映画「午前0時、キスしに来てよ」の一場面 (C)2019映画『午前0時、キスしに来てよ』製作委員会

 ダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さん、女優の橋本環奈さんダブル主演の映画「午前0時、キスしに来てよ」(新城毅彦監督)が、12月6日から新宿ピカデリー(東京都新宿区)ほかで公開される。片寄さん演じる国民的スーパースターと、橋本さん演じる普通の女子高生の“格差恋”をファンタジックに描いている。2人の繰り広げる胸キュン、キラキラなシーンに陶然となるか、悶絶(もんぜつ)するか。いずれにせよ、ファンには濃厚な映画体験となるだろう。

 花澤日奈々(橋本さん)は、趣味は勉強という超がつくほど真面目で成績優秀な女子高生。でも本当は、おとぎ話のような王子様との恋に憧れていた。

 スーパースターの綾瀬楓(片寄さん)が映画の撮影で日奈々の学校にやって来る。エキストラになった日奈々は、飾らない人柄の楓に恋してしまう。楓も日奈々に好意を寄せるようになり、2人は周囲に隠れて恋を育んでいくが……。

 眞栄田郷敦さん、酒井若菜さん、遠藤憲一さんらが共演。マンガ誌「月刊別冊フレンド」(講談社)で連載中のみきもと凜さんの少女マンガを、「四月は君の嘘」(2016年)や「ひるなかの流星」(2017年)の新城監督が映画化した。

 とにかく、片寄さんの魅力がフルパワーで迫ってくる。ペンのキャップを口で外す姿すらカッコいい。日奈々とのマスク越しのキスや、原作にもある「鼻かじキス」には、見ているこちらが照れと衝撃でのけぞってしまったほどだ。ちなみに、ペンのキャップを口で外すのは片寄さんが考えたという。鼻かじキスも、当初の鼻への軽いキスだったのが片寄さんの提案で変更され、橋本さんにとっては本番でのサプライズだったという。

 橋本さん演じる日奈々は、楓を大好きだけど、相手はスーパースター。しかも自分は未成年。思いを貫いていいものかと悩む姿は愛らしくもあり、つらくもある。そんな日奈々に思いを寄せる幼なじみの浜辺彰を演じる眞栄田さんもいい味を出している。

 楓の暮らす高層マンションの部屋は「スーパースターになるとこんなところに住めるのか」的な豪勢さで驚かされた。(りんたいこ/フリーライター)