連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第6シリーズ第8話の場面カット=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第6シリーズ(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第8話が12月5日に放送される。蛭間重勝病院長(西田敏行さん)の策略で副院長のニコラス丹下(市村正親さん)が東京地検特捜部に逮捕される。「東帝大学病院には粛清の嵐が吹き荒れる」といううわさに、丹下派だった潮一摩(ユースケ・サンタマリアさん)と浜地真理(清水ミチコさん)は戦々恐々。そんな中、東帝大学病院の外科医局に中山麻里亜(松本まりかさん)という女性医師が現れる。

 ボストンハーバード医科大学では“失敗しないプリンセス”と称された優秀な外科医である上に、“元ミス東帝大”の肩書きまで持つ麻里亜に、男性医師たちはすっかり骨抜き状態。大門未知子(米倉さん)は、執刀しようとしていた手術を麻里亜に横取りされ憤慨するが、麻里亜の手術の腕に早くも疑問を抱いていた。

 同じ頃、東帝大学病院に“次期総理大臣候補”と言われる八村正義(竹財輝之助さん)が入院してくる。虚血性心筋症を患う八村への治療方針は、心拍動下冠動脈バイパス術。AIも、心臓が動いた状態で血管のバイパスをつなぐ術式を提示するが、未知子は「そんな難しい術式はあんたたちには無理!」と異議を唱える。人工心肺を使った術式を提案する未知子に、麻里亜は「令和の時代に大門先生の術式は古過ぎる」と反対意見を……。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子(米倉さん)を通して医療現場を描く人気ドラマ。2年ぶりの第6シリーズは、かつてないほどの大赤字に見舞われた「東帝大学病院」が舞台。