KISSのジーン・シモンズに日本で直撃 「最後の来日公演」は本当にラストなのか?

本日12月8日よりスタートするKISS来日公演を前に、東京でジーン・シモンズとの単独インタビューが実現。12月11日の東京ドーム、17日の京セラドーム大阪など全5都市で繰り広げられる「最後の来日公演」について心境を明かしてくれた。聞き手は音楽ライターの増田勇一。

12月6日の午後、都内某ホテルの一室で、ジーン・シモンズと話をした。部屋に入り会釈をすると、サングラスの向こうにニヤリと笑みを浮かべた彼は、まず無言のまま右手の拳を突き出してくる。握手するのではなく、拳と拳を軽くぶつけ合うのが彼流のいつもの挨拶だ。今回のジャパン・ツアーは、『END OF THE ROAD WORLD TOUR』と銘打たれた最終ツアーの一環としてのもの。12月8日、仙台での幕開けに先駆け、彼はお気に入りのポテトチップスなどつまみながら、遠い昔のことからこの先のことまで、リラックスした様子で語ってくれた。



―日本へようこそ。今日のご気分はいかがですか?

ジーン:ファンタスティック! というのも、私は少し前に尿道結石の手術を受けていて、17個もの結石が見つかり、すべてを除去した。なかにはとても大きなものもあった。その痛みから解放された今は、とてもいい気分だ。ただ、1ヵ月ほど前に、今度はポール(・スタンレー)の声に問題が生じた。喉に炎症が起き、首の内側では出血までしていたんだ。今はもう大丈夫だがね。1ヵ月近くにわたり、喋ることも禁じられた。だけども今現在の彼の喉は、これまで以上にベターな状態にある。いかに好調であるかは、この先のショウを観てもらえればわかるはずだ。

―あなた方の健康状態に関わる問題が続いたことで、ファンも心配していたはずです。

ジーン:そうだろうね。ただ、これは誰にでもある問題だ。ミック・ジャガーにだって手術を受ける必要があったが、今では彼の問題も解決している。ドラッグをやらず、馬鹿げたことをせずに生きてきたならば、たいがいのことはクリアできるものだ。フィル・コリンズは私よりも3歳ほど若い(フィルは1951年1月生まれなので、実際には1949年8月生まれのジーンとは1歳半違いということになる)。彼は素晴らしい人物だけども、私は彼のように座ったまま観るようなコンサートをやりたいとは思わない。そのためには健康でなければならないし、強靭でなくてはならない。

―ええ。しかし、あなたやポールが抱えていた痛みが解消されたと聞いて安心しました。あなたの手術により9月下旬の北米公演が数本延期になり、ポールの急病によって11月に組まれていたオーストラリア/ニュージーランド・ツアーが中止になりました。KISSの歴史において、こうした公演キャンセルというのはとてもめずらしいことですよね?

ジーン:これまでにはなかった。しかし今回は、そうせざるを得なかった。オーストラリアとニュージーランドについては新たな日程を組みたいところだが、現実的には、今はまさに検討中というところだ。というのも、それ以外にもこの先には100箇所にも及ぶ都市でのショウが予定されているからね。南アフリカで初めてプレイする話も出ている。中国公演についても話をしている。そうやって、これまで行ったことのないところに行くことを考えているんだ。とても興奮しているよ。


―その前にまずは12月8日、日本でのツアーが始まるわけです。KISSにとって通算12回目のジャパン・ツアーということになります。それに向けてはどんな心境ですか?

ジーン:もちろんエキサイトしている。今回はニックとソフィー、つまり私の息子と娘を連れて来ることが叶ってね。2人とも日本に来たのは初めてなんだ。もうすでにあちこちを走り回っているよ。東京を買い取ろうとしているんじゃないだろうか(笑)。彼らは日本のものすべてを手に入れたがっているんだ。新聞だろうと雑誌だろうと、日本語のものはすべて欲しがるし、何もかも家に持ち帰ろうとしている。なにしろ彼らは日本のカルチャーの大ファンなんだ。彼らは武士道にも興味を持っているし、ペリーが来航(1853年)したことを経て、1868年にこの国に大きな変化が訪れたことも理解している。日本が大好きなんだよ。黒澤映画、ゴジラについてももちろん知っている。まあゴジラについては、彼らに限らずみんなにとってのお気に入りであるはずだけども。

―というか、きっとあなたがゴジラについてお子さんたちに教えたんですよね?

