[ALEXANDROS]川上洋平「本当に怖い」2019年のおすすめ映画
[ALEXANDROS]の川上洋平が、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。2019年に観た103本(放送時点)の映画の中から、面白かった作品を紹介しました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! アレキサンドLOCKS!」12月3日(火)放送分)



川上:今日は私の大好きな授業ですね(笑)。2019年も間もなく終わりますので、今年観た映画を振り返っていきたいと思います。

この話をする前に……この間、光栄なことがありまして。皆さんは『BRUTUS』という雑誌を読んだことありますか? その『BRUTUS』の映画特集のコーナーで、映画コンシェルジュとして選ばれたんですよ! 各業界人の中から映画好きの人が集まったのですが、その1人に選ばれてめちゃ光栄でしたね。そこでもけっこう映画について語ったんですけど、今日はそこでは語れなかったことを中心に話していこうと思います!

「今年観た映画で、どれが一番好きですか?」って聞かれたら、やっぱ日によって変わるんですよね……でもやっぱり『ジョーカー』はすごいよ。正直、今年の1位だと思います。でもみんなが『ジョーカー』っていう中で、「俺も!」ってなるとちょっと悔しいというか面白くないので(笑)、違うのを選びたいと思います。

◆『ワイルドライフ』

川上:意外と話題になってないと思うんですけど、ポール・ダノという役者さんが初監督した作品です。『ジョーカー』とか『アベンジャーズ』といった派手な映画ではなくて、静かな気持ちのときに観るべき映画だなと思います。

あと最近気づいたんですけど、こじんまりとしたサスペンス映画が好きですね。登場人物も多くなくて、いろんな場所に行ったりもしない、いわゆるワン・シチュエーションで終わるような映画。一つの設定、一つのギミックで終わらす、みたいな。ちょっと前の映画だと『ドント・ブリーズ』とか……『クワイエット・プレイス』は“喋っちゃいけない”という設定でしたけど、そういうシンプルなのがけっこう好きですね。
そういう意味では、最近で言うと……。

◆『ブライトバーン/恐怖の拡散者』

川上:この作品も良かったです。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』とかを撮っているジェームズ・ガン監督の作品です。割と大作を撮っている人なんですけど、これは不思議な映画なんですよね。

田舎町で育ったとある少年が超人的な力に芽生えて……って設定だけ聞くと、『スーパーマン』に近いですね。でもスーパーマンって良いヤツじゃないですか? でもブライトバーンは、「え?」って思うんだけどすげぇ悪いヤツなんですよ。世界を征服しようってするヤツなんですけど(笑)。このワン・シチュエーションでホラーサスペンス的な雰囲気はけっこう好きでした。余計なことを考えずに観て欲しいな、というのがあるかな。

◆『コンジアム』

川上:年末はホラー映画で盛り上がりたい! という人に、マジおすすめな韓国映画です。これは……! 久々にビビリながら観ました。超怖かったです。

コンジアムっていう韓国に実際にある廃病院が舞台で、そこにユーチューバーが行って生配信するっていうあらすじなんだけど……このコンジアムっていうのが、2012年にCNNが選ぶ“世界7大心霊スポット”に選ばれているんですよ。本当に! マ~ジで怖かった。

映画自体は今年の初めくらいに公開になっているのかな? あんまり知られてないと思いますが、DVDになっていますのでぜひ観て欲しいですね。僕が怖いって言うくらいだから、けっこう本当に怖いです(笑)。

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長
放送日時:月~木曜 22:00~23:55・金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/