俳優の阿部寛さんの主演ドラマ「まだ結婚できない男」最終回の1シーン=カンテレ提供

 俳優の阿部寛さんの主演ドラマ「まだ結婚できない男」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)が、12月10日放送の第10話でついに最終回を迎える。主人公・桑野信介を演じる阿部さんは、「前作も視聴者の方の反応は最終回まで分からなかったですからね。さらに言ったら13年たったからこそ、前作がどう愛されたかがわかったので、今回も時間がかかると思います」と手応えを語る。阿部さんが、最終回の見どころを語った。

 ドラマは、2006年7~9月に放送された連続ドラマ「結婚できない男」の続編。前作は、偏屈で独善的で皮肉屋だが、どこか憎めない独身の建築家・桑野信介(阿部さん)が、女性との出会いをきっかけに恋愛を意識し、結婚を真摯(しんし)に考えるまでの日常を描き、話題となった。続編は、前作から13年後が舞台で、変わらず独身で「偏屈さにさらに磨きがかかった」という桑野の日常を描く。前作に続き、尾崎将也さんが脚本を担当した。

 ◇今作は「チャレンジ」

 前作出演時について、「人間的に深みのある役をしっかり演じ切り、自分にとって確たる作品がほしいなって思っていた時期」と話した阿部さん。「当時、この作品が世の中に受け入れられ、たくさんの方が見てくださったことで、明らかに自分の代表作にもなりましたし、桑野を演じ切ったことで自信がついた作品でもありました」と振り返る。

 今作出演を「チャレンジ」と表現した阿部さんは、「50代に入って、前作から時間がたっていますから、僕自身新たな視点から描いていったらどういうものになるかな?って」と明かす。

 「続編が制作されるのがもっと早かったら、そういう思いにはならなかったと思います。同じように演じなきゃいけないって思ったはずだし、13年たったからこそ、新しいドラマを作る気持ちで臨めました」と話す。

 ◇「いろんな意味でプラスの気持ちになって」

 前作同様、今作でも、ドラマに登場するパグ犬に注目が集まった。今作に出演するパグのタツオとの撮影について、阿部さんは「幼いころから犬を飼っていたので“タツオは僕に任せてください!”と言ったくらい、自信はありました。それなので撮影現場でも、半分は任せてもらっていました」と撮影エピソードを明かした。

 最後に、最終回の見どころについて、「もう何も言うことはありません。桑野の恋の行方はどうなるかをぜひ見ていただきたい」と話した阿部さん。「どんな形でもいいから、この作品、そして桑野を見て、皆さんに楽しんでいただきたいし、救われるような気持ちになってほしい。いろんな意味でプラスの気持ちになってくれることを一番に望んでいます」と呼びかけた。