ジーン:まあね。なにしろ私はキミが生まれる前からゴジラを知っているから。

―いや、僕はそれなりの年齢ですから。

ジーン:おまえ、いくつなんだ?

―58歳です。

ジーン:ふむ。いいものを見せてやるよ。ジーン・シモンズとゴジラの写真だ(と言って、彼のスマホに保存されている数多くの写真のなかから、ゴジラの着ぐるみと一緒に撮られたショットを見せつける)。これは1977年に撮影されたものだ。

―初来日時に撮られたものですね、雑誌の取材時に。

ジーン:よく知っているな。他に、新しいゴジラ(=リメイク版)との写真もあるし、もちろんモスラも知っている。映画のなかで、小さな2人の女の子(=ザ・ピーナッツ)が「♪モスラ~や、モスラ~」と歌うこともね(笑)。ガメラ、(キング)ギドラも知っている。ああいうのが私は大好きなんだ。もちろんアストロボーイ(=鉄腕アトム)、エイトマン、ボルトロンもね。KISSはアストロボーイとコラボTシャツを作ったこともある。あれが実現した時は、すごくエキサイトしたものだ。

―僕もそのTシャツを持っていますよ。それはともかく、『END OF THE ROAD WORLD TOUR』は今年の1月末にヴァンクーヴァーを皮切りに始まって、すでに約100公演を経てきていますよね。

ジーン:その通り。ただ100公演ではなく100都市と言いたいね。今回は、同じ土地の会場で何本もやるのではなく、個々の都市を訪ねようと考えた。そうやって世界中を廻りたいんだ。来年には3周目のアメリカ・ツアーが決まっているが、これまでの2回とは違った都市に行く。可能な限り多くの都市でプレイすることを我々は望んでいるし、それによって各地のファンは5時間も10時間も長旅をせずに済むことになる。日本についても同じことだ。ジャャパン・ツアーと言いながら東京だけでプレイしてそれで終わりというのではなく、地方のやや小さな都市にも足を運ぶ。そうした地域でもKISSファンは待ってくれているし、彼らに遠出をさせるのではなく、こちらから会いに行きたいんだ。それは我々にとって、とても意味のあることだ。


Photo by Jay Gilbert


Photo by Keith Leroux

―今回のツアーのこれまでの経過を振り返ってみて、手応えはいかがですか?

ジーン:とてもいい。トミー(・セイヤー)、エリック(・シンガー)と共に、ヘルシーでハッピーで、ドラッグとも酒とも煙草とも無縁のツアーを続けてきた。誰もが感謝の念を抱いていて、我々はたいがいグッド・ショウをやり、ときどきグッドどころではなくグレイトなショウをやる。バッド・ショウは絶対にやらない。

―それは実際、KISSの歴史が証明しています。

ジーン:トミーとエリックを擁するKISSの歴史においてはね。ただ、オリジナル・ラインナップ時代も常にそうだったとは、私には言い切れない。もちろんオリジナルKISSも、素晴らしい情熱とエネルギーに満ちていた。しかし、いつしかエースとピーターは”何か”を使うようになり(と言いながら鼻から何かを吸う仕草をみせる)、ときには酷いショウになったこともあった。ハイな状態にある時に、フットボールやサッカーをまともにできるだろうか? ボールをちゃんと蹴られるはずもないだろう? 私は、クスリはやらない。医者が処方してくれるもの以外はね。ドラッグを使ってステージに立つなんてのは、ファンに対する侮辱だと私は思う。酔っ払ってろくでもないショウをやるのもね。ファンは常にバンドのことを気にかけている。彼らが愛するバンドの音楽は、彼らの人生にとってのサウンドトラックなんだ。バンドというものは、単なるバンドを超える存在であり、音楽もまた単なる音楽を超越したものだといえる。人々にとって何かしらの意味を持ち得るものだからね。


―ファンはKISSを常に、いちばんホットでいちばんビッグなライヴをやるバンド、と認識してきたはずですが、今回のツアーではこれまでにも増してビッグなショウを展開していますよね? 日本にもステージ・セットなどはすべて持ち込んでいるんですか?

