寺岡呼人とトータス松本が「妄想」「ブルース」を肴にカーリングシトーンズを語る

寺岡シトーン(寺岡呼人)、奥田シトーン(奥田民生) 斉藤シトーン(斉藤和義) 浜崎シトーン(浜崎貴司) キングシトーン(YO-KING) トータスシトーン(トータス松本)からなるカーリングシトーンズ。チケット争奪戦となった去年の1回限りのライブで活動は終了かと思われていたシトーンズがなんとアルバムをリリース。寺岡シトーンとトータスシトーンが語ったアルバム制作秘話をお届け。寺岡が語った「僕らのためだけじゃなくて音楽に携わる全ての人達に勇気を出す前例だと思ってるから」の真意とは?

―本当に凄い面子が集まっているスーパーバンドなので、スケジュール的にも権利的にもアルバムまでリリースするとは正直思っていませんでした。リーダーの寺岡シトーンさんに聞きたいんですが、アルバムリリースは始動当初から予定していたんですか?

寺岡:実は全然予定してなくて(笑)。6人のバンドなので、僕がどれだけやりたくても、皆がやりたいっていう空気じゃないと進まないのは大前提なので。でも、ライブのために曲を作ってそれが終わった後に、何となく皆の中で楽しかったっていうのが少しあったと思うんですよ。その中でアルバム作ろうかみたいな感じになっていったんです。



―アルバムを作るという話になった時、トータスシトーンさんはどう思いましたか?

トータス:自然の流れのような気がしましたね。だってもったいないよね。ライブ向けに作った音源があって、どこにも出さないってもったいないなって単純に思ってたんで。キングシトーンも「別に録り直す必要なんか全然ないよ。ライブ用に曲を作ったデモのまま出しちゃえ!」って言ってて。そりゃ確かに斬新やなと。

―アルバム制作にあたり合宿をやったとか?

トータス:仕上げのね。曲によってはまだ打ち込みドラムやったりする曲とか、ギターがすっごいラフな演奏やったり、歌の振り分けもできひんまま、何となくざっくり仕上げてたやつとかあったので。で、ライブの時はその歌の振り分けちゃんとしたし、ライブで固まったアンサンブルもあったので、もうちょっとちゃんとした形でディスクに落とし込みたいなとか、そういうのが出てきたから合宿しようって言い出して。

―言い出したのは寺岡さん?

トータス:そうなんですよ。たまたま日程が合ってしまって(笑)。たまに揃うのがすごいよね。やれっ!て言われてるみたい(笑)。

寺岡:そもそも去年のライブでもリハーサルで6人集まる日が一日もなかったんです。だからデモテープを作らないと絶対に間に合わないので、アルバムを出すためのデモテープというよりは、ライブをするためのデモテープ作りを、曲を持ちよって、ここ(寺岡シトーンのプライベートスタジオ)でやったんです。スケジュールが空いている人がここに来て、いる人で何かやるみたいな感じです。なんかホワイトアルバムみたいな(笑)。その時のデモテープの音源をほぼ流用して、足りないところだけを今年6月に合宿でレコーディングしたんです。

―合宿って、本当に一つ屋根の下寝食を共にしてレコーディングしたんですか?

寺岡:そうなんでよ。むしろね、合宿してなかったらリリースに間に合わなかったかもね。

トータス:確かに!


ロックスターたちの合宿生活

―合宿はどんな感じだったんですか?

トータス:昼前ぐらいにワラワラと集まって、ご飯を食べる人は食べて。それで昼ぐらいからスタジオに入って、何かしらから音出し始めて。夕方過ぎたらもう酒飲み出して。気が付いたら終わってるという(笑)。けど、夜中に和義君がいきなり「トータス、ちょっと曲できたからドラムで付き合ってよ」とか言われて、二人でスタジオ入ってセッションしたりとか。何か自由な感じでしたよ。

寺岡:そうそう、緩いんだけどやるみたいな。緩急が素晴らしかった。

トータス:我々、ある程度日数と場所さえ提供してもらえたら、アルバムなんかすぐ作れる。俺、今、言ったな(笑)。

―2枚目のアルバムはすぐいけると?

