買い換え用【冷蔵庫】選び方&おすすめ4選|家電ライターが商品を厳選!

【この記事のエキスパート】

IT&家電ライター:秋葉 けんた

IT&家電ライター:秋葉 けんた

編集プロダクション「マイカ」所属のIT&家電専門ライター。
スマホやパソコン、ストレージ、ネットワークなどIT全般のみならず、家電についての執筆実績が多い。書籍、雑誌、新聞、業界誌やWebコンテンツなど、様々な媒体に記事を提供している。
また、広告やカタログ、導入事例といったB2Bの営業支援ツール制作にも携わる。IT系、家電を中心にコンセントにささるいいモノをおすすめしていきます。

略歴
1973年生まれ。
高等学校の教職員勤務経験を経て、マイカに勤務。雑誌や専門誌のライターとして活躍する。
その後、IT流通の専門誌の記事制作を担当し、B2BからB2Cまで幅広い専門知識を獲得。
最近では、Webメディアやオウンドメディアのの編集企画制作も担当。

著書歴
・iCloud&iTunes超使いこなしガイド 2019最新版 (三才ムック)
・今すぐ使えるかんたん はじめる&使える MacBook入門(技術評論社)
・スマホの困ったを解決する本 (三才ムック)
・iPhone超活用ガイド (三才ムックvol.988)
・今すぐ使えるかんたんEx iPhone プロ技BESTセレクション(技術評論社)


家電ライターの秋葉けんたさんに、買い換え用の冷蔵庫を選ぶポイントとおすすめ商品4選を教えていただきました。生活に不可欠な冷蔵庫は、家族構成やライフスタイルに合わせて最適なものを選定したいですよね。ただ、いざ買い換えるとなると、各メーカーより充実した機能を備えた冷蔵庫が数多く販売されていて、どの冷蔵庫を選べばよいか悩んでしまいます。そこで、数ある冷蔵庫のなかから秋葉けんたさんに厳選しいていただいた5商品をご紹介します。後半に掲載した通販サイトの売れ筋ランキングも参考に、ライフスタイルにぴったりの冷蔵庫を見つけてくださいね。

家電ライターに聞く
買い換え用の冷蔵庫はどう選ぶ?

家電ライターの秋葉けんたさんに、買い換え用の冷蔵庫を選ぶときのポイントを3つ教えていただきました。

買い換えサインを見逃すな

【エキスパートのコメント】

冷蔵庫は生活に必要不可欠な家電です。もし冷蔵庫が数日間使えない場合、外食ばかりになってしまい食費が激増したうえで、生活レベルがガクンと落ちかねません。そのような惨事を避けるには、冷蔵庫が動かなくなる前に買い換えるのがいいでしょう。

とはいえ、故障もしていない冷蔵庫を買い換えるのは、正直もったいないことです。冷蔵庫の買い換えサインを見極めることで、適切な時期に冷蔵庫を買い換えることができます。たとえば、変な音がする、あまり冷えなくなった、氷が作れないなどは買い換えサイン。また、10年を超えた冷蔵庫も買い換え時期にきています。

Panasonic(パナソニック)『NR-F655HPX』:

出典:Amazon

食料品のおいしさを長持ちさせたい人に適した冷蔵庫。急速冷凍をはじめ、鮮度を保つための機能が充実している。

搬入経路をチェック

【エキスパートのコメント】

冷蔵庫を買い換える際に、冷蔵庫のスペックや機能に着目しがち。しかし、それよりも重要なのは「搬入」できるかどうか。冷蔵庫の設置スペースはもちろん、廊下や扉、階段といった搬入経路のチェックも不可欠です。

メジャーなどを使い、必要な幅が確保されているか確認しましょう。搬入できるサイズが確認できたら、容量や機能などを選んでいくといいでしょう。

SHARP(シャープ)『SJ-GT42E』:

出典:Amazon

搬入しやすいスリムタイプ。幅が60cmながら、容量は415リットル。ドアが左右に開く点も見逃せない。

古い冷蔵庫の処分法も確認

【エキスパートのコメント】

冷蔵庫を買い換える際に「処分」についての確認も必要です。冷蔵庫は、特定家庭用機器再商品化法(通称・家電リサイクル法)の対象商品となっているため、粗大ゴミなどで捨てることができません。

通販サイトで冷蔵庫を買う場合、設置や引き取りをしてもらえるかどうかの確認も必要です。たとえばAmazonの場合、大型家電は「特別配送商品」となっており、設置や回収も可能となっています。購入の際には、回収の項目についても確認するようにしましょう。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)