モータースポーツ最高峰で活躍する3名の共演が実現|JAPAN RACERS SQUAD

レッドブル・エアレース・チャンピオンの室屋義秀選手、インディ500覇者の佐藤琢磨選手、MotoGPで活躍中の中上貴晶選手。世界最高峰の舞台で戦う3名のレーサーの共演が実現した。これは、ブライトリングが実施している「世界的に有名なさまざまな分野のプロがチーム(スクワッド)を組み、情熱や目標やミッションを分かち合い、一体となって活動する」という「スクワッド・コンセプト」の一環だ。「ジェット・スクワッド」「サーファー・スクワッド」「エクスプローラー・スクワッド」「シネマ・スクワッド」「トライアスロン・スクワッド」などが存在する。この「スクワッド・コンセプト」の日本独自チームとして立ち上がったのが、冒頭の3選手による「ジャパン・レーサーズ・スクワッド」である。

2018年から「一緒にアクションしよう!」と話し合ってきた3選手が集まり、公募で選ばれたファンの前でのトークイベントが12月8日に東京都内で開催された。今シーズンの振り返りや、それぞれの戦いに挑む気概などを語る「レーサーズ・セッション」と、子どもたちに向けて夢の大切さやその実現方法を語る「ドリーム・セッション」の二部構成で行われた。octane.jpでは、第一部の「レーサーズ・セッション」の模様をお届けしよう。



抽選で選ばれた幸運なファン150組300名が待ち受けるなか始まった「レーサーズ・セッション」。オープニングの自己紹介の際には、3選手がそれぞれ好きな食べ物や嫌いな食べ物、好きなラーメンの種類を語るなど、ラフでリラックスした雰囲気で始まった。

2019シーズンの振り返りでは、レッドブル・エアレースをシーズン4戦中3戦制した室屋選手に対して、佐藤選手は「勝率75%ってすごいよね。インディなんて3勝したらチャンピオン(笑)…で、ヨシさんはなんで総合優勝できなかったの?」と、ファンの気持ちを代弁するかのように率直に質問する。年間獲得ポイントで総合優勝には1ポイント及ばなかったと語る室屋選手も実に悔しそうだ。



レッドブル・エアレース千葉大会の際には、室屋選手は食いしばりすぎて歯が欠けてしまったほど気を揉みながらのレースだったそうだが、ホームレース独特のエネルギーを周りから受けて母国で優勝を飾ることができ、満足のいく締め括りになったという。海外での試合経験が豊富な3選手だが、やはり母国日本のレースでは特別な力を発揮することができるというのが共通の認識のようだ。佐藤選手もF1参戦時代には鈴鹿サーキットの日本グランプリでは特別な気持ちになったというし、中上選手もツインリンクもてぎで行われるMotoGP日本グランプリのときには、各コーナーにある応援旗や日本国旗などからパワーをもらえると語った。



終始和やかなムードで進行した3選手のトークセッションは、それぞれの会話の息もぴったりで、当意即妙の受け答え。3名揃ってのイベントは初めてにもかかわらず、長年一緒に活動してきたかのようなチームワークの良さすら伝わってくる。その会話の合間に感じられるのは、ジャンルは違えど世界最高峰の厳しい舞台で戦っているレーサー同士ならではのお互いを認め尊敬しあう関係性だ。



2019シーズンはオランダグランプリで事故に巻き込まれて負傷した右肩の痛みに苦しみ、オーストラリアグランプリ以降、最終戦までの3戦を欠場し手術に踏み切った中上選手。プロのアスリートとして来シーズンを万全の状態で迎えるために、今シーズンの残りレースを断念するというその苦渋の決断を「すごく勇気があることだと思う」と佐藤選手は尊重する。

27歳とまだ若い中上選手が、自分にチームの皆からの求心力を付けるにはどうしたらいいのかと佐藤選手と室屋選手に質問したときには、「とにかく『感謝』を忘れないこと。チーム批判は決してしないこと。与えられた状況で全力を尽くして、皆に感謝の気持ちを忘れなければ、チームの皆はきっと『よし、貴晶のためにやってやろう!』と思うから」と、経験豊富な先輩としてアドバイスをする佐藤選手。それを受けて室屋選手は「あぁ、これが『感謝』というものなんだと、ふと実感できたのはつい数年前、2017年のドイツ大会のときだった」と振り返りながら「まだ20代で若いんだから突っ走ればいい。今は『オジサンが何か言ってるな』ぐらいに思っていても、いつか必ず腹に落ちる日が来るから」と話し、「息子に話してるみたいだな」と笑う。



