【一体型PCのおすすめ商品5選と選び方】チューナー内蔵・ブルーレイ対応モデルも

【この記事のエキスパート】

IT&家電ライター:秋葉 けんた

IT&家電ライター:秋葉 けんた

編集プロダクション「マイカ」所属のIT&家電専門ライター。
スマホやパソコン、ストレージ、ネットワークなどIT全般のみならず、家電についての執筆実績が多い。書籍、雑誌、新聞、業界誌やWebコンテンツなど、様々な媒体に記事を提供している。
また、広告やカタログ、導入事例といったB2Bの営業支援ツール制作にも携わる。IT系、家電を中心にコンセントにささるいいモノをおすすめしていきます。

略歴
1973年生まれ。
高等学校の教職員勤務経験を経て、マイカに勤務。雑誌や専門誌のライターとして活躍する。
その後、IT流通の専門誌の記事制作を担当し、B2BからB2Cまで幅広い専門知識を獲得。
最近では、Webメディアやオウンドメディアのの編集企画制作も担当。

著書歴
・iCloud&iTunes超使いこなしガイド 2019最新版 (三才ムック)
・今すぐ使えるかんたん はじめる&使える MacBook入門(技術評論社)
・スマホの困ったを解決する本 (三才ムック)
・iPhone超活用ガイド (三才ムックvol.988)
・今すぐ使えるかんたんEx iPhone プロ技BESTセレクション(技術評論社)


家電ライターの秋葉けんたさんに、一体型PCの選び方とおすすめ商品を紹介していただきます。本体とディスプレイがひとつになっているため、省スペースでも設置できる一体型PC。ひとり暮らしでスペースが取れないけれど、大画面のパソコンがいいという方に重宝します。また、チューナー内蔵モデルなら手軽にテレビ鑑賞可能。パネルの違いや、光学ドライブの有無、ブルーレイディスク対応など、各社からいろいろなモデルが出ています。売れ筋ランキングも掲載していますので、参考にしてください。

家電ライターが伝授!
一体型PCの選び方のコツとは?

家電ライターの秋葉けんたさんに、一体型PCを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

グレアタイプかノングレアタイプか
ディスプレイモニタのサイズと表面処理で選ぶ

【エキスパートのコメント】

一体型PCはモニタのみの交換ができない!

ノートPCより大きい画面がほしいけど、なるべく省スペースにしたい方におすすめなのが、本体とディスプレイが一緒になった一体型PCです。あれこれ接続する手間がなく、電源を入れるだけでOK。キーボード&マウスはワイヤレスが主流です。

画面サイズは23インチ〜27インチが人気。ベゼル(液晶周囲の枠)がどんどん狭くなり、大画面でもコンパクトになっています。表面処理は大きく2種類。動画視聴や画像編集をしたい方は画面の色が鮮やかなグレアタイプを、ビジネスユースや文書作成には映り込みの少ないノングレアタイプがおすすめです。

なお、一体型PCはモニターのみの交換ができないので、慎重に検討しましょう。

ASUS(エイスース)『VivoAio V241ICUK-BA028TS』:

出典:Amazon

映り込みの少ないノングレアタイプのディスプレイを採用した一体型PCです。

CPUやメモリー、ストレージの能力は大丈夫?

【エキスパートのコメント】

1TBの大容量が人気! 速度が欲しいならSSD

パソコンの性能を左右するのがCPUとメインメモリーです。自分の使用目的に合わせてスペックを選びましょう。

一体型PCで多いCPUはインテルCore i5クラス、動画編集やオンラインゲームなどでは、最上位のCore i7クラスが採用されています。メールやSNSを行う程度ならCeleronやPentiumでも十分です。

ストレージはHDD(ハードディスクドライブ)が一般的で、今は1TBの大容量が人気。容量よりも速度がほしい方なら、読み書きが高速なSSD搭載モデルを選びましょう。ちなみに、本体がコンパクトな一体型ではメモリー増設などができない場合があるので、確認が必要です。

HP(ヒューレット・パッカード)『HP All-in-One 24-f0058jp(4LY85AA-AAAA)』:

出典:Amazon

ストレージはたくさんあったほうがなにかと安心。1TBの大容量モデルです。

チューナー内蔵ならかんたん手軽にテレビ鑑賞

【エキスパートのコメント】

大容量HDD内蔵なら、長時間録画も可能!

一体型PCの液晶画面でテレビ番組も見れたら、テレビは不要。さらに省スペースになります。地デジやBS/CSを見るためには対応チューナーやアンテナが別途必要です。接続がわからない、セッティングが面倒ならば、テレビチューナー内蔵のモデルを選びましょう。

チューナー内蔵タイプではフルHD(1,920×1,080)の高画質画面に加え、高音質スピーカー装備など、サウンド面も充実しているモデルが多いので、デジタルテレビに引けを取らない迫力で楽しめます。

HDDへの番組録画も可能。大容量HDD内蔵ならば長時間録画もOKです。ブルーレイディスクやDVDの光学ディスクドライブの有無も確認しておきましょう。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)