猫用おもちゃのおすすめ5選【動物病院の院長厳選】爪とぎ付きや電動おもちゃも!

【この記事のエキスパート】

ふくふく動物病院 院長:平松 育子

ふくふく動物病院 院長:平松 育子

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院を2006年に開業。得意分野は皮膚病です。2019年4月より皮膚科と内科中心の病院を目指していきます。飼い主さまのお話をしっかり伺い、飼い主さまと協力し合いながら治療を進めていくように心がけています。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。


猫を飼っている人にとって、愛猫がおもちゃで遊んでいる姿にはいつも癒やされますよね。おもちゃで遊ぶ猫はかわいいものですが、実は噛んで壊してしまったり、誤飲したりなどの危険性もあります。愛猫のためにも、安全性が高く、それでいて楽しめるおもちゃを選んであげたいものです。本記事では、動物病院の院長である平松育子さんへの取材をもとに、猫用おもちゃの選び方とおすすめ商品をご紹介します。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。ぜひこの記事を参考に、おしゃれさやかわいさの視点だけでなく、安全性の視点も考慮して、猫用おもちゃを選んであげてくださいね!

猫用おもちゃの選び方|動物病院の院長が解説

ふくふく動物病院の院長である平松育子さんに、猫用おもちゃを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

丈夫で壊れにくいものを選びましょう

【エキスパートのコメント】

噛んでるうちにちぎれる可能性もあるので注意!

猫のおもちゃにはさまざまな種類がありますが、猫が遊ぶうえで危なくないか? と心配になるものもあります。かんたんに壊れず丈夫なものを選びましょう。

選ぶときに確認するポイントは、「ボタンやリボンなどがしっかり縫いつけられているか?」「縫い目が荒くないか?」「のりづけがあまくないか?」「素材が薄くないか?」などです。

猫には犬ほどの破壊力はないと考えますが、噛んでいるうちにちぎれる可能性がありますので注意しましょう。

キャットダンサープロダクト『レインボーキャットチャーマー』:

出典:Amazon

カラフルなリボンが予測できない動きを作るので、猫が夢中に。棒の部分は弾力があって壊れにくい素材が使われています。

誤飲防止のために小さいおもちゃはやめましょう

【エキスパートのコメント】

おもちゃは出しっぱなしにはしないように

口に入る大きさのおもちゃや、小さな部品のついているおもちゃは注意しましょう。

間違えて飲みこんでしまうと胃や腸のなかでひっかかり閉塞してしまうことがあります。最悪の場合は手術が必要になり、猫に大きな負担をかけてしまいます。

とれそうな部品や飲みこめそうなサイズのものが使われているおもちゃはじゅうぶん注意して与えましょう。また、目の行き届かないときには出しっぱなしにしないことが大切です。

興味をもつおもちゃを選びましょう

【エキスパートのコメント】

年齢や性格など……猫の好みはさまざま

インターネット上ではさまざまなおもちゃが販売されています。しかし、猫の好みはさまざまです。

また、猫の年齢によって楽しみ方も変わります。若い猫は猫じゃらしやレーザーポインターのような俊敏な動きをするおもちゃを好む傾向にありますが、中高齢の猫はもっとゆったり遊べるものを好みます。

年齢や、猫によって興味をもつおもちゃは異なりますので、試しに購入してみて好き嫌いを確認してみましょう。

猫壱『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン 2』:

出典:Amazon

羽根やひもがついたスティックが電動でグルグル回る電動猫じゃらし。速度設定は3段階。猫の好みに合わせて選べます。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)