【軽量モバイルバッテリー】おすすめ5選|小型・薄型でもスマホをフル充電

【この記事のエキスパート】

電脳系フリーライター:早川 厚志

電脳系フリーライター:早川 厚志

1995年に初めてMacを購入して以来、アップル製品に魅せられ続けているフリーライター兼フォトグラファー。現在は月6本以上のライブをこなすシンガーソングライターとしても活動している。

1996年よりMac用新着ソフト情報サイト「新しもの好きのダウンロード」を主宰。
1997年よりMac関連雑誌に毎月20本以上はMacやiOSアプリの紹介記事を執筆。

決して「アップル信者」というわけではなく、魅力的ではない製品を認めたり、他人に勧めたりしないという冷静沈着な面もある。


電脳系フリーライターの早川厚志さんに、軽量なモバイルバッテリーの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。スマホのバッテリーが切れたときのために、持っていると安心のモバイルバッテリーですが、必要以上に容量が大きいものを選ぶと、重くなりすぎて持ち運ぶのが大変です。外出時に常に持ち歩くのなら、できる限り軽いバッテリーを選びましょう。エキスパートの早川厚志さんが解説しているポイントを参考に、自分の使い方にあった軽量なモバイルバッテリーをみつけてください。

電脳系フリーライターが解説!
軽量なモバイルバッテリーの選び方のポイント

電脳系フリーライターの早川厚志さんに、軽量なモバイルバッテリーを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

軽さと容量のバランスに注目する

【エキスパートのコメント】

いくら軽いモバイルバッテリーが欲しくても、バッテリー容量が小さすぎるとスマホを満足に充電することができません。

たとえば容量が5,000mAhクラスの場合、スマホを1〜2回ほどフル充電できますが、より小さな3,000mAh以下のクラスだと機種によってはスマホを1回もフル充電できない可能性があります。スマホの使い方にもよりますが、「毎日持ち歩き、スマホを1回はフル充電したい」という人には5,000mAh程度のモバイルバッテリーが軽くて持ち運びやすいでしょう。

また、「スマホを2回以上充電したいけれど、できるだけ軽いものを……」という人には、10,000mAhの大容量でありながらも170〜180g(卵3個分)という製品も出ています。

もしもの時に2台目として活用する

【エキスパートのコメント】

「スマホのバッテリーが完全に切れたのでモバイルバッテリーで充電しようとしたら、モバイルバッテリーの残量もゼロだった……」といった経験はありませんか? こうした事態に備えて、日常的に使うバッテリー以外に、意識せず持ち歩くことができる、とても軽いモバイルバッテリーを2台目として用意しておくと、いざという時に重宝します。

たとえば、クレジットカードサイズで財布に入るほど薄いもの、スマホに重ねたり挿し込んだりして使うもの、口紅タイプの形状で化粧ポーチに入れておけるものなど、さまざまな商品があります。また、「外出先でApple Watchを充電したい」という人にはApple Watch専用のキーホルダー型モバイルバッテリーも人気です。

TNTOR『超薄型モバイルバッテリー 2500mAh』:

出典:Amazon

クレジットカード4枚分の薄さで、財布などに入れておくと、いざというときに役立つ!

ケーブルの有無に注目する

【エキスパートのコメント】

せっかく軽いモバイルバッテリーを選んだのに、「ケーブルを忘れて充電できない」といった失敗はよくある話。そんなうっかりさんにおすすめしたいのが、充電ケーブル内蔵タイプのモバイルバッテリーです。ほとんどの製品がケーブルをバッテリーの側面などに収納できるため、ケーブルが絡まらずスッキリと持ち歩くことができます。

Androidスマホで使う人はmicro USBやUSB-Cなど手持ちの機種にあったケーブルを搭載するものを、iPhoneで使う人はMFi認証を受けた「Lightningケーブル」内蔵の製品を選びましょう(MFi認証がないとiOSをバージョンアップしたあと使えなくなる可能性があります)。

TSUNEO『モバイルバッテリー 10000mAh』:

出典:Amazon

Micro USBとLightningケーブルが内蔵されているので、Android、iPhoneどちらも充電可能。LightningはMFi認証済みなので安心。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)