ホンダがライダー向けとしては日本初のドローン撮影会「Honda BIRDrone Touring」を開催した。事前に公開された告知動画では本格的な映像が確認できたが、なぜホンダは、このような取り組みに乗り出したのか。気になったので、バイクの聖地・熊本で体験してきた。

  • ホンダ「Honda BIRDrone Touring」の様子

    熊本県にあるライダーの聖地「ミルクロード」を走るバイクをドローンが追跡し、迫力のある映像を狙う

日本初の試みに、36時間かけて自走で駆けつけたツワモノも登場!

ライダー向けドローン撮影会を企画したホンダによれば、バイク愛好家から「自慢の愛車で走っているところを撮ってほしい」という声がよく聞かれるという。いわれてみれば、確かに走行中に動画を撮影するのは困難だし、それが自身の姿となればなおさらだ。こうした現状に、多くのライダーたちがジレンマを抱えていることは間違いない。そこで、二輪のリーディングカンパニーであるホンダが一肌脱ぎ、「Honda BIRDrone Touring」を開催するはこびとなったわけだ。

国内の二輪免許を持ち、自己所有のバイクで参加できることを条件に、ホンダはTwitterでイベントの参加者を募集。信じられないことに、所有するバイクはホンダ車以外でも可という懐の深さを見せた。さらに、撮影会への参加費は無料で、自宅から熊本までのガソリン代と高速代もホンダ負担というから、かなり思い切った企画だ。

  • ホンダ「Honda BIRDrone Touring」の様子

    一般参加者は九州7人、東海1人、関東1人の計9人。写真はホンダ「アフリカンツイン」を駆り、茨城から36時間かけて自走でイベントに駆け付けた猛者。普段は林道ツーリングなどを楽しんでいるそうで、熊本に向かう途中、四国でも林道を走ってきたというからアンビリーバブルだ

開催地に選ばれたのは熊本・阿蘇。やまなみハイウェイや阿蘇パノラマライン、ミルクロードなど、複数の絶景ツーリングスポットを有する熊本県は、“バイクの聖地”とも呼ばれるライダー憧れの場所だ。ホンダも生産拠点を構える同県は、イベントの開催場所としてこれ以上ない条件を備えていた。

想像以上の出来映え! ドローン映像を公開

「Honda BIRDrone Touring」は早朝からの開催ということもあって、前日には現地入りし、当日は午前6時20分ごろ、集合場所である阿蘇・大観峰展望所前の駐車場に到着して日の出を待った。

  • ホンダ「Honda BIRDrone Touring」の様子

    大観峰展望所は、阿蘇を一望できる人気の絶景スポット。天気にも恵まれた当日は雲海も見られるなど、まずは眺望を堪能

  • ホンダ「Honda BIRDrone Touring」の様子

    朝焼けの美しい光景を見ていると、ここを走行できるだけでもホンダに感謝したい気分になった

撮影で走行するのは、ミルクロードの約1.8キロ。天候の悪化によって中止になる可能性もあったが、このぶんであれば、その心配はなさそうだ。

  • ホンダ「Honda BIRDrone Touring」の様子

    今回乗車した「CB1300スーパーフォアSP」。ホンダのフラッグシップモデル「CB1300スーパーフォア」をベースに、よりスポーティーな走りと乗り心地を追求して改良が施されたモデルだ

あたりも明るくなってきたところで、いよいよ「Honda BIRDrone Touring」が始まる。そして、時計の針が7時を回ったころ、自分の順番が回ってきた。

まずはオープニングの撮影が始まったが、何度も撮り直しをするなど、かなり本格的な印象。バイクの取り回しに四苦八苦しながらも、なんとか撮影を終えた。

  • ホンダ「Honda BIRDrone Touring」の様子

    体感で30分くらいを要したオープニングの撮影。慣れない撮影に時間がかなり長く感じた上、監督からは次々に指示が飛び出す。役者やモデルの苦労を痛感した

オープニングを無事に撮り終え、スタート地点に移動。器具も装着して、いよいよドローン撮影に挑む。

  • ホンダ「Honda BIRDrone Touring」の様子

    スタートラインで合図を待つ緊張の瞬間

  • ホンダ「Honda BIRDrone Touring」の様子

    合図とともにスタート。ドローンはどこにいるのだろうか?

ここで実際に製作してもらった動画をご覧いただきたい。

自分でも確認してみたが、少々気恥ずかしい思いの半面、「ここまでやるか」と驚いた。まさに、ライダーが求めているのはこうした映像であり、理想的な仕上がりといえるのではないだろうか。

気になる次回開催は? ホンダ広報を直撃

事故なく無事に「Honda BIRDrone Touring」を終えた直後、ホンダの広報担当者に話を聞いた。

「喜んでいただけるとは思っていましたが、ここまでとは正直、思っていませんでした。今は本当に、開催してよかったと思っています。(参加者たちの)この姿や笑顔を見てもらえれば、バイクに乗っていない人でも、乗ってみたくなるんじゃないでしょうか」

今回はトライアルとしての開催であり、今後は評判などを見ながら、次回以降をどうするのか検討していくとのこと。参加してみた感想としては、ライダーたちは皆、思い思いに楽しく撮影に挑んでいたようであり、満足度も高そうだったので、イベントのレギュラー化を願いたいところだ。

  • ホンダ「Honda BIRDrone Touring」の様子

    最後には「バイクが好きだー」の掛け声を合図に、おなじみのポーズで記念撮影

確証を得ることはできなかったが、広報担当者の満足げな表情や話ぶりは、次回開催への期待を感じるには十分だった。バイクに乗るには少し辛いシーズンに突入したが、自慢の愛機を磨きあげてその時を待ってほしい。

著者情報:安藤康之(アンドウ・ヤスユキ)

フリーライター/フォトグラファー。編集プロダクション、出版社勤務を経て2018年よりフリーでの活動を開始。クルマやバイク、競馬やグルメなどジャンルを問わず活動中。twitter:@andYSYK。