ダブル主演映画「午前0時、キスしに来てよ」の先行上映舞台あいさつに登場した橋本環奈さん

 女優の橋本環奈さんが12月4日、東京都内で行われた主演映画「午前0時、キスしに来てよ」(新城毅彦監督、12月6日公開)の先行上映舞台あいさつに、ダブル主演を務めるダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんらと登場した。今作の印象的場面の一つに“鼻かじキス”があるが、本人には知らされず、本番で突然鼻をかじられたという橋本さんは、「キュンというより『えっ?』っていう感じ」とときめきより驚きが勝ったことを告白。さらに“マスク越しキス”では、「(キスをするのが)マスクの外側なので新鮮だった。皆さんも風邪引いた人と、してみては」と提案していた。

 “鼻かじキス”について片寄さんは、「マンガでは鼻をかじっているシーンなので、『実写でできるか分かりませんけど、挑戦してみませんか』と監督とプロデューサーと話した」と明かし、「実際にやらせていただいて印象的なシーンになったので良かった」とにっこり。聞いていた橋本さんは、「(片寄さんが)監督のブースに行ってプロデューサーも含めて打ち合わせしていて、入りづらい雰囲気だった。演出プランを練っているのかなって思っていたけど、今、考えると怪しかったなって」と振り返った。舞台あいさつには、眞栄田郷敦さん、遠藤憲一さん、新城監督も出席した。

 映画は、月刊マンガ誌「別冊フレンド」(講談社)で連載中のみきもと凜さんの同名少女マンガが原作。国民的人気スターの綾瀬楓(片寄さん)と“超・まじめ人間”の女子高生の花澤日奈々(橋本さん)の“格差恋”を描く。