トータス:すぐ作れるね(笑)。

寺岡:メーカー的にはニヤリとしてるはずです(笑)。でも、今回の合宿って、ローリングストーンズがキースのフランスの家に集まってレコーディングしたことがあったけど、ああいう感覚ってもしかしたらこういう感じだったのかなと思いましたね。あれは合宿したからこそ生まれた、何か一つのマジックというか。

トータス:まさに!だから、マッスル・ショールズに行ったときも曲もほとんどなかったっていうね。だけど、何日間かで4曲も録ったんだぜ! すごいだろ!とか言って、あそこにはマジックがある!とかキースが言ってた。

―それはマジックではなくドラッグですよね(笑)。

トータス:間違いなくそうだ(笑)。いいように言うからなぁ。けど、場所があって、メンバーが集まって、そのメンバーのエネルギーが充実していれば、ものはできるもんやなっていう感じはしましたね。

―シトーンズの場合、一緒にやってきたバンドのメンバーではないわけじゃないですか?

トータス:そうやねえ。

―仲が良いとはいえ、制作、しかも合宿となると、ギスギスしたりとなかったんですか?

寺岡:全くない。全くない。

―やっぱりムードメーカーは、トータスさんと民生さん?

寺岡:皆だよね。

トータス:みんなそれぞれ普通にしていれば面白いというか。誰も無理してないんだよね。

寺岡:それはそうだよね。

トータス:誰がどういうこと主張するってこともなかったし。

―演奏に関しても、綿密な計画の元ではなく、集まったらなんとかなるみたいな?

トータス:そうそう。「俺弾くわ」みたいなものもあれば、「弾いてよ」、「おお分かった」ってのもあるし、そこに特に「えー!?」ってのはなかったし。


左からトータスシトーン(Vo, Gt, Dr)、寺岡シトーン(Vo, Gt, Ba, Key)(Courtesy of DREAMUSIC)

―これだけのキャリアと腕のミュージシャンだからこそできたことだとは思いますが、その贅沢なメンバーでこのふざけた内容なのがまた最高ですね。

トータス:アハハハ。ふざけてるつもりはないけど(笑)、あんまり肩に力は入ってないんやろうね、皆。


「適当なんだけど、もはや必然」

―それが1曲目の「スベリ知らずシラズ」から全開ですもん。この曲、モロにストーンズで、しかもトータスの「ガットゥー」っていうシャウトがモロにミック! 思わず爆笑しました。

トータス:アハハ!ありがとう。

寺岡:「スベリ知らずシラズ」の曲作りもここでやったんですけど、最初からここはトータス君が歌うとか決めてなく、「じゃあ、ちょっと歌ってきてよ」とか、「もう一本のギターやってよ」とかだったんです。でもそれがあたかもそこじゃないといけなかったようにハマってしまうようなマジックがいろんな曲にあるような気がするんですよ、今回のアルバム。適当に言ってるんだけど、もはや必然性みたいな。

トータス:そうそう(笑)。



―同世代でしかも音楽的なルーツもシェア出来ているのも大きいんでしょうね。

トータス:ただ、お互いをよく知っているからこその変な緊張感もあるにはあるんよ。だって、ここのスタジオ小さいから、俺が民生君の曲のギターを弾いてるすぐ横に、民生君が座っていて、で、僕のギターをグーっと見てたりすしたし。

―アハハハ! それはやりにくいですね

寺岡:普通の商業スタジオだったら、休憩するロビーとかあるじゃないですか? でもここは部屋を改造しただけだから、座る場所も今喋っているソファー1個しかない。だから、本当に皆が見合ってやるしかないんで、いちいち恥ずかしいとか言ってらんないんですよね。

―スタジオはここ以外のチョイスはなかったんですか? この面子なら予算もまあまああったとは思うのですが?