ジーン:可能な限りのものを最大限に持ち込んでいる。屋内会場でやれる範囲内でね。野外でやる時はさらに規模が大きくなる。たとえばウッドストックのような広大な場所、周囲に建造物のない場所でプレイする時には。日本ではそうした場所に比べれば小さな会場でプレイすることになるわけだが、それでも我々のショウに欠かせない要素すべてを期待してくれていて結構だ。火を使うための装置は当然、常にあるしね。初めて日本に来た時、確か武道館で4日間ほどプレイしたはずだ。もちろん70年代の話だ。1870年代ではないよ(笑)。当時、キミたちは自分の座席から立つことすら許されていなかった。演奏中に叫ぶことすらもね。警官(実際には警備員)に厳しく見張られていて、曲が終わるとようやく座ったまま拍手をする、というようなありさまだった。

―ええ。1977年当時、高校生だった僕もそんなオーディエンスのなかにいました。

ジーン:とてもストレンジな光景だった。警官たちは、その光景がネガティヴではなくあくまでポジティヴなものなのだということを、理解できていなかったように思う。ファンが興奮することが暴動発生に直結すると捉えていたんだろうな。KISSのショウで喧嘩が起きているのを、私は見たことがない。一度たりともね。ラップのコンサートなどにありがちなそうした光景とは無縁だし、ヴァイオレンスなどKISSの公演会場には皆無だ。

―その場にいる誰もがクレイジーになる。ただし、平和的に。

ジーン:そう、ハッピーな形でクレイジーになるというわけだ。まず我々は馬鹿でかい音でプレイするから、ライヴを楽しんでいるキミの背後からアホな酔っ払いが何かくだらないことを言ってきても、聞こえやしない(笑)。しかもステージ上では常にエキサイティングなことが繰り広げられている。だから余計なものは目に入らない。喧嘩が起こらない理由がそこにある(笑)。


Photo by Jay Gilbert

―確かに。今回はKISSにとって通算12回目のジャパン・ツアーということになります。これまで日本で過ごしてきたなかでの最高の思い出というと?

ジーン:ゴジラに会えたこと(笑)。

―本当は、日本の女性たちと出会えたことなんじゃないですか?

ジーン:もちろん、それはそれだ(笑)。驚くべきは、出会ってきた日本の人たちは誰もが礼儀正しくて人当たりがいいということ。とはいえ部屋が暗くなると、女性たちは違った側面を見せてくれる。これはとても重要なことだ(笑)。

―あなたはそうした女性たちと出会うために、「アナタはウツクシイ」といった日本語をマスターしたわけですよね?

ジーン:それもまた、とても重要なことだ(笑)。美しいと伝えなければその女性は「バスルームはどこかしら?」と言いはしないだろう。私は、たいがいの言語で同じことを言えるよ(笑)。


―それはそれは(苦笑)。ところでKISSのように長い歴史を持つバンドの場合、ファンが聴きたい曲というのもたくさんあるだけに、セットリストの選考もなかなかの大仕事ですよね?

ジーン:確かに。そこで心掛けるべきは、ファンの言い分に耳を傾けること、ソーシャルメディアを通じてファンが何を求めているかを知ること、彼らと話をすることだ。たとえばキミがサザンオールスターズのファンだとして、彼らのライヴに出掛けたならば、自分にとって意味のある曲を聴きたいと思うはずだ。もしもサザンオールスターズの面々が、その曲を40年間演奏し続けて飽きていたとしても、そんなこととは関係なくね。確か、彼らは40年続いているんだよね?

たとえば私自身、ローリング・ストーンズを観に行けば、やはり「サティスファクション」を聴きたいと思う。自分でチケットを買ったんだから、ボスは私自身だ。仮にストーンズ側があの曲をやることにもはやウンザリしていたとしても、そんなことは関係ないし、バンドはそういう曲を演奏しなければならない。それと同様に、我々は「ロックン・ロール・オール・ナイト」を毎晩欠かさず演奏する。たとえば今回は大阪でも公演があるけども、なかにはその大阪公演にしか観に来られない人たちもいる。その人たちも絶対、あの曲は聴きたいはずだからね。要するに、我々自身がその曲についてどう感じているかは二の次なんだ。正直に言うが、今現在の私は「ラヴィン・ユー・ベイビー(I Was Made For Lovin You)」という曲に夢中だとは言えない。あんなふうに”♪ドゥ~ドゥ~ドゥ~”とか歌いたいわけじゃない(笑)。しかし、あの曲をやるとファンがクレイジーになることはわかっているし、みんなが一緒に歌ってくれるととても興奮させられる。そういうことなんだ。



―たとえばあなた自身がプレイしたいけどもセットリストに組み込むのは難しい曲、というのもあるはずですよね?

