U2奇跡の来日公演 『ヨシュア・トゥリー』完全再現で炸裂した4人だけのマジック

U2の13年ぶりとなる来日公演が12月4日・5日にさいたまスーパーアリーナで開催された。今回は初日のレポートをお届け。執筆者は荒野政寿(「クロスビート」元編集長/シンコーミュージック書籍編集部)。

13年ぶりに来日を果たしたU2のジャパン・ツアーは、すでに各メディアで報じられている通り、活動する女性たちをスクリーンで讃える演出(「ウルトラヴァイオレット」)や、アフガニスタンで亡くなった中村哲医師に弔意を示した2日目・12月5日のパフォーマンスが話題になっている。その後、会場での発電に、二酸化炭素を排出しない再生可能エネルギーを使った燃料電池車を用いていたことも明らかになった。初期から社会に目を向け続け、政治的なテーマにも切り込んできたU2らしい行動だが、SNSを見ていると彼らのそういう側面を知らずに驚いている人が案外多い。あれだけいろいろやってきたのに?とも思うが、長い間日本へ来ないうちに、バンドのイメージが変容したところはあるのかもしれない。

そうしたニュースで『ヨシュア・トゥリー・ツアー』という本題についてほとんど触れられていないのも嘆かわしいことだ。彼らの代表作であるアルバム、『ヨシュア・トゥリー』(1987年)については、ちょうどRolling Stone Japanで制作当時の背景を詳しく解説したテキストが公開されたばかりなので、是非ご一読頂きたい

このテキストを読めばわかる通り、『ヨシュア・トゥリー』はいくつもの大きな変化を反映したアルバムだった。パンク・ロックの影響下でバンドを結成、前だけを見て突き進んできたU2が、初めてルーツ・ミュージックと向き合ったのが本作。1985年、南アフリカのアパルトヘイトに反対するアーティストが集って制作されたアルバム『Sun City』にボノが参加したとき、共演したキース・リチャーズからブルースやカントリー・ミュージックについて教わったのを機に、彼らはスポンジのようにアメリカの音楽を吸収していく。また、ウディ・ガスリーなどのフォーク・ソングに興味を持ったことで、そのルーツがアイルランドにあることを知り、初めて自国の伝承歌を意識するようになったのもこの時期だ。前作『焔』(1984年)から制作チームに加わったブライアン・イーノ、ダニエル・ラノワの薦めもあり、彼らはゴスペルにも急接近していく。


Photo by Yuki Kuroyanagi

音楽性の変化が進む一方、激務続きの日々を過ごすうちにボノと妻の関係が悪化、これが歌詞に影を落とす。1986年にはスタッフのグレッグ・キャロルがニュージーランドで事故死。自分のバイクを運ぶ途中の交通事故だったこともあり、ボノは精神的に大きな打撃を受けた。

そうした体験を経て生まれた楽曲からなるアルバムを、バンドは最初『The Desert Songs」という仮題で呼んでいたという。荒涼とした砂漠の風景を、当時の心境と重ね合わせていたわけだ。ここに後づけで加わったのが、広大な砂漠の中に立つユッカの木、ヨシュア・トゥリーのイメージ。”ヨシュア”を深読みして聖書と紐付けた論評も多かったが、実際はひとつのコンセプトに基づいたアルバムではなかった。

そのような過程を経て完成した『ヨシュア・トゥリー』は、前述した通り、メンバーにとって振り返るのが辛い要素も多分に含むアルバム。曲中で反米の姿勢を打ち出しながら、過去最高にアメリカで売れたこのアルバムを今改めて再訪しようと決心した背景には、トランプ政権に対する反感と危機感があったのかもしれない。


さて、さいたまスーパーアリーナ公演の初日・12月4日は、ステージ上のヨシュア・トゥリーからのびた影をかたどったせり出しに、4人が勢揃いしてスタート。ここでいきなり「サンデイ・ブラッディ・サンデイ」「アイ・ウィル・フォロー」「ニュー・イヤーズ・デイ」を矢継ぎ早に披露し、序盤から場内を一気にヒートアップさせる。容姿こそ各自齢相応に渋みを増したが、いざ音を鳴らせば、初期と寸分違わないシャープな”U2ならではのサウンド”を即座に再現。当人達にしてみれば難なくやっていることなのだろうが、空間だらけなのに隙間を感じさせない絶妙なバランス感覚と間合いを見せつけられて、ああ、自分は今生でU2を観ているのだな、という実感がこみ上げてくる。