この「ジャパン・レーサーズ・スクワッド」の3名のトップレーサーに共通する志として、子どもたちの夢、次世代の育成にも力を注いでいることが挙げられる。佐藤選手は自らが卒業生でもあり、現在は校長を務める鈴鹿サーキットレーシングスクールで、レーシングドライバーを目指す若者を指導している。中上選手は、海外の数多くのレースに参戦している経験を踏まえて、日本国内と海外のレースレギュレーションが異なることで戸惑う若手選手が多いことを例に挙げ、世界的な選手を輩出することの難しさを語った。「エアレースパイロットの育成機関は日本ではほとんど皆無」という室屋選手は、現在小学3年生〜中学2年生までの子どもたちを対象に、彼らの夢を実現するための力を引き出す 「空ラボ」というプラグラムを行っている。いつかそこからパイロットになる子も出てくればいいな、と10年ぐらいのスパンで考えているそうだ。

世界レベルで活躍する3選手の姿はきっと子どもたちに夢を与え、憧れの存在になっていることだろう。子どもたちの憧れであり続けるのは容易ではない。だが、自分たちがこれまで周りから与えてもらったことを次世代に伝えていきたいという彼らの志と情熱を強く感じ、彼らなら必ず子どもたちの夢や目標、そしてそれを後押しする力になるだろうと確信した。



お互いのレースも観戦したり、同乗体験をする機会を設けるなどして交流しているという3選手。室屋選手の操縦する飛行機に佐藤選手が乗った際の「なまじ僕がGフォースに耐えられると知っているので、サービス精神から意地悪をする。4G、~5G、~6G、はいここでリラックス~と言われて力を抜いたその瞬間に、ヨシさんはピークGを持ってくるんだから!(笑)」というエピソードには、会場からも笑いが起きていた。反対に、佐藤選手が運転するインディカーに室屋選手が同乗したときには、負けず嫌いの佐藤選手が「仕返し」をしたそうだ。今度は「貴晶の後ろに乗ってみたいな」と佐藤選手は言う。モータースポーツのジャンルを超えて、トップアスリートがともに活動する。これぞレーサーズ・スクワッド、まさにプロフェッショナル同士のコラボレーションだ。





「ジャパン・レーサーズ・スクワッド」の3選手の活動をサポートしているのがスイスの腕時計メーカーであるブライトリングであることは前述の通りだが、各選手ははたしてどんなモデルを着用しているのだろうか。

アベンジャー クロノグラフ 43を着用する室屋選手は「ブライトリングには、アビエーターを理解するDNAが詰まっています。パイロットになっていつか一流になったら、ブライトリングを持ちたい、そういうブランドです」と語る。操縦時にはコクピット内で結構ぶつけることがあるというが、ブライトリングは本当に堅牢なのだそうだ。


佐藤選手が着用していたのはナビタイマー クロノグラフ GMT 46。「ブライトリングというブランドが持つストーリーがいい。究極の機能美。しかもGMT機能がついているので、日本にいても『いまインディアナポリスは何時かな』というのもわかる」と、国境を越えて活動するアスリートならではの視点も加えてコメント。


プライベートでのファッションセンスも抜群な中上選手はプレミエ B01クロノグラフ 42 ホイールズ & ウエーブズ リミテッド エディションを着用。「これです。完璧です。むちゃくちゃ好きです。お洒落でクラシックなイメージも残しつつ、カジュアルでもフォーマルでも使える時計です」とその魅力を語っていた。モデル名にある「Wheels and Waves」はバイクとサーフィン、2つのスポーツの絆に捧げられたもの。最高峰のMotoGPで戦うライダー、中上選手にとって最適な選択といえるだろう。


また、トークイベント会場にはブライトリングのブースが設置されていたほか、隣接スペースでは3選手にちなんだマシンやトロフィーなどの貴重な品の数々が展示された。室屋選手が実際に乗った機体のコクピットや、レッドブル・エアレースでのトロフィー。佐藤選手のマシン、インディ500で優勝した際に贈られたチャンピオンリングやトロフィー、勝者が飲み干すミルクの瓶までが並ぶ。中上選手のトロフィーやヘルメット、さらには来場者がまたがってMotoGPのバンク角を体験できるフォトスポットが設けられ、来場者は時がたつのを忘れて見入っていた。












世界最高峰の舞台で活躍する3名の「スクワッド・プロジェクト」はまだ始動したばかり。今後は「一緒に走ったり飛んだりというアクティブなイベントをやってみたい」「3人が同時にスタートする絵を実現してみたい」と、お楽しみはまだまだこれからのようだ。自らが行動することで、子どもたちに夢を持つことや挑戦し続けることの大切さを伝え続けたい、そんな使命と情熱を持ったモータースポーツ界の3名のトップアスリートの活動に、これからも期待し注目していきたい。