って「落ちる落ちる……ワーッ!」て、曲がって「ブワーッ!」てなるのを乗る前に外から見ているから、乗りたいって思うわけでしょ? 一直線にシューンっていくのを見たって、乗りたくないじゃないのよ。なので、「こういうところに足を運べるようになった僕、大人」、「私、大人になってきた」って、そのドキドキ感も味わおうよっていう。

ただ一個思うのは、“クラブ”っていう言い方はもうやめようって、そんな気はする。パーティとか、夜会とか?(笑)。踊り場とか……。ちょっと言い方を変えるといいんじゃないかな、って気はするよね。でもどうだろうな……例えばだよ……本当に例えばだけど、クラブに遊びに行きました、踊ってました、悪そうな人が話しかけてきました。「ちょっとこれやってみない?」って変なものを渡されたとしても、断ればいいからね! それでも、「いいからやれよ!」みたいなのは絶対にないから! それを望んで行く人がいたとしても、そこに関わらなきゃいいだけじゃん。

こういう所でも、自分っていうものをコントロールできるようになった私……大人!っていう。そういう所だと思いましょう。だから、クラブのイメージを悪くしたのは本当にあれだけど……別に、クラブのイメージは元々悪い!(笑)。

【Q.アルバム『834.194』を出して、モテましたか?】

山口:あー、全くモテないね。……え? ちょっと待って! そもそも、社会的なイメージとして、アルバムを出したらモテるの? 売れたらモテるの?……それ、どういうこと?「コイツ、小金持ってんな」っていうモテ? ちょっと有名だから?

ちなみに、アルバムを出して知名度が上がったとも思わないし、お金も入ってこなかったし。それより出したほうが多かったから(笑)。それに、人に会う場所にも行ってないっていう。

ただ、NHKにはモテたかな。いろんな番組をやれた。でも、紅白に関しては全くモテなかったね。そういう意味では、アルバム効果がそういう部分であったかな。インスタとかTwitterのフォロワーが増えたとも思わないし……。

「アルバムできたので、この仕事やれますか?」とか、「制作から解放されたので、これ出来そうですよね!」とか、「止まってたこれ、やりましょうね!」みたいなのは出てきたかなと思う(笑)。あと、そんなにモテたいって思ってないかもしれないね~……。

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK! UNIVERSITY
パーソナリティ:マンボウやしろ教授
放送日時:金曜 23:00~23:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

12/9(月)~12/13(金) SCHOOL OF LOCK! はスペシャル授業を開催!!