続いて「ピースメイカー、名もなきヒーローたちのために」と前置きしてから演り始めた「バッド」では、途中にデヴィッド・ボウイの「ヒーローズ」をチラッと歌う。そしてキング牧師に捧げて書いた「プライド」でオーディエンスの合唱を誘った後、メンバーはせり出しから歩いてステージへ移動。後方の巨大LEDスクリーンが威力を発揮し始める……いよいよここから『ヨシュア・トゥリー』パートの始まりだ。


Photo by Ross Stewart


Photo by Yuki Kuroyanagi

レコーディング中、いくらやってもうまくいかないことに腹を立ててイーノがテープを全消ししそうになった……という伝説で知られる「ホエア・ザ・ストリーツ・ハヴ・ノー・ネイム」の印象的なリフが聞こえるや、オーディエンスの熱狂は最高潮に。気が付くとボノはラリー・マレンのドラムの後ろに立って煽り、スクリーンにはタイトルと呼応したどこまでも続く路地の風景が。このツアー用にアントン・コービンは『ヨシュア・トゥリー』のジャケット写真を撮影したポイントを再訪して景色をカメラに収めており、我々を旅へと連れ出してくれる。続く「アイ・スティル・ハヴント・ファウンド・ホワット・アイム・ルッキング・フォー」ではボノが客に歌を任せる場面が増え、場内はチャーチさながらの様相に。ここまでは元のアレンジに忠実な演奏だが、「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」はやや崩し気味に、違った角度から気持ちを入れて歌おうと試みているように見えた。

圧巻だったのは「ブレット・ザ・ブルー・スカイ」からの流れで、ザ・フォールに着想を得たという不穏な曲調、引きずるようなヘヴィ・ファンクのリフに、ささくれたスライド・ギターが流れ込んでくる。フレット上にスライド・バーを走らせるジ・エッジの背後には、照明を担いでにじり寄ってくるボノ……『魂の叫び』(1988年)のジャケや同題の映画で見た、あのボノ&エッジそのものじゃないか!


Photo by Ross Stewart

次の「ラニング・トゥ・スタンド・スティル」は、アルバムでは乾いたアコースティック・スライド・ギターをフィーチャーしていたが、この日はエッジがキーボードに向かい、ラリーもスティックをマレットに持ち替え、より柔和なアレンジで披露。ここだけ背景の映像を止めてメンバーの演奏に集中させる構成になっており、メリハリのつけ方が実にうまい。エッジがキーボードに向かったまま、曲は「レッド・ヒル・マイニング・タウン」へ。こちらもアルバムとはタッチがやや異なる柔らかめのアレンジで、スクリーンに登場する救世軍のブラス・バンドと寄り添った演奏が新味だった。

ここでボノが「B面へようこそ!」と告げて、「神の国」がスタート。シングル・ヒットした他の曲と比べても遜色のない、U2のポップ性がよく出た曲だと思うが、何故かチャートでの成績は振るわなかった。ここでボノはアントン・コービンへの謝辞を挟む。ボノがラリーに「アントンをひと言で表現して」と無茶振りすると、すかさず「エクスペンシヴ」と返して笑わせるラリーの機転が素晴らしかった。

アルバムではそれほど目立つ曲ではない「トリップ・スルー・ユア・ワイアーズ」も、この時期の彼ららしい、土臭い演奏が印象的。必要以上にルーツ探究路線に進むことはしなかったU2だが、そちらの道もありだったのでは、と一瞬思わせる、リズム隊の円熟味溢れるグルーヴが心地いい。


Photo by Ross Stewart


Photo by Ross Stewart

前述した、ニュージーランドで急死したスタッフの葬儀をモチーフにして書いた「ワン・トゥリー・ヒル」では、ボノが感極まったように「グレッグ・キャロル」とその名をつぶやく。ここでの見せ場はラリーのドラミングで、シンコペーションを強調して情感豊かな楽曲へと磨き上げてきた。このバンドのエンジンがドラマー=ラリーとベーシスト=アダム・クレイトンからなるリズム隊であることは、生で観ると生々しく実感できる。このラインがしっかりしているからこそ、その上でボノとエッジは好きなように動きまわり、絵を描けるのだ。