寺岡:さっきも言った通りレコーディングする予定じゃなかったから。あくまでもライブ用のデモを録るためだったので。

トータス:せやね、スタジオ入って、「これAメロ二回続いてサビいって、その次どうする?」とか言ってたら、一曲作るのに一日かかるからね。それをとにかく潤滑にやるためには曲の元を作ろうっていう。さすがプロデューサーやね。賢いよ!

―寺岡プロデューサーの手中にまんまとハマってしまったと?

トータス:まさにそうやねん!!

寺岡:さっきのインタビューでも「さすがはプロデューサー!」を何回も言ってたし(笑)。

トータス:そうやったっけ(笑)? でも、ここで曲がどんどん姿かたちをはっきりさせていくのは楽しい作業だったよ。「おお、さっきまで俺の弾き語りだった曲がこんなすごい曲になってる!」とか。

―演奏だけではなく、歌詞もユニークですよね。例えば、「B地区」はファンキーの曲に乗せてエッチなことをただおじさん達が言い散らかしてます。

トータス:そうなの。それだけのこと。歌じゃなかったらハラスメントやね(笑)。

―だと思います(笑)。その一方で全員が50歳を過ぎているから書ける歌詞もあって。例えば、トータスさんのご機嫌なブルースナンバー「夢見心地あとの祭り」に出てくる「浜ちゃん大丈夫? よひー生きてる? キング食ってる? 和義君聞いてる?」ってなんかキュンと来ました。これはレコーディング中のメンバーの状態ですか?

トータス:レコーディング中のことじゃないんよ。何かね、ライブ自体が夢見心地で、よくあるんやけど、ライブが楽しすぎて、で、家帰ったら、あれ? 1〜2時間前まであんな大勢の前でワーって歌ってたのに、なんか俺今、缶チューハイ飲んでんねんなぁとか。ほんまに、ふと夢やったんやろかっていう瞬間ってあるんよね。そういう気持ちをブルースに落とし込んだ時に、浜ちゃん分かる? 和義君聞いてる?って。皆はどう思ってるんかなって、ちょっと皆に聞いてみたいなっていう感じのパートかな。でもたぶん皆も共通の認識あると思うけどね。何かふと急に普通のおっさんになってる時あって。あんなに俺人気者に感じちゃったのは何やったんやろ?ってあるんよね。

―祭りのあとの素に戻った時の瞬間みたいな?

トータス:そうそう。ライブが終わって外に出て、普通に街の灯りがあって、ああ、腹減ったなって思ってる自分とかね、変な感じがするんよね。例えば家の近くに帰ってきて、マンションの明かりとか見たら、俺がさっきまで歌ってたことなんか誰も知らんねやろなあ、この人らはって思った時に、エンターテイメントって、何か面白いなあって思うもんね。

寺岡:あの歌の最後、「また今夜夢で逢おうぜ」で終わるけど、なんでそういう歌詞にしたの?

トータス:だから結局そこに戻りたいってこと。夢はライブのことやな。「今夜夢で」っていうのは、寝たあとに見る夢じゃなくて。何かまたそういう時間一緒に夢みようよって。そういうことが言いたかった。

寺岡:俺、最後のあの持っていき方がすごいなってずっと思ってて。あれはすごく音楽的な歌詞だよね。


プロデューサー、寺岡シトーンの凄いところ

―と、プロデューサーにお褒め頂いてますが、トータスさんが今回のレコーディングで感じた寺岡さんのすごいところってどんなところですか?

トータス:アルバムの最後に入っている「涙はふかない」の詞は2人の共作なんやけど、説明があるんよ、最初に。こういうことがあってこういう曲をもし作って聴く人がいた時に、すっごい泣けると思うんやけど、一緒に作ろう!とか。

寺岡:アハハハ。

トータス:そういう具体的なイメージをめっちゃ持ってんの、いつも。



―それは、トータスさんやウルフルズでやってきた制作の方法ではないと?

