黒木ひかり『週刊プレイボーイ』アザーカット公開「自然な表情、成長していく私が伝われば」

芸能事務所ゼロイチファミリア所属のタレントで全ページを飾る『週刊プレイボーイ』(集英社)“ゼロイチジャック号”が2日(月)に発売。表紙は来年3月末での引退を発表している川崎あやが飾り、黒木ひかり、桃月なしこ、十味、林ゆめなど11名が登場している。今回、黒木ひかりのアザーカットとインタビューが到着した。

『週刊プレイボーイ』史上2度目となるひとつの芸能事務所での誌面ジャック(1度目もゼロイチファミリア)について黒木は「あやちゃんがいなくなってしまう前にまた事務所のみんなで週プレジャックすることが出来て本当に嬉しいです。みんなで紙面を飾ることができるのはきっと一人ひとりが色々な場所で努力してきた証なんだろうなと思うので、こうして形となっていることがとても嬉しいです。そして何より1番みんなを引っ張って誰よりも先を走って頑張ってくれていたあやちゃんには感謝しかないです」とコメント。

読者の皆様に一言という問いには「私のことを知っている方も知らない方もこの『週プレ』を見て是非、ゼロイチファミリア箱推しになってくれると嬉しいです! 来年は2019年よりも多くの作品に出演できるよう頑張りますので、今後とも応援よろしくお願い致します!」と語ってくれた。(黒木ひかりのアザーカットはこちらから)