徹底分析中古車相場[2019.12.06 UP]


【マツダ アクセラ】モデルチェンジで高値だったクリーンディーゼルもそろそろ買い時に


 2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤーで、10ベストに選出されたマツダ3。グーネットのユーザー投票「あなたが選ぶ今年の1台は?」では、ユーザーからもっとも多い投票が寄せられるなど、マツダ3の注目度は非常に大きい。そんなマツダ3は、先代まで「アクセラ」という名称で販売されていた。アクセラの中古車動向は、2年前の調査でハイブリッドモデルがお買い得だと述べたが、今回再調査したところ、ほかのグレードも十分お買い得であることが判明。マツダ3へのフルモデルチェンジが、アクセラの相場に早くも影響が出ていると考えられる。そんなわけでマツダ アクセラの最新中古車事情を詳しく見ていこう。


マツダ アクセラってどんなクルマ?


 ファミリアの後継モデルとして、2003年10月にデビューしたマツダ アクセラ。3ナンバーの堂々たるボディは、VWゴルフをはじめとする欧州Cセグメントに属する。ボディタイプはハッチバックとセダンが用意された。足まわりはコシのある味付けで、欧州車と比べても遜色のない仕上がり。当時の日本車としては世界を意識したものとなっていた。後にスポーツモデル「マツダスピードアクセラ」も追加され、やんちゃでスポーティな走りが話題を呼んだ。

 2009年6月、フルモデルチェンジで2代目が登場。一部グレードにアイドリングストップを導入するなど、走りだけでなく環境へも配慮。ボディはやや大型化されたものの、全体のシルエットは先代を踏襲し、まさに正常進化と言えるものだった。また、先代に引き続き「マツダスピードアクセラ」も設定され、走りにこだわるユーザーも満足できる1台だった。

 そして2013年11月、アクセラとしては最終型となる3代目が発売された。この世代の大きな特徴はガソリン、ディーゼル、ハイブリッドと、パワートレーンの種類が増えたのが特徴。とくにハイブリッドはトヨタからの技術提供により実現したもので、メカニズムの多くをプリウスと共有し、JC08モードで最大30.8km/Lという低燃費を実現したのがトピック。また、時代に合わせて新たにクリーンディーゼルを投入し、こちらも人気が高いモデルとなった。先代まで存在したマツダスピードアクセラはこの世代で設定されなかったものの、走りのDNAは初代から継承され、乗って楽しいクルマなのは3代目でも変わらない。


マツダ アクセラの年式別中古車価格相場は?


 まずは3代目アクセラの改良遍歴を振り返ってみよう。2013年10月の発表時に設定されたのは、1.5L ガソリンの「15C」と「15S」、2.0Lの「20S」、「20S ツーリング」、2.2Lディーゼルの「XD(後に22XDと名称変更)」、そして2.0L+モーターの「ハイブリッド」という構成。2016年には1.5Lディーゼル「15XD」も登場している。なお、ハッチバックは「ハイブリッド」、セダンは2.0Lガソリンが選べない。多くのグレードで2WDと4WD、6速MTと6速ATの違いを選べるから、トータルでは幅広い仕様が存在する。2014年8月の一部改良では、1.5Lの上級グレード「ツーリング」が設定されたことに加え、安全装備を充実化。同年10月にはハイブリッドが一部改良を受け、ハイブリッド全車に自動ブレーキ「スマート・シティ・ブレーキ・サポート&AT誤発進抑制制御」を搭載。また、それまで選択できなかった18インチタイヤも設定された。

 2015年8月の一部改良では、後側方から接近する車両を知らせる「ブラインド・スポット・モニタリング」、後退時に接近する車両を知らせる「リア・クロス・トラフィックアラート」採用。またAT制御の改良により、1.5Lガソリン(6速AT・2WD)の燃費が向上した。2016年7月のマイナーチェンジでは、内外装のデザインがリニューアルされると同時に、駆動トルクを変化させることでコーナーリング性能を高めた「Gベクタリングコントロール」を導入。また、衝突被害を軽減する自動ブレーキ「スマート・シティ・ブレーキ・サポート」においてフォワード・センシング・カメラを導入するなど、安全面も強化されている。そして1.5L ディーゼルが加わったのもこのタイミング。2017年には、全車に「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」、「AT誤発進抑制制御」などの安全装備を標準装備し、「サポカーSワイド」に認定された。これらを踏まえ、年式別中古車平均価格を見ていこう。



年式別中古車平均価格
年式 2019年11月 2017年12月
 2013年式   117万円   141万円 
 2014年式   129万円   148万円 
 2015年式   141万円   149万円 
 2016年式   165万円   198万円 
 2017年式   177万円   201万円 
 2018年式   193万円   - 
※中古車平均価格はグーネット2019年11月29現在のデータによる。
※データはアクセラスポーツのもの。


2年前と比べて20万円~30万円相場がダウン


 上の表は2年前のデータと比較したもの。概ね、どの年式も20万円~30万円ほど相場が下がっているのがわかるはず。物件数がもっとも多い2014年式では、平均価格は129万円とかなりリーズナブル。100万円以下の物件も目立つから、以前と比べてかなり買いやすくなった印象だ。ただし「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」をはじめとする安全装備を重視するなら、2017年式以降がオススメ。この年式でも100万円台前半の物件が流通しているのは注目に値する。


マツダ アクセラのグレード別中古車価格相場は?


 次に、グレード別の中古車平均価格を見ていこう。



グレード別中古車平均価格
グレード 中古車平均価格
セダン 15S系 141万円
セダン 15XD系 196万円
セダン 22XD系 184万円
セダン ハイブリッド 140万円
スポーツ 15S系 146万円
スポーツ 20S系 179万円
スポーツ 22XD系 170万円
※中古車平均価格はグーネット2019年11月29現在のデータによる。



価格重視なら「15S」、燃費重視なら「ハイブリッド」が鉄板チョイス


 以前の調査でもそうだったが、現在でも「15S」は物件数、価格とも文句なしで、もっともオススメできるグレード。平均価格はセダンが141万円、スポーツが146万円と同程度。100万円以下の物件はさすがに少ないものの、150万円の予算があれば幅広く探せるはず。逆に、エントリーグレード「15C」は物件数が少なく、上の表からも割愛した。

 また、以前は高値だったディーゼルは、ハッチバックの場合、平均価格が170万円まで下がっている。前回の調査では「22XD」の平均価格が213万円だったのに対し、現在は170万円にまで下がった。ディーゼル車はおよそ40万円以上も相場が下がり、そろそろ買い時を迎えている。探せば100万円台前半の予算でも十分購入可能だろう。


マツダ アクセラの中古車価格相場のまとめ


 今回、2年ぶりにアクセラの中古車相場を調査してみたが、以前と比べて全体的には20万円~30万円、ディーゼル車では40万円ほど相場が下がっている。グレードは価格重視なら「15S」、燃費重視なら「ハイブリッド」がオススメ。また、それらより相場が少し高めだが、価格が大きく下がったディーゼルモデルを選んでみるのもあり。モデルチェンジの影響でどのモデルも買いやすくなっており、買い時が再来したと言っていいだろう。



関連情報


中古車特選記事