トータス:そうやね。僕らの場合はそこまでイメージしていない場合が多いね。やっぱりよひーはプロデューサー脳というか。こういう人らに聴かせたいイメージがあるっていう風に投げてくることが多いね。「涙はふかない」の歌詞にあるように、悔し涙も嬉し涙も同じ目から流れるし、そういういろんな思いをそれぞれが持って生きてる、何かそういうことを歌って人を元気づけられたらって。飲みながらやけど、めちゃ語るんよ。

―寺岡さんはそういう制作のスタイルなんですか?

寺岡:僕のやり方ってマーケティングじゃなくて、妄想? どっちかと言うと(笑)。今の時代はこうだからっていうマーケティングよりは、きっと僕ら世代のファンの人達は今ちょうどこれぐらいで、頑張ってんじゃないかな? だから、俺達がこういう感じで歌ったら、きっと何か元気もらうんじゃないのかなあみたいな妄想に付き合ってもらってる(笑)

トータス:でもね、その妄想を聞かされて、なるほどなあっていつも思うよ。他にも聞かされた妄想はあるんやけど、そのアイデアを言って、誰かにパクられたら嫌やから言わへんけど。でも、何個かあるんよ、その妄想のストックが。

―それはメロディやタイトルのアイデアではなく具体的なシチュエーションがあるってことなんですか?

トータス:それ! シチュエーション!

寺岡:映画監督って数年に一本しか作らないでしょ? 知り合いにも映画監督がいるんだけどアイデアの宝庫なんですよ。黒澤だってやりたいこと常に20ぐらいあるけど、結局実現するのが5年に1回とか3年に1回みたいな感じなわけで。でも、音楽はまだ実現しやすい。でも、そういう意味では、ちょっと監督とかプロデューサーに近いのかもしれないですね。作品のイメージの妄想ストックがすぐ出てきちゃうんです。

トータス:手塚治虫だって晩年のインタビューの映像残ってるけど、「アイデアはバーゲンセールするぐらいあるんですよ。ただね画が描けない、僕はもう描けない」って言うてるもんね。そういうアイデアをよひーはガンガン投げてくる。僕だったら何とかしてくれるって思ってるのかもしれないけど(笑)。

寺岡:そう! そういうことなの!


「キングはストックが2兆曲ある」

―他のメンバーはどういう感じで曲を作ってきたんですか? これはすごいなみたいな発見はありましたか?

トータス:キングがストックが2兆曲あるっていうのが一番のすごさやろね。

―アハハハハ! それはすごいですね。民生さんはどうでしたか?

トータス:民生君は努力を絶対見せへん人やから。家でたぶん何か書いてからちゃんとした形で持ってくるのかなあ。でも「スベリ知らずシラズ」の時は、俺が遅れて来たらもうここでセッション始まってたもんね?

寺岡:うん。特にデモとかボイスレコーダーもなかったよ。

トータス:そう! 頭ではもう作ってきてるわけね。

―和義さんはどうでしたか?

寺岡:和義君は最後に曲を書いてきたんですけど、やっぱり似たような感じだったかな。

トータス:その時も俺遅れてきたら半分できとった。


Courtesy of DREAMUSIC

―トータスさんは基本遅れて来るんですか?

トータス:これがね、「○時からやってるから来れたら来て」って言われるの。上手いでしょ? ○時に来い、とは言わない。○時からこっちはやってるから来れる時間に来てって言うわけよ。そしたら僕は他の仕事して、一段落してから来れるから、こっちも気が楽なのよ。で、来たらもうやってる。

―なるほど。そういうところがプロデューサー肌をしてるという。

トータス:そうなんよ。プレッシャーかけない。絶対かけない。メンバーに対するリスペクトを忘れない。偉い偉い!

