連続ドラマ「シャーロック」に出演しているディーン・フジオカさん(右)と岩田剛典さん

 俳優のディーン・フジオカさん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「シャーロック」(月曜午後9時)の第9話が12月2日に放送され、平均視聴率は9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、アーサー・コナン・ドイルの生んだ世界一有名なミステリー小説「シャーロック・ホームズ」シリーズが原作。現代の東京を舞台に、ディーン・フジオカさんが扮(ふん)する犯罪捜査専門のコンサルタント誉獅子雄(ほまれ・ししお)と、「EXILE」「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」の岩田剛典さんが演じる若宮潤一のコンビが難事件を解決していく姿を描く。

 第9話「高級イタリアンで密室殺人フルコース!9人の容疑者たち」には、大友康平さん、遊井亮子さん、峯村リエさん、升毅さん、お笑いコンビ「ブリリアン」のコージさん、郭智博さん、田邊和也さん、伊藤祐輝さん、古屋呂敏さん、島かおりさん、綾田俊樹さんがゲスト出演。

 獅子雄と若宮、江藤礼二(佐々木蔵之介さん)たちが有名リストランテで食事をすることに。獅子雄がアラカルトをオーダーすると、店の看板料理は用意できないと説明される。個室では、高津みずえ(遊井さん)と料理評論家の大石万作(升さん)が取材に来ていたが、みずえはソムリエの加藤茂(田邊さん)に「看板料理がないことに不満を感じる。シェフの古賀智志(大友さん)は不在なのか」と聞くが、加藤は店の態勢はいつも通りと答える。獅子雄は、店がオープンする前に異常事態が起こったと推測するが……という展開だった。