ドラマ「『サ道』2019年末SP-北の聖地でととのう-」の1シーン(C)「サ道」2019 年末SP製作委員会

 今年7~10月に放送されたお笑いトリオ「ネプチューン」の原田泰造さん主演の連続ドラマ「サ道」(テレビ東京系)が、12月28日に年末スペシャルとして復活することが12月10日、分かった。「『サ道』2019年末SPー北の聖地でととのうー」と題して、原田さん演じる主人公ナカタが、北の聖地といわれる北海道上富良野町の「白銀荘」を目指す……という展開。今作でも原田さん、三宅弘城さん、磯村勇斗さんふんする3人のサウナーが、サウナへの愛をひたすら語り合う。

 ドラマは、サウナをテーマにしたタナカカツキさんが週刊マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載している「マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~」が原作。「バカドリル」「コップのフチ子」などで知られ、サウナ大使にも任命された“プロサウナー”のタナカカツキさんが、自身をモデルとし、実体験を基にサウナの奥深さや入り方、マナーなどを描いている。

 ドラマは、ナカタ(原田さん)、偶然さん(三宅さん)、イケメン蒸し男(磯村さん)のサウナにまつわる会話をベースに、主人公のナカタが全国各地の施設を訪れる様子を描いた。シリーズ化待望の声がいまだに絶えない作品で、日本サウナ大賞、サウナの魂賞、サウナシュランの3冠を受賞した。

 なお、年末SP放送中には、2018年10月から「サウナとバイクでととのう漫画『ととのったMAGAZINE』」を連載する「ヤマハ発動機株式会社」と番組がコラボした、スペシャルサウナインフォマーシャルも放送予定だという。

 「『サ道』2019年末SP-北の聖地でととのう-」は、12月28日午後4時からテレビ東京、テレビ大阪、テレビ北海道、TVQ九州放送ほかで放送。