―浜崎さんはどういう感じなんですか?

寺岡:最初に曲を書いてくれたのが浜ちゃんです。で、僕の尻を叩いてくれたのも浜ちゃん。そうそう、6月ぐらいに、「あのさ、よひーさ、誘われてたやつやんの? やんないの?」って言われて、「やりまーす!」って答えたら、「具体的に何やりたいの?」みたいな感じになって、初めて僕も「うわぁ、考えなきゃ!」ってなったんです。あとは、オリジナル曲書きたいから浜ちゃんスタジオに入って曲書かない?ってなった時に、彼が持ってきた一曲が「俺たちのトラベリン」で、それがある意味「ああ、こういうことをライブでやるんだ」みたいな認識を持つ最初のきっかけになった曲でもあるんですよ。

トータス:シトーンズってもともとLINEのグループのメンバーなんだけど、浜ちゃんはたぶん、最初にLINEのグループができてから、一番こういうことをやりたかった人なんやと思うよ。でも自分が、「やろうよ」っていうのもアレやし、待ってたんやろうね。だから機が熟して、「お! やるのかついに」ってなったはいいけど、「ん? でも待てど暮らせど動きがない」って感じで、つい「どうなったアレ?」って。

寺岡:そうだ! 「やるの? やんないの?」みたいな感じで、「やります!」みたいな感じだった。

―最後に背中を押してくれたのが浜崎さん?

寺岡:うん。

トータス:で、最初に曲も書いてきてくれた。


シトーンズの活動は若いアーティストにとっても指針の一つになる

―それにしてもアルバムリリースにこぎつけるのは相当大変だったんじゃないですか?

トータス:大変やったろねえ。

―魑魅魍魎な音楽業界……人の命の一つや二つぐらい落ちてもおかしくないんじゃないかと思いますが?

寺岡:そうですね、何人か東京湾に沈んじゃってるんじゃないですか?(笑)

トータス:そういやあの人見いひんなって(笑)。

―(笑)。でも、権利関係って相当難しくて、これだけのビッグスターが集まってアルバムを作るのは、曲数2曲ずつで等分とはいえ、相当大変だったんじゃないかなって。

寺岡:たぶん日本では前例ないと思いますよ、恐らく。

トータス:そうやなあ。

寺岡:リーダーとしていつも言ってるのは、これは別に僕らのためだけじゃなくて音楽に携わる全ての人達に勇気を出す前例だと思ってるから、そこを共有して欲しいなっていうことです。それがちゃんと形になったのは、何かの新しい一歩っていう気はしてるんですけどね。

―日本ってチャリティでも一つになるのが難しい。アーティスト同士は同じ気持ちでも、システムがそれを許さないっていう状況がある。今回は影響力のある人達が集まっているので、若い人達も含めて「あ! やればできるんだ!」という前例を作ってくれた感じが大きいですよね。

寺岡:それは間違いないと思いますよ。これはメンバーの誰かと二人で飲んでてもそういう話になるんですよ。若いアーティストにとっても、すごく勇気出ることっていうか。「あ、こういうこともできるんだ」っていう指針の一つにはなるよね、みたいな話はよくしてるんですよね。

トータス:でもね、そうなんやけど、やってる最中とかね、こう取材受けててもね、何かこう特に何も思ってないんよね。で、たまに人が「すごいことやってますね」って言うから「え? そんなすごいことやってるっけ?」って思って、「あ、すごいっちゃすごいな」って思ったりして、時に噛みしめるけど。だからと言って襟を正してちゃんとやらなっていうのもないし。後輩に向けてどうしたこうしたっていうのもないし。不思議な気分なんよね。やってることは楽しいことしかやってないから。そんなに、どういう影響を与えたくてやってるわけでもないし、そこがまだはっきりぼやっとして分からへんねん。

―さて、ツアーもありますが、ライブはいわゆるアルバム再現なんですか?

寺岡・トータス:うん!

