オーブンレンジのおすすめ5選|【焼く、炒める、蒸す、煮る、揚げる】

【この記事のエキスパート】

フリーライター&エディター:堀井塚 高

フリーライター&エディター:堀井塚 高

新聞記者、ゲームライター、パソコン系ライター、雑誌・書籍の編集者、Web編集者など出版系全般に関わり、企画・執筆・編集・校正までをこなす「校了請負人」を自称。
IT関連はもちろん、金融関連、経済関連、医療関連、ラノベ、乙女ゲー攻略本まで幅広く対応する。

家族は息子1人とスマートスピーカー6台。
好きなエヴァンゲリオンは初号機。
行ってみたい場所は仮面舞踏会。
座右の銘は「愚直」「悪党の最期なんて、そんなもんだろ」。


ガジェット系ライターの堀井塚 高さんにオーブンレンジの選び方とおすすめの商品5選を教えていただきます。従来の電子レンジが備える温め機能に加え、スチーム(過熱水蒸気)、グリル、オーブンなどの機能を備えているのがオーブンレンジ。焼く、炒める、蒸す、煮る、揚げるなど、1台でさまざまな調理が可能です。機種によって調理機能に違いがあるので、どんな機能を搭載しているかがオーブンレンジ選びのポイントになります。また、庫内容量はひとり暮らしなら20リットル以下、2人なら25リットル以下、4人なら30リットル以上を目安にしましょう。記事の後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。あわせて参考にしてください。

ガジェット系ライターが解説
オーブンレンジを選ぶポイント

ガジェット系ライターの堀井塚 高さんに、オーブンレンジを選ぶポイントを3つ教えていただきました。

健康志向ならスチーム機能付きがおすすめ

【エキスパートのコメント】

パンや中華まんもふっくら仕上がる

スチームで加熱調理できるモデルは、蒸し器なしで蒸し物を作ったり、揚げ油を使わずに揚げ物を作ったりできます。とくに揚げ物の場合は、サクサクとした食感はそのままに、油で揚げたときと比べて油分が少なく仕上がるかがポイント。

ダイエット中の方や健康志向の方にはスチーム機能付きのモデルがおすすめです。また、スチームにはパンや中華まんをふっくら仕上げる働きもあります。

シャープ『過熱水蒸気オーブンレンジ(RE-F31A)』:

出典:楽天市場

健康志向が強い方におすすめしたいモデルがこちら。スチームとヒーターの加熱によって調理するメニューが充実しています。

庫内が汚れやすいので脱臭・清掃機能付きが便利

【エキスパートのコメント】

ニオイが残ったままだと、調理に影響あり

オーブンレンジの場合、オーブン機能やグリル機能を使うと食品が焦げて煙が出ることがあり、庫内が汚れやすくなります。たとえば、焼き魚のニオイが残ったままの庫内ではケーキもおいしく焼けません。

そのため単機能の電子レンジより、手入れのしやすさを重視するといいでしょう。庫内を汚れにくくする加工を施したモデルや、庫内を自動で洗浄する機能を備えたモデルも登場しています。

庫内を2段で使えるオーブンと両面焼きグリルは効率がいい

【エキスパートのコメント】

庫内を2段で使えるタイプは、一度にたくさんの食品を調理でき、上の段で主菜を焼くと同時に下の段で副菜を温めるなどの使い方も可能です。

また、本体の上下にヒーターを搭載する「両面焼きグリル」なら、上下両面を同時に焼けるので、焼き魚やトーストをひっくり返す手間がいりません。どちらも調理時間の短縮につながるので、忙しい朝などに重宝します。

パナソニック『スチームオーブンレンジ(NE-BS2600)』:

出典:Amazon

庫内2段のオーブン、上下両面焼きのグリルともに充実したモデル。メーカーが運営するキッチン家電お助けサイトとの連携も便利です。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)