国立代々木競技場第一体育館で開催された「モーニング娘。’19」のライブ「モーニング娘。’19 コンサートツアー秋 ~KOKORO&KARADA~FINAL」の模様

 アイドルグループ「モーニング娘。’19」が12月5日、東京・国立代々木競技場第一体育館で、「モーニング娘。’19 コンサートツアー秋 ~KOKORO&KARADA~FINAL」を開催。通算68枚目となるトリプルA面のニューシングル「KOKORO&KARADA/LOVEペディア/人間関係No way way」を2020年1月22日にリリースすることを発表した。この日、初披露となった「LOVEペディア」「人間関係 No way way」の2曲は、同じメロディーに全く異なる歌詞、歌割り、ダンスが付けられた楽曲で、同グループにとって新たな試みとなっている。

 同グループが、国立代々木競技場第一体育館でライブを行うのは2008年の「Hello! Project コンサートツアー」以来、約11年ぶりで、グループ単独としては初めて。約1万1000人の観客を動員した。また、同公演は、ハロー!プロジェクトの試験的取り組みとして、スマートフォン、携帯電話での撮影が可能な5公演の一つとなった。

 ライブは、ツアータイトルにもなっている新曲「KOKORO&KARADA」でスタート。続く「人生 Blues」から連続で5曲を披露し、「わがまま 気のまま 愛のジョーク」ではメンバーのあおりに合わせ、客席から「愛されたい! 愛されたい!」というコールが起こった。ユニットで楽曲を披露するコーナーでは、6月に加入した15期メンバーの北村莉央さん、岡村ほまれさん、山崎愛生さんの3人が、センターステージで「好きな先輩」を披露した。

 続いて、「雨の降らない星では愛せないだろう?」では、センターステージにピアノが2台登場し、イントロから佐藤優樹さんと野中美希さんが向かい合う形でピアノを連弾するという初の演出で観客を魅了。曲後のMCでは、佐藤さんと同期である石田亜佑美さんが「日頃あんまり褒めないけど、今日はよくやった!」と佐藤さんの肩をたたく場面も。また、野中さんと同期である羽賀朱音さんが、舞台裏で練習に励む野中さんを「野中氏頑張れ!」と励ましていたというエピソードも明かされた。

 後半ブロックでは、メドレーで6曲を立て続けにパフォーマンスし、その後のMCで、リーダーの譜久村聖さんからニューシングルの発売決定が告知された。終盤にかけて「What is LOVE?」といったライブの鉄板曲を披露し、アンコールでは新曲の「Hey! Unfair Baby」をパフォーマンス。

 メンバーによるライブの感想が語られる中、譜久村さんが「本当にこの半年間、14人でたくさん頑張って、いろんなステージに立って、いろんなことができて、いろんな可能性を見つけることができました。この代々木の公演を一区切りにして頑張ってきたんですけど、2020年も私たちが知らない、見たことのない景色、可能性を信じていきたいと思います。応援よろしくお願いいたします!」とあいさつ。最後に「青春 Night」「ブラボー!」を披露し、ライブを締めくくった。

 「モーニング娘。’19」は今後、本ツアーの振替公演(北海道・札幌)を経て、大みそかには東京・中野サンプラザで開催される「Hello! Project のカウントダウン・コンサート」に出演する。

 ◇セットリスト(敬称略)

 1.KOKORO&KARADA▽2.人生 Blues▽3.負ける気しない 今夜の勝負▽4.青春 Say A-HA▽5.わがまま 気のまま 愛のジョーク▽6.ジェラシー ジェラシー▽7.シャボン玉▽8.自由な国だから▽9.ロマンスに目覚める妄想女子の歌▽10.抱いて HOLD ON ME!(譜久村聖、生田衣梨奈、石田亜佑美、佐藤優樹、小田さくら)▽11.私の時代!(野中美希、牧野真莉愛、羽賀朱音)▽12.Rockの定義(加賀楓、横山玲奈、森戸知沙希)▽13.好きな先輩(北村莉央、岡村ほまれ、山崎愛生)▽14.雨の降らない星では愛せないだろう?▽15.ザ☆ピ~ス!▽16.HOW DO YOU LIKE JAPAN? ~日本はどんな感じでっか?~▽17.ブレインストーミング▽18.女が目立って なぜイケナイ▽19.Tokyoという片隅▽20.直感 2 ~逃した魚は大きいぞ!~▽21.ドッカ~ン カプリッチオ▽22.LOVEペディア▽23.人間関係 No way way▽24.One・Two・Three(updated)▽25.I surrender 愛されど愛▽26.What is LOVE?▽EN1.Hey! Unfair Baby▽EN2.青春 Night▽EN3.ブラボー!