ジーン:そうだね。たとえば私は「エルダーの戦士」という曲が気に入っている。「ウィ・アー・ワン」もそうだ。これまでライヴでは1回か2回しかやったことがないはずだが、いつもやりたいと思っていた曲だ。何故ならあの曲は、私にとって意味があるからだ。”Everywhere I go/Everyone I see/And I see my face looking back at me”と歌詞が続いていく。たとえばエイリアンが地球に降りてきたら、その目には日本人だろうと黒人だろうと白人だろうと同じに見えることだろう。地球人たちがそれぞれに違うんだと言ってみたところで、他の惑星からやって来た宇宙人からすれば「何を言ってるんだ? みんな同じじゃないか」ということになる。沖縄に住む人たちも、日本の北のほうに住む人たちも同じであるようにね。住んでいるところが南なのか北なのか、都会なのか田舎のほうなのか。そういうことによって人々は違いを主張することがある。しかし私は”We Are One”という考え方が好きだ。これは重要なことだし、すべての人たちに向けてのメッセージになり得るものだと思っている。どんな肌の色をした人間だろうと、皮を剥げば中身はみんな同じだ。身体のサイズには違いがあるかもしれないが、皮膚の下にはみんな赤い血が流れている。みんな、同じなんだ。

―セットリストについてひとつ興味深いのは、今回のツアーで披露されてきた「サイコ・サーカス」や「クレイジー・クレイジー・ナイツ」といった曲が、ここにきてクラシック・チューンの仲間入りを果たしているように感じられることです。発表からそれぞれ20年、30年以上を経て、70年代の楽曲と同列の存在になっているというか。

ジーン:その通りだ。憶えておくべきは、楽曲というものは単なる楽曲として以上の存在価値を持ち得るということだ。大好きな曲を自分の葬儀でかけてくれという人がいる。子供が生まれた時にはこの曲を、結婚式ではこの曲を、というのもあるだろう。KISSには、ポールがマイケル・ボルトンと共作した「フォーエヴァー」という曲がある。これまで実に多くの結婚式で、あの曲は使われてきた。ラスヴェガスのリオ・ホテルにはKISSのミニ・ゴルフ・コースがあるが、あのホテル内にあるホッター・ザン・ヘル・チャペルでは挙式をすることもできる。そこには私のようないでたちの男がいて、新郎と新婦に「わたしの言うことを復唱しなさい」と言い、(「ラヴィン・ユー・ベイビー」の歌詞そのままに)”I Was Made For Lovin You”、”You Were Made For Lovin Me”と言わせるんだ。そこでは、そうやって契りを交わすんだよ。

―すごい。歌詞がそのまま誓いの言葉になっているわけですね。

ジーン:KISSの音楽は、何百万という人たちにとっての人生のサウンドトラックになっているんだ。それを自覚できていないケースもある。映画を観に行った時に、全体を通じて音楽が重要な役割を果たしていることに気付かないことがあるのと同様にね。


Photo by Igor Vidyashev

―映画と言えば、あなた方が映画を制作するという情報があります。これは、事実ですか?

ジーン:イエス。とはいえ、これは時間のかかるものだ。リンゴの種を蒔いても、実際に木が育って実をつけるまでに年月がかかるのと同じようにね。

―つまり、すでに映画の種は蒔かれた状態にあるわけですね?

ジーン:そういうことだ。そしてちゃんと水を与えている。これは、時間をかけて進めていくプロジェクトだ。この先にはブロードウェイ・ショウもあればラスヴェガスのショウもあるだろう。そしてさらには”違うKISS”のショウもね。このバンドではないKISSのツアーが行なわれる日も、将来的にはやって来るはずだ。


―今回のワールド・ツアーは2021年の7月にニューヨークで終了する、という事実がすでに公表されています。その時までにもう一度日本を訪れる可能性は残されているんでしょうか?

