【日本製モバイルバッテリーおすすめ5選】国内メーカー・安心の品質

【この記事のエキスパート】

電脳系フリーライター:早川 厚志

電脳系フリーライター:早川 厚志

1995年に初めてMacを購入して以来、アップル製品に魅せられ続けているフリーライター兼フォトグラファー。現在は月6本以上のライブをこなすシンガーソングライターとしても活動している。

1996年よりMac用新着ソフト情報サイト「新しもの好きのダウンロード」を主宰。
1997年よりMac関連雑誌に毎月20本以上はMacやiOSアプリの紹介記事を執筆。

決して「アップル信者」というわけではなく、魅力的ではない製品を認めたり、他人に勧めたりしないという冷静沈着な面もある。


電脳系フリーライターの早川厚志さんに、日本製モバイルバッテリーの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。現在さまざまなモバイルバッテリーが販売されていますが、なかには品質の低い製品も存在します。たとえば、数回使っただけで充電できなくなってしまう、パッケージに記載されている容量よりも大幅に少ないといったトラブルはよくある話ですし、発火により火災などの事故に至るケースもあります。この記事では、安心して使用できる日本製(国内メーカー)のモバイルバッテリーについて、その選び方とおすすめ製品をいくつかご紹介します。この記事を参考に、安心して使えるモバイルバッテリーを探してみてください。

電脳系フリーライターに聞いた
日本製モバイルバッテリーの選び方

電脳系フリーライターの早川厚志さんに、日本製モバイルバッテリーを選ぶポイントを3つ教えていただきました。

国内メーカーにこだわる

【エキスパートのコメント】

現在、大半のモバイルバッテリーは中国で製造されているため「完全に日本製」という製品はほとんどありませんが、日本のメーカーが扱うモバイルバッテリーは安全性に配慮した高品質な製品が数多く揃っています。

たとえば、国内バッテリーメーカーとして名高いcheero(チーロ)ではさまざまな検査を実施するほか、内部の温度が上昇した際に回路をクローズする日本製温度ヒューズを搭載した製品もラインアップされるなど、安全性を確保しています。ほかにも、maxell(マクセル)、SONY(ソニー)、BUFFALO(バッファロー)、ELECOM(エレコム)、サンワサプライ、トリニティなどの国内メーカーがモバイルバッテリーを取り扱っています。

用途に合った容量・本体サイズを選ぶ

【エキスパートのコメント】

モバイルバッテリーは「mAh」で表される容量が大きいほど、スマホに充電できる回数が多くなります。しかし、容量が大きいほど本体サイズも大きく重たくなりますので、「外出先でスマホを1回だけフル充電できれば十分」という人が必要以上に大容量のバッテリーを持ち歩くのはナンセンスです。

外出先でスマホを1〜2回程度充電したいなら5000mAh〜10,000mAh、旅行や出張に持っていく場合やタブレットにも充電したい人は20,000mAhクラスのバッテリーを選ぶといいでしょう。なお、バッテリー容量は充電時に変換ロスが生じるため、実際に充電できるのは、表示容量よりも少なくなります。

BUFFALO(バッファロー)『モバイルバッテリー(BSMPB13410P2)』:

出典:Yahoo!ショッピング

13400mAhと大容量でスマホ以外にも、タブレットや対応ゲーム機・デジカメなどにも使えるので旅行や出張に便利!

充電速度に注目する

【エキスパートのコメント】

外出先でスマホのバッテリーが切れたとき、モバイルバッテリーの充電が速い方がもちろん快適です。充電性能は出力を示す電力(W)が高いほど高速であると言えます。電力(W)は「電圧(V)×電流(A)」の計算で求めることも可能です。

なお、「Quick Charge 2.0/3.0」(QC)に対応しているデバイス(一部のAndroidスマホなど)では、QC対応モバイルバッテリーを選ぶと充電が最大4倍速くなりますし、iPhone 8以降のiPhone各モデルや最近のAndroidスマホなどの「USB Power Delievry」(USB PD)に対応したモバイル端末では、USB PDに対応したモバイルバッテリーを選ぶと18Wの急速充電が可能です。

cheero『Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W(CHE-101)』:

出典:楽天市場

USB PD対応なので、本体の充電も、PD対応機器への充電も最大18Wの超高速充電可能!

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)