トータス:あとは曲芸(笑)? 民生君をちょっとワイヤーワークで飛ばす?(笑)。

寺岡:ドラムが回転するとかね(笑)。

トータス:わー、バカやなあ。すごいバカや。まあカーリングシトーンズやからねえ。

寺岡:前回のライブは本当誰も知らない曲をただただひたすらやったじゃないですか。今回はアルバムを出せたことによって、皆曲を知ってきてくれるっていうのは大きいんですよね。それは楽しみですよね。だから本当に発売記念ツアーみたいな感じになるんです。

トータス:惜しくもアルバム収録から漏れた曲があるからね。それもやらなあかんし。

寺岡:作った曲全部やらないと足りないんで。でもそれもかなり貴重だと思うんで。すごく楽しみです。

―今後の展開は? このスーパー・バンドは今後どういうふうになるんですか?

寺岡:今回、名古屋でツアーが終わるんですけど、名古屋のツアーの打ち上げでお疲れ様の時に、他のメンバーから「いやー、よひー、またちょっとやってよ」とか、「よひー、会場ちょっと押さえてよ」みたいなことを言われるぐらい楽しい感じで終わりたいなっていう感じがありますね。俺から「はい、次、来年どこどこ」みたいな感じにはなかなかいかないんで。メンバー皆が楽しかったとか、「またやりたい!」って思えるようなアルバムとツアーになる。それがリーダーとしての希望かな。

―と、リーダーが申しておりますが。トータスさん、どうですか?

トータス:そうなるんじゃないかな。本数も少ないし。全然足りないような感じで終わると思うんよね。だからシーズン2期待してねっていう、

寺岡:だって、ねえ、場所さえ提供されたらすぐにアルバムできるんだもんね?

トータス:そうよ! ここで6割ぐらい仕上げときゃ。

寺岡:あと4割は海外で(笑)。

トータス:それならもっとサクッとできるで。

―では次は海外レコーディングを夢見て!  やはりメンフィス辺りですか?

トータス:いやいや。やっぱりインドネシアかハワイがいいな。

寺岡:アハハハ!リゾートね(笑)。

―次作も楽しみにしております(笑)。最後にローリングストーンの読者にメッセージを。

寺岡:そもそもは、トータス君と飲んでて、ローリングストーンマガジンにカーリングシトーンマガジンみたいなシャレって面白くない?みたいなところから始まったので、僕としては、誌面をカーリングシトーンマガジンにできるまで頑張りたいなと(笑)。



トータス:まあこれも何かの縁なので(笑)。こんなふざけたバンドをどういう風に感じるか分からんけど、どんなもんかなって様子見に来てくれたらきっと面白がってもらえると思います。よろしくお願いします。

―どうせなら、ストーンズのフロントアクトぐらいまでは行くのはどうですか?

寺岡:大至急繋いでください!

トータス:ローリングストーンズwithカーリングシトーンズ。紛らわしいし、ストーンズファンにめちゃめちゃ怒られそうやなぁ(笑)。


<INFORMATION>


『氷上のならず者』
カーリングシトーンズ
ドリーミュージック
発売中(LP盤12月23日発売)


ライブDVD 『カーリングシトーンズ デビューライブ! 〜カーリング・シトーンズと近所の石〜』
カーリングシトーンズ
ドリーミュージック
12月18日発売

カーリングシトーンズ製作委員会主催
カーリングシトーンズ TOUR 2019-2020
「やったぁ!明日はシトーンズだ!」

2019年12月23日(月)東京国際フォーラムホールA
開場17:30/開演18:30
2020年1月11日(土)熊本城ホール
開場17:15/開演18:00
1月13日(月・祝)オリックス劇場
開場17:15/開演18:00
1月14日(火)広島文化学園HBGホール
開場17:45/開演18:30
1月28日(火)名古屋国際会議場センチュリーホール
開場17:45/開演18:30
http://curlingsitones.com/