ジーン:わからないし、実際問題としてそれは難しい。他にもたくさんの国から話が来ているからね。先ほども言ったように南アフリカで初めてのショウをやることになっているし、中国との交渉も続いている。そして、我々がツアーをするのはこれが最後だ。いつまでもそれを続けようとすることは、ファンに対してフェアではないと思えるからだ。私は今、70歳だ。そして今もKISSのショウをやっている。しかし75歳になった時、ステージに立ち続けているべきだとは思わない。我々のやることは、すべてフィジカルなんだ。まず、7インチのヒールのあるブーツを履く。片方で8~10ポンドの重量がある。両足で約20ポンドだ。さらに12~15ポンドの重さのベースを抱え、腕やら何やらの装備でも20ポンドくらいある。もしもキース・リチャーズがこの格好でライヴに臨んだなら、30分も演奏したら倒れてしまうだろう。ボノもエッジも素晴らしいが、U2の一員だったなら、スニーカーとTシャツでステージに立つことができる。だから私の年齢になっても何の問題もない。だけどKISSでは、そういうわけにはいかない。我々は他の誰よりもハードワークを要するバンドなんだ。だからこそ無闇に長くステージには立たない。座って歌うようなことはしたくないしね。


Photo by Keith Leroux 

―長く続けることを最優先しながら、不本意な形でステージに立つことはファンに対してフェアではない。そういうことなんですね。最後に、今回の各公演を楽しみにしているファンに向けてメッセージをください。

ジーン:すべての日本のファンに理解して欲しい重要なことがある。それは我々が、日本の文化、人々、歴史、食べ物やこの国の美しさといったものに対して、深いリスペクトと畏敬の念を抱いているということだ。世界中を回ってみても、こんな場所は他にない。この国でもかつては人と人が殺し合っていた。ショーグンやサムライの時代の話だ。しかし、そうやってそれぞれの氏族が権力争いをしていた時代を経て、誰もが同じなんだという理解へと至り、政府というものが生まれた。それが1868年のことだ。そこには世界が学ぶべきものがある。アメリカにも同じような経緯があった。そうした時代がなければ、我々は存在しなかった。我々にさまざまなことができているのは、そうした世界を築いた人たちのおかげだといえる。満員のスタジアムでファンがクレイジーになる。それは金で買えるものではない。「楽しい時間を過ごしている5万人の叫び声を聴かせてくれ!」なんてことが叶う場所は、この世界以外にはない。我々は教皇よりもよほど楽しみを得ている。私はこれまで、この手のサイン(下掲の写真参照)を46年間掲げてきた。なかにはこれを邪悪なものとして見ている人たちもいるはずだが、それは間違いだ。このサインが意味するのは”I LOVE YOU”なんだ。

―デヴィルホーンやメロイック・サインとは違う、ということですね?

ジーン:そういうことだ。違う意味でこのサインを掲げる人たちもいるが……(再びスマホを取り出して写真を探し出し)この人たちも、このサインを私と同じ意味で掲げているよ(と言い、ダライ・ラマ、ローマ教皇と一緒に同じサインを掲げている写真を見せる)。

―では最後に、その”I LOVE YOU”サインを掲げた写真を撮らせてください。それがそのまま、日本のファンへのメッセージになりそうですし。今日は、お時間をいただきありがとうございました。

ジーン:ドウイタシマシテ。


Photo by You Masuda




KISS END OF THE ROAD WORLD TOUR

【仙台】
12月8日(日)ゼビオアリーナ仙台
OPEN 17:00/START 18:00
※SOLD OUT

【東京】
12月11日(水)東京ドーム
OPEN 17:30/START 19:00 

【盛岡】
12月14日(土)盛岡タカヤアリーナ(盛岡市総合アリーナ)
OPEN 16:30/START 17:30
※SOLD OUT

【大阪】
12月17日(火)京セラドーム大阪
OPEN 17:30/START 19:00  

【名古屋】
12月19日(木)
ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)
OPEN 18:00/START 19:00
※SOLD OUT

■チケット
SS席:¥25,000
S席:¥20,000
A席:¥15,000
(全席指定・税込) 

特設サイト:
https://endoftheroad.udo.jp