卒業を発表した「AKB48」の峯岸みなみさん(C)AKS

 アイドルグループ「AKB48」の峯岸みなみさんが12月8日、東京・秋葉原の「AKB48劇場」で行われた「AKB48劇場14周年特別記念公演」でグループからの卒業を発表した。峯岸さんは同グループ“最後の1期生”。来年4月2日に横浜アリーナ(横浜市港北区)で行われるグループのコンサートが卒業コンサートとなる。

 峯岸さんは「いつ卒業してもおかしくはなかったんですが、ずっと悩んでいて。何よりもすごくAKB48を好きでいる自分でいられる時に卒業したいと思いました」と語り、「今までAKB48に甘えていた部分もありますし、たくさんすてきな景色を見せてもらったので、その分、ここからは自分の力で頑張っていこうと、今まで見せてもらっていたすてきな景色を自分の力でイチから見たり歩いたりしていきたいなと思っていますので、卒業してからも見守っていただけると幸いです」とコメントした。

 「AKB48劇場14周年特別記念公演」は、2005年12月8日のAKB48劇場初回公演から毎年恒例で行われている周年特別記念公演。劇場の象徴ともいえる劇場内の二本柱に14本目のテープが貼られた。特別公演では、メンバーの個性を最大限に引き出せるように、チームや期の枠を超えて、先輩・後輩メンバーをシャッフルした新たなユニットを結成し、ユニットパフォーマンス中心のセットリストで全29曲が披露された。

 1期生として14年前に同公演のステージに立っていた峯岸さんは「この日を迎えられてファンの方に感謝していますし、今こうして14周年迎えられるのは今このステージに立っているメンバーみんなのおかげだと思っているので、今のAKB48に胸を張って、誇りを持って、これからも頑張ってほしいなと思ってます」とエールを送りながら、「今年はみんなと活動していく中で、たくさんコミュニケーション取れて、すごく前向きな気持ちでAKB48が大好きだという気持ちで、このステージに立てたことをすごくうれしく思っています」と語った。

 グループの総監督を務める向井地美音さんは、公演の最後に「AKB48としてはこの一年は『当たり前じゃないんだな』って、いろんなことに対して思うタイミングが増えて、だからこそ、その大切さに改めて気付けました。今日からは15年目になるAKB48ですけれども、今日からはまたイチから私たちの力で AKB48の当たり前を作っていって、新しいグループを皆さんに応援していただけるように頑張りたいと思います。そして、先輩たちにも(今のAKB48を)誇りに思ってもらえるよう、グループを守り続けたいと思います。これからもAKB48の応援をよろしくお願いいたします」と、あいさつした。