そして曲は、いわくつきの「イグジット」へ。ノーマン・メイラーやトルーマン・カポーティの小説にインスパイアされ、ボノが殺人者になりきって歌うこの曲は、不幸にもある殺人事件の加害者に「あの曲に触発された」と証言され、しばらくの間セットリストから消えていた。映画『魂の叫び』で「ヘルター・スケルター」を演奏した際、「マンソンからこの曲を取り返したぜ!」と豪語していた彼らにとっては皮肉な話だ。そうしたもろもろを振り切るように、悪のペルソナを正面から演じ切るボノ。映画『ジョーカー』を観た後なのかもしれない、と思わせるムーヴもところどころで見せていた。

その「イグジット」から明転、希望を込めてじっくり噛みしめるようにボノが「マザーズ・オブ・ザ・ディサピアード」を歌い切ると、メンバー4人は再びせり出しへやって来て客席へ一礼。ここで『ヨシュア・トゥリー』の続編的なアルバム『魂の叫び』から、ロックンロールの聖地サン・スタジオで録音した記念すべき1曲、「エンジェル・オブ・ハーレム」を披露して一旦幕、という実に心憎い演出だ。


そして第三部は、この日予告していたサプライズの種明かしから始まる。デジタルラジオ局、シリウスXMにおいて、U2のチャンネル「U2 X RADIO」がスタート。ライヴ音源やインタビューなどをここで独占的に放送していくそうだ。発表に続いて、「エレヴェイション」から後半がド派手にスタート。分割画面に4人が均等に並ぶ様子を見て、彼らがデビュー以来対等な関係を維持してきた珍しいバンドであることを思い出さずにはいられなかった。


Photo by Ross Stewart

ここからは、今を生きるバンドとしてのU2をたっぷりと。テンポを上げすぎず重厚に押してくる「ヴァーティゴ」では、ボノがローリング・ストーンズ「イッツ・オンリー・ロックンロール」を口ずさむ。調子に乗ったボノはジョーン・ジェットの「アイ・ラヴ・ロックンロール」まで歌い出すが、客の反応が意外と薄めで、「ジョーン・ジェット、何か問題でもあるかい? ランナウェイズは最高のパンク・バンドだ!」と強引にまとめる微笑ましい場面もあった。

エッジがリッケンバッカーを豪快にかき鳴らす「リアル・シング」でフロアを揺らした後は、ステージ上にエッジとボノだけが残り、エッジが弾くキーボードのみの伴奏で「エヴリ・ブレイキング・ウェイヴ」をしみじみと。そしてU2にとって2000年代最大のアンセム「ビューティフル・デイ」、前述した「ウルトラヴァイオレット」へと繋ぎ、「ラヴ・イズ・ビガー・ザン・エニシング・イン・イッツ・ウェイ」を経て「ワン」へと到達する肯定的な流れは、さらにそこから冒頭の「サンデイ・ブラッディ・サンデイ」で歌われた”we can be as one”へと戻り、ひとつの大きな円を描いているようにも思えた。

第三部で展開されたのは、『魂の叫び』の後でアメリカから一旦離れ、まったく別の道へと歩み出してから現在までのキャリアを凝縮したセットだった。このツアーで『ヨシュア・トゥリー』で経験した創意工夫の日々に再度向き合った影響は、今後の作品にも何かしら出てくるはず。変に渋くなり過ぎず、巧くもなり過ぎず、手クセの世界に埋没することなくフレッシュな表現を心がけてきた4人ならではのマジックは、まだまだ消えそうにない。


Photo by Ross Stewart


Photo by Ross Stewart


〈セットリスト(12月4日)〉

1.Sunday Bloody Sunday
2.I Will Follow
3.New Years Day
4.Bad
5.Pride (In the Name of Love)
6.Where the Streets Have No Name
7.I Still Havent Found What Im Looking For
8.With or Without You
9.Bullet the Blue Sky
10.Running to Stand Still
11.Red Hill Mining Town
12.In Gods Country
13.Trip Through Your Wires
14.One Tree Hill
15.Exit
16.Mothers of the Disappeared
17.Angel of Harlem

アンコール

18.Elevation
19.Vertigo
20.Even Better Than the Real Thing
21.Every Breaking Wave
22.Beautiful Day
23.Ultra Violet (Light My Way)
24.Love is Bigger Than Anything in its Way
25.One